高精度な計量を実現する上皿天秤 | メトラー・トレド
独自の性能を発揮し容易なコンプライアンスが可能なXPE上皿天びん

上皿天びん

研究室や生産現場での計量に最適な精確かつ頑丈な上皿天びん

皆様の用途に最適な上皿天びんのレベルをお選びください。

Excellence Level XPR上皿天びん
高性能シリーズのMS-TS上皿天びん
標準レベルのME-T上皿天びん

Excellence Level 天びん

Advanced Level 天びん

Standard Level 天びん

妥協が許されない場合でも、Excellence Level天びんであれば、最初から毎回正確な結果が得られ、効率的でエラーのない、規制に準拠した計量タスクが保証されます。
最高のパフォーマンスと耐久性を必要とするなら、高性能レベル天びんが最適です。直感的な操作と内蔵のアプリケーションで、迅速で使いやすい計量プロセスを実現します。
メトラー・トレドの堅牢で操作が簡単な標準レベル天びんで、プロレベルの計量を行うことができます。高品質の構造と確かな性能により、精度の高い計量結果を安定して得ることができます。
Excellence Level XPR上皿天びん

妥協が許されない場合でも、Excellence Level天びんであれば、最初から毎回正確な結果が得られ、効率的でエラーのない、規制に準拠した計量タスクが保証されます。

高性能シリーズのMS-TS上皿天びん

最高のパフォーマンスと耐久性を必要とするなら、高性能レベル天びんが最適です。直感的な操作と内蔵のアプリケーションで、迅速で使いやすい計量プロセスを実現します。

標準レベルのME-T上皿天びん

メトラー・トレドの堅牢で操作が簡単な標準レベル天びんで、プロレベルの計量を行うことができます。高品質の構造と確かな性能により、精度の高い計量結果を安定して得ることができます。

Excellence Level XPR上皿天びん
高性能シリーズのMS-TS上皿天びん
標準レベルのME-T上皿天びん

Excellence Level 天びん

Advanced Level 天びん

Standard Level 天びん

妥協が許されない場合でも、Excellence Level天びんであれば、最初から毎回正確な結果が得られ、効率的でエラーのない、規制に準拠した計量タスクが保証されます。
最高のパフォーマンスと耐久性を必要とするなら、高性能レベル天びんが最適です。直感的な操作と内蔵のアプリケーションで、迅速で使いやすい計量プロセスを実現します。
メトラー・トレドの堅牢で操作が簡単な標準レベル天びんで、プロレベルの計量を行うことができます。高品質の構造と確かな性能により、精度の高い計量結果を安定して得ることができます。
Excellence Level XPR上皿天びん

妥協が許されない場合でも、Excellence Level天びんであれば、最初から毎回正確な結果が得られ、効率的でエラーのない、規制に準拠した計量タスクが保証されます。

高性能シリーズのMS-TS上皿天びん

最高のパフォーマンスと耐久性を必要とするなら、高性能レベル天びんが最適です。直感的な操作と内蔵のアプリケーションで、迅速で使いやすい計量プロセスを実現します。

標準レベルのME-T上皿天びん

メトラー・トレドの堅牢で操作が簡単な標準レベル天びんで、プロレベルの計量を行うことができます。高品質の構造と確かな性能により、精度の高い計量結果を安定して得ることができます。

サービス

サービスプログラムの紹介 – 機器に合わせたカスタマイズ

メトラー・トレドは、設置から保守点検、校正、機器の修理まで、お客様の測定機器のライフサイクル全般にわたってサービスサポートを提供いたします。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理

関連文書

LabX®ソフトウェア

FAQ(よくある質問)

Precision Balances

ラボ用上皿天びんまたはスケールとは何ですか?

ラボ用上皿天びんは、ミリグラムより細かい非常に正確な計量結果を得られるように設計されたはかりの一形式です。 小さなサンプルの測定に使用する上皿天びんでは、粒状物質などの重量を正確にすばやく簡単に測定できます。 電子上皿天びんの各種モデルは、最大64kgまでの幅広いひょう量に対応します。 これらの天びんでは、1mg(0.001g)~1g(小数点以下3桁)の最小表示が可能です。 高精度なラボ用上皿天びんではこの正確さを小数点以下4桁まで拡張し、天びんのディスプレイ上に計量値を0.0001g(0.1mg)きざみで表示できます。

正確な計量値を得るために常に厳密な条件下で使用する必要がある分析天びんに比べて、上皿天びんの場合はより幅広い環境条件で安定した計量値が得られます。 温度変化や対流による影響が比較的少ない上皿天びんは、より便利な測定方法として利用できます。 上皿天びんを正確に使用するために風防は必ずしも必要ではありませんが、最小表示1mgの高解像度の上皿天びんを使用してドラフトチャンバー内や通常の条件下で作業する場合は、性能を維持するために風防を使用する必要があります。

メトラー・トレドのXPR/XSR上皿天びんに革新的なSmartPan™計量皿を使用すると、非常に安定した計量が可能になり、計量結果への対流の影響を著しく低減できます。 繰り返し性が最大50%向上し、最小表示1mgの上皿天びんでも風防なしで正確な計量結果を得ることができます。 ドラフトチャンバー内で使用する5mgと10mgのモデルでは、標準モデルの半分の時間で計量結果を得られます。
ホワイトペーパー: 卓越した計量性能を過酷な環境下でも発揮

 
Precision Balances Formulation

上皿天びんはどこで使用されますか? 上皿天びんにはどのようなアプリケーションがありますか?

