はかりの点検用分銅 – 最高品質の研究室用分銅の選択

点検用分銅

天びんの点検と校正をサポートする最適な設計

専門的な技術とノウハウに基づいて製造された当社の分銅は、幅広いアプリケーション分野で使用されます。 このような分銅により、計量機器の効率的で効果的な日常点検、天びんとはかりの信頼性の高い校正、標準分銅の正確でトレーサブルな校正が可能になります。 計量器の性能チェック用に、OIML/ASTM点検用分銅を50µg~5tの範囲であらゆる精度等級からお選びいただけます。校正証明書が必要な場合にも対応いたします。

FAQs

はかり・天びんの点検用分銅

メトラー・トレドが誇る世界トップクラスの計量ノウハウは、点検用分銅、分銅セット、分銅校正サービスにも広がっています。 当社の分銅製品シリーズでは、50µgから5tまで、OIMLまたはASTMのすべての精度等級に準じた分銅をご用意しています。 メトラー・トレドの点検用分銅は、天びんの点検用だけではなく、質量校正ラボの一次標準としても世界中で使用されています。

上位クラス製品に施されているノブ付き分銅や線状分銅への当社独自の電解研磨プロセスにより、分銅表面の極微細な突出もありません。 これにより、機械研磨仕上げの分銅と比べて、点検用分銅の表面が大幅に滑らかな仕上がりになっています。 点検用分銅に形成される不動態酸化膜の性質向上により、分銅の長期的安定性がさらに高まります。

点検用分銅と関連する校正サービスの包括的なラインナップからお選びください。 メトラー・トレドでは、限られた予算でもご利用いただける高品質の分銅とサービスをご用意しています。 長年にわたる経験とお客様からのリクエストに基づいて設計されたメトラー・トレドの分銅収納ケースとアクセサリはきわめて高い評価をいただいています。短時間での再校正と信頼できるサービスのメリットをご活用ください。 当社の認証済み質量ラボの世界的なネットワークを、次回の点検用分銅校正にご活用ください。

各天びんのひょう量の5%と100%に相当する2つの点検用分銅のみを使用して、USP General Chapter 41に準拠しながら確実に天びんを点検できます。 この独自のアプローチは迅速なだけでなく、点検用分銅の購入コストと再校正のコストを大幅に削減します。 CarePacs®には、専門的な分銅の取り扱いに必要なピンセット、手袋、その他のアクセサリが含まれます。

 

はかりの校正: 厳格な検査要件を満たす最高品質の分銅

過酷な工業用環境で長期間にわたってはかりを使用できるように、はかりの校正試験の要件は複雑さを増しています。 はかりの校正を確実に行うことが、校正済みのはかりを使用してきわめて正確で効率的な製造を実現するための鍵となります。 はかりの点検用分銅は、計量はかりを校正するための重要なツールです。

校正を実施していないはかりは企業に大きな経済的影響を与えることがあり、さらには企業の評判を損なうことさえもあります。 メトラー・トレドのはかりの校正/点検用分銅は、工業用はかりの試験や校正のサポートに適した設計です。 安全で生産性の高い試験を実現する強力な技術によって生まれた最大5tの鋳鉄製分銅は、このアプリケーションに最適で、最も厳しい試験の要件も満たします。 洗浄が必要な環境や衛生面が重視される環境向けには、高品質のステンレス製分銅が最高の性能を達成します。 はかりの校正や再校正を適切かつ確実に実施できるように、これらの点検用分銅にはさまざまな形状や精度等級のものがあります。

点検用分銅についてのFAQ

 

質問をお選びください:

