卓越した精度の分析天秤 | メトラー・トレド

分析天びん

卓越した精度

分析天びん

皆様の用途に最適な分析天びんのレベル をお選びください。

ExcellenceレベルXPR分析天びん
高性能シリーズのMS-TS分析天びん
ME_T標準分析天びん

Excellence Level天びん

Advanced Level 天びん

Standard Level 天びん

卓越した計量性能と革新的なサンプル処理技術により、難しい計量タスクも効率的にエラーなくコンプライアンスを維持しながら実施できます。
最高のパフォーマンスと耐久性を必要とするなら、高性能レベル天びんが最適です。直感的な操作と内蔵のアプリケーションで、迅速で使いやすい計量プロセスを実現します。
メトラー・トレドの堅牢で操作が簡単な標準レベル天びんで、プロレベルの計量を行うことができます。高品質の構造と確かな性能により、精度の高い計量結果を安定して得ることができます。
ExcellenceレベルXPR分析天びん

卓越した計量性能と革新的なサンプル処理技術により、難しい計量タスクも効率的にエラーなくコンプライアンスを維持しながら実施できます。

高性能シリーズのMS-TS分析天びん

最高のパフォーマンスと耐久性を必要とするなら、高性能レベル天びんが最適です。直感的な操作と内蔵のアプリケーションで、迅速で使いやすい計量プロセスを実現します。

ME_T標準分析天びん

メトラー・トレドの堅牢で操作が簡単な標準レベル天びんで、プロレベルの計量を行うことができます。高品質の構造と確かな性能により、精度の高い計量結果を安定して得ることができます。

Excellence分析天びん
高性能分析天びん
Standardレベル分析天びん
計量アクセサリ
卓越した計量性能と革新的なサンプル処理技術により、難しい計量タスクも効率的にエラーなくコンプライアンスを維持しながら実施できます。
ExcellenceレベルXPR分析天びん
最高のパフォーマンスと耐久性を必要とするなら、高性能レベル天びんが最適です。直感的な操作と内蔵のアプリケーションで、迅速で使いやすい計量プロセスを実現します。
高性能シリーズのMS-TS分析天びん
メトラー・トレドの堅牢で操作が簡単な標準レベル天びんで、プロレベルの計量を行うことができます。高品質の構造と確かな性能により、精度の高い計量結果を安定して得ることができます。
ME_T標準分析天びん
ExcellenceレベルXPR分析天びん

卓越した計量性能と革新的なサンプル処理技術により、難しい計量タスクも効率的にエラーなくコンプライアンスを維持しながら実施できます。

高性能シリーズのMS-TS分析天びん

最高のパフォーマンスと耐久性を必要とするなら、高性能レベル天びんが最適です。直感的な操作と内蔵のアプリケーションで、迅速で使いやすい計量プロセスを実現します。

ME_T標準分析天びん

メトラー・トレドの堅牢で操作が簡単な標準レベル天びんで、プロレベルの計量を行うことができます。高品質の構造と確かな性能により、精度の高い計量結果を安定して得ることができます。

サービス

サービスプログラムのご紹介 – 機器に合わせた特別仕様

メトラー・トレドは、設置から保守点検、校正、機器の修理まで、お客様の測定機器のライフサイクル全般にわたってサービスサポートを提供いたします。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

関連文書

LabX®ソフトウェア

FAQ(よくある質問)

Analytical Balances

分析天びんとは何ですか?

分析またはセミミクロ天びんは、質量を高精度で測定するはかりの一形式です。

分析天びんのひょう量範囲は54~520g、最小表示は0.005mg~0.1mgです。 分析天びんは測定感度が高い計器なので、風防や筐体によって天びん本体を保護する必要があります。

メトラー・トレドの XPR/XSR分析天びんはスマートグリッド計量皿を備えており、対流の影響を最小化することで安定時間を短縮し、より高速に計量結果を得ることができます。

 
Analytical Balances - Applications - Pipette Calibration

分析天びんはどこで使用されますか? 分析天びんにはどのようなアプリケーションがありますか?

分析天びんスケールは「ラボ用天びん」とも呼ばれ、サンプルの定量的な測定が可能です。 電子分析天びんの主なアプリケーションには以下があります。

  • サンプル/標準物質の調製
  • 調合
  • 質量差測定
  • 密度/比重測定
  • インターバル測定
  • ピペットの日常点検
 

分析天びんでの計量方法とは?

計量の始めに、ドアを開けて、手袋かピンセットを使用して容器を計量皿に載せます。 ドアを閉じて、値が安定するのを待ち、重量をメモします。 風袋引きボタンを押して表示をクリアし、表示を0.0000gにします。 目的の重量に達するまでサンプルを加えます。 ドアを閉じて再び安定するのを待ち、正味重量を記録します。 清掃のために機器の電源を外している場合は、再度使用する前に再調整を行います。

メトラー・トレドの分析天びんは、簡単に着脱できる風防と食洗器対応のパネルによって、簡単に清掃できるように設計されています。 天びんの清掃に関する推奨事項と規制

 

分析天びんの不確かさとは何ですか?