化学業界を始めとするさまざまな産業分野で、上皿天びんは正確な計量結果を得るためになくてはならない計量機器です。 上皿天びんが使われる場所は、製薬、化学、食品、繊維産業の研究や品質管理の研究室から教育機関まで幅広い範囲に及びます。

研究室に設置される上皿天びんのアプリケーションには、シンプルな計量、動物計量、サンプル調製、統計的品質管理、調合、インターバル計量などがあります。 非常に正確で信頼性の高い上皿天びんは、ラボでの日常的な計量タスクに適した計量機器です。

大型計量皿を備えた10kgのひょう量を超える高精度なラボ用上皿天びんは、骨材、製薬、化学、接着剤の調合などのアプリケーションで一般的に使われます。

 
Precision Balances Calibration

上皿天びんの校正、調整、日常点検 – 誰が何をいつどのような理由で行いますか?

上皿天びんの校正では、特定の機器の動作を評価します。 校正は必ず認定を受けたサービス技術者のみが行います。 調整は計量機器の動作を変える作業で必ず人手を介して行われ、ほとんどの場合、測定機器に恒久的な変更を加えます。 調整は校正と混同してはなりません。これらの用語は区別して使われ、天びんの調整を行った後は毎回校正を行う必要があります。 正確には「校正と調整」と言うべきですが、まとめて「校正」で済ませられがちです。

実際には多くの場合、校正手順の結果として調整または他の修理が必要であることが示されます。 調整または修理が完了したら、校正手順を毎回行い、正しい測定の関係性が再び成立していることを確認する必要があります。 技術者による定期的な校正の合間に、2つの外部分銅を使用してユーザが日常点検を行う必要があります。 ユーザの点検により、潜在的な問題や計量プロセス要件からの逸脱を早めに検出できます。

メトラートレドは、計量機器の確実な選択、校正、操作を可能にする、全世界で通用し科学に基づくGWP®(Good Weighing Practice™)標準を開発しました。

計量機器の校正と調整の区別について詳しくはこちらをお読みください。

 

上皿天びんには対流によるどのような影響がありますか?

前述のように、電子上皿天びんは質量を直接測定するのではなく、その重さの力によって測定します。 この力の不確かさは、計量機器の技術的仕様だけではなく、温度変化や空気対流などの多くの環境要因からも影響を受けます。 0.001g以下の重さを測定する場合、空気対流によりかかる力は容易に検出できます。 計量皿を囲むように風防または筐体(通常はプラスチックやガラス製)を設置することで、計量皿をこの影響から遮蔽できます。

メトラー・トレドは上皿天びんやはかりで使用する革新的な設計の計量皿を開発しました。これにより空気対流によって生じるエラーを最小限にできます。 この革新的なSmartPan™計量皿では、過酷な条件下でも最大2倍の速さで計量できます。 最小表示1mgの天びんを過酷な条件下(安全キャビネット内)で使用したところ、繰り返し性(精度)が何と86%も向上し、あらゆるアプリケーションで非常に優れた性能を発揮することがわかりました。
ホワイトペーパー: 空気対流による天びんへの影響

 

上皿天びんには温度によるどのような影響がありますか?

温度変化は再現性のない計量結果の原因になります。 計量機器の安定性と性能を最大限に引き出すには、室内温度の調整が可能で計量機器の電源を常時ONにできる場所で天びんを使用する必要があります。 天びんは専用のワークベンチに適切に設置し、室内温度を適温に保つ必要があります。

上皿天びんを初めて電源に接続するときまたは電源をオンにするときは、1~2時間ほどウォームアップすることをお勧めします。 その間に天びんが周囲温度に適応し、環境に対して安定した動作が可能になります。 このウォームアップは、前回の使用から時間を経た後に天びんの電源をオンにするときにも毎回行います。

メトラー・トレドの上皿天びんは、温度ドリフトを補償する「FACT」(全自動の電動内部調整)を備えています。 設定した温度差異の限度を超えると、調整手順が自動で始まります。 これによりオペレーターによる操作なしに天びんの正確さを確保できるので、あらゆるアプリケーションで使いやすさが向上します。

 
 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.