はかりの点検用分銅 - 最高品質のラボ用分銅をお選びください

点検用分銅

天秤の点検と校正をサポートする最適な設計

はかりと天秤の点検用分銅

メトラー・トレドが誇る世界トップクラスの計量ノウハウは、点検用分銅、分銅セット、分銅校正サービスにも広がっています。 当社の分銅製品シリーズには、すべての精度等級の50μgから5tまでのOIMLまたはASTMに準じた分銅が含まれます。 メトラー・トレドの点検用分銅は、天秤の点検用だけではなく、...

メトラー・トレドが誇る世界トップクラスの計量ノウハウは、点検用分銅、分銅セット、分銅校正サービスにも広がっています。 当社の分銅製品シリーズには、すべての精度等級の50μgから5tまでのOIMLまたはASTMに準じた分銅が含まれます。 メトラー・トレドの点検用分銅は、天秤の点検用だけではなく、質量校正ラボの一次標準としても世界中で使用されています。

上級製品に施されているノブ付き分銅や線状分銅への当社独自の電解研磨プロセスにより、分銅表面の極微細な突出もありません。 これにより、機械研磨仕上げの分銅と比べて、点検用分銅の表面が大幅に滑らかな仕上がりになっています。 点検用分銅に形成される不動態酸化膜の性質向上により、分銅の長期的安定性がさらに高まります。

点検用分銅と関連する校正サービスの包括的なラインナップからお選びください。 メトラー・トレドでは、低予算の方にもご利用いただける高品質の分銅とサービスをご用意しています。 長年にわたる経験とお客様からのリクエストに基づいて設計されたメトラー・トレドの分銅収納ケースとアクセサリはきわめて高い評価をいただいています。短時間での再校正と信頼できるサービスのメリットをご活用ください。 当社の認証済み質量ラボの世界的なネットワークを、次回の点検用分銅校正にご活用ください。

USP General Chapter 41に従い、各天秤のひょう量の5%と100%に相当する2つの点検用分銅を使用して天秤を確実に点検します。 この独自のアプローチは迅速なだけでなく、点検用分銅の購入コストと再校正のコストを大幅に削減します。 CarePacs® には、専門的な分銅の取り扱いに必要なピンセット、手袋、その他のアクセサリが含まれます。


 

1. 天秤の校正用分銅とは何ですか?

分銅は、主に天秤とはかりの性能試験と日常点検に必要です。 計量用語では、標準分銅または「質量標準」(他の分銅を校正するため)と基準器に区別されます。 国内規制や国際的な推奨事項により、基準器では誤差限界が定義されています。 分銅は、OIMLまたはASTMのいずれかにより定義される各種の許容限界に分類されます。 従来の重さの値(質量ではなく)は、分銅の公称値として使用されます。 より高度な精度を得るために、認証済み分銅は校正され、通常は計量標準総合センター(NMI)が管理する国内の一次標準器にトレースバックできます。


2. OIML/ASTM校正用分銅の等級とは何ですか?

分銅等級は、以下のようにOIML(国際法定計量機関)宣言またはASTM(米国試験材料協会)宣言のいずれかに基づいて分類された誤差限界に従って分かれています。

OIML分銅

  • E1等級の分銅は、国内の質量標準器とE2等級以下の分銅(F1とF2)間のトレーサビリティを確保することを目的としています。 E1等級の分銅または分銅セットには、校正証明書が付随するものとします。
  • E2等級の分銅は、F1等級の分銅の初期検証で使用すること、精度等級Iの計量機器で使用することを目的としています。E2等級の分銅または分銅セットには常に校正証明書が付随するものとします。 E2等級の分銅は、E1等級の分銅の表面処理(粗さ)、磁化率、そして磁化の各要件に準拠していれば(そして校正証明書に適切なデータが含まれていれば)、E1等級の分銅として使用できます。
  • F1等級の分銅は、F2等級の分銅の初期検証で使用すること、精度等級I/IIの計量機器で使用することを目的としています。
  • F2等級の分銅は、M1等級および場合によりM2等級の分銅の初期検証で使用することを目的としています。 また、精度等級IIの計量機器で重要な商業取引(貴金属や石など)を行う際に使用することも目的とします。
  • M1等級の分銅は、M2等級の分銅の初期検証で使用すること、等級III精度の計量機器で使用することを目的としています。
  • M2等級の分銅は、M3等級の分銅の初期検証で使用すること、通常の商業取引での使用や精度等級IIIの計量機器で使用することを目的としています。
  • M3等級の分銅は、精度等級IIIIの計量機器での使用を目的としています。
  • M3等級とM2-3は50kg~5,000kgの比較的精度の低い分銅で、精度等級IIIの計量機器での使用を目的としています。*

*計量機器の検証に使用する分銅の誤差は、機器の最大許容誤差(MPE)の3分の1を超えてはなりません。 これらの値は、OIML国際勧告76非自動計量機器(1992)のセクション3.7.1にリストされています。

ASTM分銅

  • ASTM等級0: 他の参照標準や分銅を校正するための一次参照標準として使用されます。
  • ASTM等級1: 他の分銅を校正する際の参照標準として使用できます。最小表示値0.1mg~0.01mgの高精度な分析天秤の校正に適しています。
  • ASTM等級2: 最小表示値0.01g~0.001gの高精度な上皿天秤の校正に適しています。
  • ASTM等級3: 最小表示値0.1g~0.01gの中程度の精度の天秤を校正するのに適しています。
  • ASTM等級4: 準分析天秤や学生向けの校正に適します。
  • NIST等級F: 主に州および地域の計量測定係官、機器の設置者やサービス技術者が、市販の計量機器を点検するために使用します。

 

3. 認証済み校正用分銅を使用する必要があるのはなぜですか?