測定を行うときは、不確かな要素が必ずともないます。 その要素(不確かさ)にまつわる疑わしさを推定することが、あらゆる測定のカギになります。 その推定は、天びんの性能、計量対象の特性、周辺環境を評価することにより求められます。 測定の不確かさを判定することは、天びん校正の重要な要素です。

 

分析天びんに校正が必要なのはなぜですか?

分析天びんの校正により、計量機器が正確であり、ISO、GLP/GMP、IFS、BRCなどの基準を満たすことが保証されます。 文書に規定された校正手順は測定の品質を示すものであり、天びんの耐用期間にわたりその手順どおりの校正を定期的に実施する必要があります。

天びんの校正は調整とは明確に区別され、調整/修理を終えた後は毎回、校正を行う必要があります。 校正の詳細についてお読みください。

 

分析天びんはどのように校正すればよいですか?

分析天びんの校正は、認定を受けたサービス技術者が標準の手順に従い校正ソフトウェアを使用して行います。

  1. 校正によって測定の標準と数値表示との関係をテストすることで、計量機器がどの程度的確に動作するかを把握します。
  2. 合否の判定によって、計量機器が特定の要件に適合するかどうかを検証します。
  3. 要件に適合しない場合は、機器を調整して偏差を公差限度の範囲内に収めます。
  4. 計量機器を再校正し、指定された公差に適合することを確認します。

校正間隔の合間にユーザが日常点検を行うことで、潜在的な問題を検出できます。

メトラートレドは、計量機器の確実な選択、校正、操作を可能にする科学に基づくグローバル標準、GWP®(Good Weighing Practice™)を開発しました。

 

天びんの校正にはどのような公差が適用されますか?

公差は、天びんまたはスケールが一連のプロセス要件に適合するように「十分適切に」動作することを判定するための基準です。 公差は合否の判定の基準を設定します。 公差には次のようなさまざまな基準に応じた設定があります。

  • 取引証明(法定)公差:
    OIML R76またはNIST Handbook 44(米国のみ)により規定される取引証明公差では、商取引適合の要件が評価されます。 取引証明公差は、許容幅が非常に広いので、ラボ用天びんの基準として、または測定範囲の下限での計量を評価する基準としては、準拠しやすい緩い基準となります。
  • メーカー公差:
    メーカー公差は、機器が製造者の仕様に適合することを確かめるための基準です。 メーカー公差は、ユーザ固有のプロセス要件を考慮せず、計量プロセスの改善には適していません。
  • プロセス公差:
    ユーザが定義する固有のプロセス公差は、プロセスの改善や、材料、廃棄、リワークの節減に貢献します。 このため、商取引適合アプリケーションに使用するスケールには、プロセス公差を取引証明公差とともに適用する必要があります。

取引証明(法定)公差は消費者を保護しますが、特定の生産者要件を考慮するものではありません。 最適化したプロセス公差を測定機器に適用することで、プロセスの利益性に大きな効果を与えることができます。

 

分析天びんの最小計量値とは何ですか?

すべての分析天びんの最小計量値は、ロードセルの性能、天びんの置き場所、周囲の条件に応じて異なります。 最小計量値はその計量機器の正確さの限界であり、その最小計量値を下回ると相対的な測定の不確かさ(絶対的な測定の不確かさを荷重で割った値、通常は%で示される)は計量の正確さ要件よりも大きくなり、計量結果は信頼性に欠けると見なされます。

天びんの最小計量値を判定するには、作業環境で測定の不確かさを評価する必要があります。 または、天びんの下側レンジにおけるエラーの主原因として繰り返し性を評価し、最小計量値を判定することもできます。この場合、天びんひょう量の5%未満の小さな分銅を使用して実施します。

認定技術者により設置されたメトラー・トレド分析天びんのミンウェイ機能により、天びんの最小サンプル計量値をモニタリングできます。 規定された許容最小値を下回る計量の場合は、天びんのディスプレイが赤に変わります。

 

分析天びんの正確さと精度 – 違いは何ですか、またこれらのテスト方法とは?

精度は、2つ以上の測定値同士の近さを表します。 正確さは、測定値と既知の値との近さを表し、最小表示、繰り返し性、非直線性、偏置誤差に基づきます。 正確さは以下を使用してテストできます。

  • 既知の質量の外部参照分銅(トレーサブルな校正分銅)
  • 天びんに内蔵の参照質量を使用した自動内部調整
  • 正確さは天びんの使用場所での機器テストのみによって判定できます。

Good Weighing Practiceについてのラボ用天びんガイド - 基本と計量の影響要素コースをご覧ください。

 

分析天びんは静電気によるどのような影響がありますか、また静電気の解消法とは?

静電気は、不安定で繰返し性のない計量結果の原因になります。 静電気により計量皿に力がかかり、分析天びんの計量結果に直接影響します。 このような影響を低減するには、以下のような事前の注意事項があります。

  • 適切な空気湿度を保つ(45%~50%以上)
  • 可能な限り、静電気防止の計量容器(できれば金属製)を使用する
  • 容器を擦らない
  • サンプル量が十分少なければ、エッジ付き金属皿を使用し電界を遮蔽する

分析天びんの静電気を確実になくすには、計量の前にサンプルと容器をイオナイザーで除電します。

静電気とその背後にある物理現象の詳しい説明をお読みいただけます。 

 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.