  1. 天びんの校正用分銅とは何ですか?
  2. OIML/ASTM校正用分銅の等級とは何ですか?
  3. 証明書付き校正用分銅を使用する必要があるのはなぜですか?
  4. 天びんの日常点検ではどのように校正用分銅セットを使用しますか?
  5. ステンレス鋼製の分銅を使用するメリットは何ですか?
  6. 点検用分銅の再校正を行う必要がある理由と頻度を教えてください。
  7. ミリグラム以下の分銅とは何ですか?
  8. 浮力効果とは何ですか?
  9. 専門的な容量測定にシリコン球が使われるのはなぜですか?
  10. 重量の重い分銅は何に使用しますか?
  11. どのようにはかりを校正しますか? 校正済みのはかりとは何ですか? 証明書付き校正用分銅は必要ですか?
  12. 校正済みの点検用分銅は何に使用しますか? 計量はかりシステムの校正に使用しますか? メトラー・トレドははかりの点検用分銅を提供していますか?
  13. 計量はかりの許容限度とは何ですか? すべてのはかりは高精度計量が可能ですか?
  14. はかり用分銅とは何ですか? 校正用分銅ははかり用のものですか? 校正済み分銅でなければなりませんか?
  15. 分銅なしでどのようにデジタルスケールを校正しますか?
  16. はかりの校正には何を使用しますか?
  17. メトラー・トレドは校正用分銅を提供していますか?
  18. メトラー・トレドはクレーンの点検用分銅を販売していますか?
  19. OIML等級の違いは何ですか?

 

1. 天びんの校正用分銅とは何ですか?

分銅は、主に天びんとはかりの性能試験と日常点検に必要です。 計量用語では、標準分銅または「質量標準」(他の分銅を校正するためのもの)と校正済み分銅は区別されます。 国内規制や国際勧告により、校正済み分銅では誤差限界が定義されています。 分銅は、OIMLまたはASTMのいずれかにより定義される各種の許容限界によって分類されます。 従来の重さの値(質量ではない)は、分銅の公称値として使用されます。 より高いレベルの正確さを確保するために校正済み分銅は校正され、それをさかのぼると、通常は国立標準計量研究所(NMI)が管理する国内の一次標準器に至ります。


2. OIML/ASTM校正用分銅の等級とは何ですか?

分銅等級は、以下のようにOIML(国際法定計量機関)宣言またはASTM(米国試験材料協会)宣言のいずれかに基づいて分類された誤差限界に従って分かれています。

OIML分銅

  • E1等級の分銅は、国内の質量標準器とE2等級以下の分銅(F1とF2)間のトレーサビリティを確保することを目的としています。 E1等級の分銅または分銅セットには、校正証明書を添付しなければなりません。
  • E2等級の分銅は、F1等級の分銅の初期検証で使用すること、精度等級Iの計量機器で使用することを目的としています。E2等級の分銅または分銅セットには必ず校正証明書が付属します。 E2等級の分銅は、E1等級の分銅の表面処理(粗さ)、磁化率、そして磁化の各要件に準拠していれば(そして校正証明書に適切なデータが含まれていれば)、E1等級の分銅として使用できます。
  • F1等級の分銅は、F2等級の分銅の初期検証で使用すること、精度等級I/IIの計量機器で使用することを目的としています。
  • F2等級の分銅は、M1等級、また場合によりM2等級の分銅の初期検証で使用することを目的としています。 また、精度等級IIの計量機器で重要な商業取引(貴金属や宝石など)を行う際に使用することも目的とします。
  • M1等級の分銅は、M2等級の分銅の初期検証で使用すること、等級III精度の計量機器で使用することを目的としています。
  • M2等級の分銅は、M3等級の分銅の初期検証で使用すること、通常の商業取引での使用や精度等級IIIの計量機器で使用することを目的としています。
  • M3等級の分銅は、精度等級IIIIの計量機器での使用を目的としています。
  • M3等級とM2-3等級は、50~5,000kgの比較的正確さが低い分銅で、精度等級IIIの計量機器での使用を目的としています。*

*計量機器の検証に使用する分銅の誤差は、機器の最大許容誤差(MPE)の3分の1を超えてはなりません。 これらの値は、OIML国際勧告76非自動計量機器(1992)のセクション3.7.1にリストされています。

ASTM分銅

  • ASTM等級0: 他の参照標準や分銅を校正するための一次参照標準として使用されます。
  • ASTM等級1: 他の分銅を校正する際の参照標準として使用できます。最小表示値0.1~0.01mgの高精度な分析天びんの校正に適しています。
  • ASTM等級2: 最小表示値0.01~0.001gの高精度なトップローディング式天びんの校正に適しています。
  • ASTM等級3: 最小表示値0.1~0.01gの中程度の精度の天びんを校正する際に適しています。
  • ASTM等級4: 準分析天びんや学習用途の校正に適しています。
  • NIST等級F: 主に州や地域の計量測定係官、機器の設置者やサービス技術者が、市販の計量器を点検するために使用します。

 

3. 証明書付き校正用分銅を使用する必要があるのはなぜですか?