ASTM等級0と超等級、さらにOIML等級「E0」とE1は、最高レベルの精度、つまり質量標準(他の分銅の校正に使用)、ミクロ天秤の点検と校正、および重要な計量アプリケーションに使用する必要があります。
ASTM等級1と2、OIML等級E2とF1は、分析天秤の点検や校正などの精密な作業で使用する必要があります。
ASTM等級3と4、OIML等級F1とF2は、上皿天秤の校正と点検や、中程度の精度の作業(研究室でそれほど厳密でない作業)に最適です。

注: 天秤またははかりを校正する場合、使用する分銅セットと等級を文書に記録する必要があります。

 

4. 天秤の日常点検に校正用分銅を使用する方法は?

日常点検には、専用に設計されたCarePacセットをお勧めします。大半のプロセス要件には公称値で十分です。 実施する点検は、計量プロセスの重要度に応じて異なります。 リスク評価に基づいて、GWP® Verification は日常点検の頻度についての情報を提供しています。 また、特定のプロセスやリスクに合わせた校正スケジュールやメンテナンス計画も提供しています。 適切な点検手順を決めるのに役立つSOPも利用できます。

 

5. ステンレス鋼製の分銅を使用するメリットは何ですか?

ステンレス鋼製の分銅には、長期的安定性があります。 メトラー・トレドのすべての分銅はプレミアムステンレス鋼製で、耐腐食性を備えています。 またモノブロックで製造された分銅は、長期的安定性を維持できるよう特殊設計されており、調整孔付き分銅は最大の費用対効果を実現します。 電解研磨が抗接着性を有する光沢表面をもたらします。

 

6. 点検用分銅の再校正を行う必要がある理由と頻度を教えてください。

高精度に校正された点検用分銅は、正確な計量結果の基礎となるものです。 点検用分銅の精度は、時間の経過とともに信頼性が低下します。 これは、通常の使用、汚れ、埃が原因の通常の摩耗と裂傷の結果でもあります。 継続的なトレーサビリティを確保するには、認定質量校正ラボでの定期的な試験分銅の再校正が不可欠です。 認定を受けた当社の分銅校正ラボでは、それぞれの分銅を清掃、校正し、結果を校正証明書に記録します。 当社の校正サービスでは、協定質量値の評価、不確かさなどトレーサビリティに関する情報について、ISO/IEC 17025の要件に従って校正証明書を発行します。

点検用分銅を再校正する頻度は、計量プロセスの重要度に応じて異なります。 GWP® Verificationは、校正、点検、メンテナンスの方法を勧告するだけではありません。 正しい点検用分銅や分銅等級の選び方について助言し、点検用分銅の再校正をする頻度についての助言も行います。 これらの情報はいずれも、特定のプロセスやリスクに基づいて判断します。 

リスクに基づくサービスとして、GWP® Verificationは不要な点検や間違った点検をなくします。 さらに、規制要件への完全な準拠を保証する包括的な監査証跡の文書を提供します。

 

7. ミリグラム以下の分銅とは何ですか?

メトラー・トレドは、1ミリグラム未満の値を求めるお客様の要望の増加に応えて、マイクログラムの分銅を提供しています。 この分銅は、専用に設計されたアクセサリセットと取り扱いツールが付属し、従来の計量の枠を越える完全なソリューションをオペレータに提供します。

これらの分銅にはトレーサビリティもあり、ナノテクノロジーなどの厳密なアプリケーションの要件に応えるため分銅値が認証されています。 詳しくはマイクログラム分銅に関するホワイトペーパー をダウンロードしてください。

 

8. 浮力効果とは何ですか?

空気密度は、通常、気温、気圧、湿度、CO2濃度などの関連する空気パラメータから計算されます。 空気密度を割り出す別の方法として、2つの特別に設計された浮力効果を利用できる場合があります。 両方の浮力効果は、真空中と空気中で比較されます。 公称重量が同じ2つの浮力効果を比較することにより、大きな体積差が空気の浮力を反映し、これにより非常に高精度な空気密度の測定が可能になります。 浮力効果は、主にM_one真空マスコンパレータに使用されます。

 

9. 専門的な容量測定にシリコン球が使われるのはなぜですか?