ASTM等級0と超等級、さらにOIML等級「E0」とE1は、最高レベルの精度、つまり質量標準(他の分銅の校正に使用)、ミクロ天びんの点検と校正、重要な計量アプリケーションに使用されるためです。
ASTM等級1と2、OIML等級E2とF1は、分析天びんの点検や校正などの精密な作業で使用する必要があります。
ASTM等級3と4、OIML等級F1とF2は、トップローディング式天びんの校正と点検や、中程度の精度のアプリケーション(研究室でのそれほど厳密でない作業)に最適です。

注: 天びんまたははかりを校正する場合、使用する分銅セットと等級を文書に記録する必要があります。

 

4. 天びんの日常点検ではどのように校正用分銅セットを使用しますか?

日常点検には、専用に設計されたCarePacセットをお勧めします。この公称値は大半のプロセス要件に対応しています。 実施する点検は、計量プロセスの重要度に応じて異なります。 リスク評価に基づいて、GWP® Verification は日常点検の頻度についての情報を提供しています。 また、特定のプロセスやリスクに合わせた校正スケジュールやメンテナンス計画も提供しています。 適切な点検手順を決めるのに役立つSOPも利用できます。

 

5. ステンレス鋼製の分銅を使用するメリットは何ですか?

ステンレス鋼製の分銅には長期的安定性があります。 メトラー・トレドのすべての分銅は高品質ステンレス鋼製で、耐腐食性を備えています。 またモノブロックで製造された分銅は、長期的に安定性を維持できるよう特殊設計されており、調整孔付き分銅は最大の費用対効果を実現します。 電解研磨が抗接着性を有する光沢表面をもたらします。

 

6. 点検用分銅の再校正を行う必要がある理由と頻度を教えてください。

正確に校正された点検用分銅は、正確な計量結果の基礎となるものです。 点検用分銅の正確さは、時間の経過とともに信頼性が低下します。 これは、通常の使用、汚れ、埃が原因で生じる一般的な摩耗や欠損によるものです。 トレーサビリティを継続的に確保するには、認定質量校正ラボでの定期的な点検用分銅の再校正が不可欠です。 認定を受けた当社の分銅校正ラボでは、それぞれの分銅を清掃、校正し、結果を校正証明書に記録します。 当社の校正サービスでは、協定質量値の評価、不確かさなどトレーサビリティに関する情報について、ISO/IEC 17025の要件に従って校正証明書を発行します。

点検用分銅を再校正する頻度は、計量プロセスの重要度に応じて異なります。 GWP® Verificationは、計量機器の校正、点検、メンテナンスについて推奨する方法を提供するだけではありません。 正しい点検用分銅や分銅等級の選び方について助言し、点検用分銅の再校正の頻度についての助言も行います。 これらの情報はいずれも、特定のプロセスやリスクに基づいて判断します。 

リスクに基づくサービスとして、GWP® Verificationは不要な点検や点検の誤りをなくします。 さらに、規制要件への完全な準拠を保証する包括的な監査証跡の文書を提供します。

 

7. ミリグラム以下の分銅とは何ですか?

メトラー・トレドは、1mg未満の値を求めるお客様の要望の増加に応えて、マイクログラム分銅を提供しています。 この分銅には、専用に設計されたアクセサリセットと取り扱いツールが付属し、従来の計量の枠を越える完全なソリューションをオペレーターに提供します。

これらの分銅にはトレーサビリティもあり、ナノテクノロジーなどの厳密なアプリケーションの要件に応えるため分銅値が認証されています。 詳しくはマイクログラム分銅に関するホワイトペーパー をダウンロードしてください。

 

8. 浮力効果とは何ですか?

通常、空気密度は、気温、気圧、湿度、CO2濃度などの関連する空気パラメータから計算されます。 空気密度を割り出す別の方法として、2つの特別に設計された浮力効果を利用できる場合があります。 両方の浮力効果を真空中と空気中で比較します。 公称重量が同じ2つの浮力効果を比較することにより、大きな体積差が空気の浮力を反映し、これにより非常に正確な空気密度の測定が可能になります。 浮力効果は、主にM_one真空マスコンパレータに使用されます。

 

9. 専門的な容量測定にシリコン球が使われるのはなぜですか?

球体を使用するのは、長さの測定による体積の定義に従って体積を決定できるためです。 シリコン(Si)球は、完全なダイヤモンドと同じ空隙や抜けのない均質な原子構造を持っているため、密度は他の材料よりも正確です。 このため、シリコン球の原子構造は均質で、専門的な体積測定用の基準としての役割を果たすのです。

 

10. 重量の重い分銅は何に使用しますか?

マスコンパレータのひょう量は最大で6tです。 工業用はかりは数百トンに達します。 非常に重い分銅とは通常200kgから500kg、1t、2tに至る範囲のもので、非常に重いひょう量範囲の計量機器の感度、偏置誤差、直線性、繰返し性の点検に使用されます。 分銅は2t未満ですが、それはフォークリフトやクレーンなど機械の最大吊り上げ能力に限界があるからです。 しかし、これらの分銅を組み合わせることで目的の重さが得られます。 メトラー・トレドの製品に代表される専門的な分銅には、フォークリフトで昇降できるように、持ち上げフックなどの設計上の特長を備えています。 たる型(丸型)分銅は転がってサービス技術者が怪我を負う原因になるので違法です。

重量級の分銅は大型貨物トラックで輸送する必要があり、安全面と法規によりトラックが定格積載重量を超えないようにすることが重要です。 重量級の分銅は、コスト面に配慮して通常はステンレス鋼ではなく鋳鉄製です。

 

11. どのようにはかりを校正しますか? 校正済みのはかりとは何ですか? 証明書付き校正用分銅は必要ですか?

当社では最大2tの大型のステンレス鋼製分銅を用意しています。当社の点検用分銅が生み出す卓越した価値を校正ラボで実感してください。 メトラー・トレドははかり校正用の分銅製品を幅広く取り揃えており、あらゆる精度等級の1mgから5tまでの分銅があります。 グリップハンドル付き分銅から円筒形分銅まで、各種点検用分銅は、それぞれにはかり校正や再校正の際に役立つメリットがあります。 これにより、プロセスで使用するはかりが校正済みであることを確認できます。 メトラー・トレドでは、コンプライアンスを確保できるように、証明書付き校正用分銅も提供しています。

たとえば、一部のグリップハンドル付き分銅はクリーンルームや洗浄アプリケーションに適しており、他にも溶接構造やガラスビード吹付加工、過酷な環境条件下での大型貨物の操作向けに表面を不活性化した分銅もあります。 はかり校正またははかり再校正時の手作業による操作を回避するために、メトラー・トレドでは数多くの持ち上げオプションに対応した分銅を設計しています。 はかりの校正作業では、オペレーターは大ひょう量分銅を取り扱うことで一定のリスクに曝されます。 フォークリフト、クレーン、ホイストによりあらゆる方向から持ち上げ・積載が可能な設計のものもあります。 これにより、はかりの校正時、またははかり校正用分銅や販売用のクレーン点検用分銅の使用時にオペレーターが手作業で危険な操作を行う必要性が最小限に抑えられるため、作業時の怪我を防ぐことができます。

 

12. 校正済みの点検用分銅は何に使用しますか? 計量はかりシステムの校正に使用しますか? メトラー・トレドははかりの点検用分銅を提供していますか?

校正済み点検用分銅やはかりの校正用分銅ははかりの校正に使用します。 これは、はかりの正確さを確認するためのプロセスです。 はかりの点検用分銅や高精度分銅は、用途や要件に応じてさまざまなレベルの正確さを持つ計量はかりシステムを校正するために使用します。 これらのプロセスでは校正済み点検用分銅または高精度分銅を使用して、計量はかりシステムを校正しなければなりません。 点検用分銅が校正済みの点検用分銅であること、また正確な校正結果を提供できる正確さを備えていることを確認することが重要です。 メトラー・トレドの幅広いはかり校正用分銅をご確認ください。

 

13. 計量はかりの許容限度とは何ですか? すべてのはかりは高精度計量が可能ですか?