球体を使用するのは、長さの測定による体積の定義に従って体積を決定できるためです。 シリコン(Si)球は、完全なダイヤモンドと同じ空隙や抜けのない均質な原子構造を持っているため、密度は他の材料よりも正確です。 このため、シリコン球の原子構造は均質で、専門的な体積測定用の基準としての役割を果たすのです。

 

10. 重量の重い分銅は何に使われますか?

マスコンパレータは、6トンものひょう量にまで及びます。 工業用はかりは数百トンにまで達します。 非常に重い分銅は、通常、200kg、500kg、1t、2tの重量にも及び、非常に重いひょう量範囲の計量機器の感度、偏置誤差、直線性、繰返し性の点検に使用されます。 分銅は2トン未満ですが、それはフォークリフトやクレーンなど機械の最大吊り上げ能力に限界があるからです。 しかし、これらの分銅を組み合わせて目的の重さを得られます。 メトラー・トレドの製品に代表される専門的な分銅には、フォークリフトで昇降できるように、持ち上げフックなどの設計上の特長を備えています。 たる型(丸型)分銅は転がってサービス技術者が怪我を負う原因になるので違法です。

重量級の分銅は大型貨物トラックで輸送する必要があり、安全面と法規によりトラックが定格積載重量を超えないようにすることが重要です。 重量級の分銅は、コスト面に配慮して通常はステンレス鋼ではなく鋳鉄製です。

幅広い点検用分銅
点検単品分銅
分銅セット
標準分銅とマイクログラム分銅
CarePac®

点検単品分銅

分銅セット

標準分銅とマイクログラム分銅

CarePac®

OIML等級E1、E2、F1、F2、M1、ASTM等級1~4
OIML等級E1、E2、F1、F2、M1、ASTM等級1~4
最高の計量性能と専門的なアプリケーションのための分銅
日常点検のソリューション、OIML等級E2、F1、F2、ASTM等級1~4
長寿命な点検用分銅
最高品質のステンレス鋼は、分銅の耐用期間を通して最高レベルの耐食性能を発揮します。
校正証明書が必要ですか
校正証明書は、社内の品質保証、ISO 9001、FDA、GMPなどで必要とされる目的に合った点検用分銅を使用しています。
保護と耐久性
堅牢で清掃しやすいプラスチック容器により、点検用分銅の完全性と精度が保たれます。
個別分銅セット
1mgから5kgにも及ぶ範囲から必要に応じた分銅セットをお選びください。 校正証明書を加えることで、測定が常に検証されたものであることが保証されます。
保護と長寿命
堅牢で清掃しやすいアルミニウム(OIML E1-F1)またはプラスチック(ASTM 1-4/OIML F1-M1)のケースが、分銅の完全性を保護します。
同じ重さの分銅につけた印
セットに含まれる2つの分銅が同じ公称値の場合、それらには異なる印があります。
質量標準の校正
当社は、高品質なステンレス鋼製ノブ付き分銅と線状分銅を、分銅校正用と質量校正サービスの標準分銅として提供しています。
「E0」標準分銅
「E0」等級の分銅(OIML等級E1分銅を超える精度)により、最高レベルの計量性能で質量標準の校正が可能になります。 範囲: 0.05mg から最大50kg。
専門的な用途分野に適したマイクログラム分銅
マイクログラム分銅(50µg~500µg)は、従来の計量の域を超えた点検用分銅ソリューションを提供します。
効率的な日常点検
CarePacには、USPチャプター41やGWP®に準じた効率的な天秤日常点検に必要なすべての要素が含まれています。
わずか2つの分銅
GWP®によると、点検用分銅はひょう量の5%(繰返し性)とひょう量の100%(感度と偏置誤差)の2つの分銅で十分です。
包括的なソリューション
CarePacセットには、校正証明書と分銅の専門的な取扱い用のアクセサリが付属しており、日常点検を安心して実施できます。
Crane Test Weights for Sale / Heavy Capacity Test Weights
Grip Handle Test Weights

Crane Test Weights / Heavy Capacity Test Weights

Grip Handle Test Weights

Stackable cast iron and stainless steel weights for scales with maximum capacity of several tons.
Stainless Steel and cast iron grip handle weights for testing of scales with maximum capacity up to 200 kg.
Heavy Capacity Test Weights
Unique design for safe lifting
Grip Handle Weights
Easy handling designed for routine testing
点検単品分銅

OIML等級E1、E2、F1、F2、M1、ASTM等級1~4

分銅セット

OIML等級E1、E2、F1、F2、M1、ASTM等級1~4

標準分銅とマイクログラム分銅

最高の計量性能と専門的なアプリケーションのための分銅

CarePac®

日常点検のソリューション、OIML等級E2、F1、F2、ASTM等級1~4

Crane Test Weights for Sale / Heavy Capacity Test Weights

Stackable cast iron and stainless steel weights for scales with maximum capacity of several tons.

Grip Handle Test Weights

Stainless Steel and cast iron grip handle weights for testing of scales with maximum capacity up to 200 kg.

GWP Recommendation
分銅用アクセサリ
MT校正サービスロゴ緑

校正サービス

関連文書

カタログ: OIML分銅
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.