これははかりに求められる正確さです。具体的には、はかりが許容範囲を外れ、証明書付き校正用分銅を使用した計量はかりの校正が必要になるまでの不確かさの許容値を指します。 校正済みはかりは高い精度レベルで動作し、校正されていないはかりよりも優れた許容誤差を維持します。 この理由から、正確な校正済みのはかりと計量はかりの校正では、計量はかりの許容限度を維持するための校正済み分銅を使用した計量はかりの校正が鍵となります。 計量プロセスで計量はかりの許容限度を維持する方法の詳細をご確認ください。

 

14. はかり用分銅とは何ですか? 校正用分銅ははかり用のものですか? 校正済み分銅でなければなりませんか?

はかり用分銅ははかりの校正用の分銅です。 このようなはかりを校正するための分銅には校正済み分銅を使用できます。 一般的に、はかりの校正用分銅は校正済み分銅です。 はかりの校正手順を実行する場合は、はかりの校正用分銅を用意する必要があります。 はかり用分銅または点検用分銅を使用した計量はかりの校正は、用途に応じて定期的に行う必要があります。 はかりの校正用分銅と計量はかりの校正の詳細をご確認ください。

メトラー・トレドが誇る世界トップクラスの計量ノウハウは、校正済み点検用分銅、分銅セット、分銅校正サービスに加えて、はかりの校正用分銅にも広がっています。 当社の分銅製品シリーズでは、50µgから5tまで、OIMLまたはASTMのすべての精度等級に準じたはかり用分銅をご用意しています。 メトラー・トレドの点検用分銅は、天びんの点検用だけではなく、質量校正ラボの一次標準としても世界中で使用されています。 校正済み点検用分銅の詳細をご覧になり、これを計量はかりの校正と計量はかりの校正プロセスに使用することをご検討ください。

ノブ付き分銅や線状分銅などの上位クラス製品に施されている当社独自の電解研磨プロセスは機械研磨に比べてはるかに滑らかで、分銅表面の極微細な突出もありません。 不活性酸化膜の特性が強化されることにより、点検用分銅の長期的安定性が向上します。 このため、メトラー・トレドが提供するはかりの校正用分銅は世界最高レベルの分銅となっています。 はかりの校正用分銅については、メトラー・トレドまでお問い合わせください。

 

15. 分銅なしでどのようにデジタルスケールを校正しますか?

理論上は、どのようなはかりにも、そのはかりを校正して非常に正確な計量を保証するための分銅が必要です。 高い正確さが求められない場合は、メトラー・トレドのCalFreeを使用し、ロードセルとターミナルの工場値を使用してはかりを校正することができます。 この場合は、一定レベルの正確さまですばやく簡単に校正することができます。 さらに、タンクスケールではRapidCalを校正に使用できます。 これは力を用いた校正方法で、点検用分銅ではなく油圧荷重を使用し、タンクに下向きの力を加えて校正します。 フロアスケールの場合は、通常は分銅を使用する必要があります。

 

16. はかりの校正には何を使用しますか?

最大2tの大型のステンレス鋼製点検用分銅を使用して、小さい台はかりから大型の大ひょう量フロアスケールまでを校正することができます。 メトラー・トレドは校正用の分銅製品を幅広く取り揃えており、あらゆる精度等級の1mgから5tまでの分銅があります。 グリップハンドル付き分銅から円筒形分銅まで、各種点検用分銅は、それぞれにはかり校正や再校正の際に役立つメリットがあります。

 

17. メトラー・トレドは校正用分銅を提供していますか?

メトラー・トレドには、OIMLとASTMの両方の規格に準拠したさまざまな質量の校正用分銅があります。

 

18. メトラー・トレドはクレーンの点検用分銅を販売していますか?

メトラー・トレドは、安全で積み重ねが可能な産業向け点検用分銅を用意しています。 これらの点検用分銅はフォークリフトやクレーンで移動可能で、クレーンスケールやホイストスケールの点検に使用できます。 このような販売用クレーン点検用分銅をご用意しています。 販売用クレーン点検用分銅について詳しくは、メトラー・トレドまでお問い合わせください。

 

19. メトラー・トレドはクレーンの点検用分銅を販売していますか?

厳密な違いはOIMLガイドラインに説明がありますが、基本レベルでは、E1が最も狭い、M1が最も広い許容限度を持っています。つまり、E1が最も正確です。

このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。