水分計 - 概要 - メトラー・トレド
水分計

水分計

迅速、高精度、高信頼性

 

水分率が明暗を分けるとき ー

水分率は、医薬物質やプラスチック、食品など多くの製品における加工性、保存可能期間、有用性、品質に影響します。従って、水分量に関する情報や水分含有率は非常に重要な管理項目です。メトラー・トレドでは、水分率測定のエキスパートとして、品質管理や製造過程の管理におけるニーズに合ったさまざまな水分...

水分率は、医薬物質やプラスチック、食品など多くの製品における加工性、保存可能期間、有用性、品質に影響します。従って、水分量に関する情報や水分含有率は非常に重要な管理項目です。メトラー・トレドでは、水分率測定のエキスパートとして、品質管理や製造過程の管理におけるニーズに合ったさまざまな水分計を提供しています。

また、高品質な水分計だけでなく、SmartCalのような検査用物質やアプリケーションに関する情報、技術サービスなどお客様の水分率測定を最適化するうえで役立つアクセサリやサービスも提供しています。

水分計とは?

水分計は、計量および加熱単位(赤外線技術)から構成されており、乾燥減量法に基づいて水分量を決定します。近年では、より迅速な測定のために水分計を選ばれるケースが増えており、食品、化学、製薬、プラスチックなどさままざま業種で使われています。食品の水分率は品質と保存可能期間に影響するため、食品業界では特に重要とされています。

水分計に関する詳細は、下記のページをご参照ください。

水分計とは何ですか?そしてどのように機能しますか?

 


 
Excellence水分計
上級レベルの水分計
Entry Moisture Analyzer

Excellence水分計

上級レベルの水分計

エントリーレベルの水分計

水分率が重要となる現場では、優れた性能を提供するメトラー・トレドのExcellence水分計をご使用ください。
日常的な水分率測定を容易に。ラボや生産現場に適した便利な取り扱い、洗練されたガイド、堅牢な構造。
メトラー・トレドの品質を魅力的な価格でご提供します。使いやすく信頼性の高い性能により、日常業務の水分測定を簡単で効率的にします。
Excellence水分計
最高の水分測定を実現
始動から終了まで記録的速度
あらゆる点で、速度を念頭に置いて開発
最高の測定性能
最高精度で信頼性の高い結果を実現
品質結果、トレース可能なレポート
内蔵ユーザー管理、A4/レターサイズ出力
ネットワーク接続
イーサネット、USB、RS232をサポート
簡単操作
OneClickTMで簡単に水分測定
迅速な分析
急速加熱のためのハロゲン技術
素早い清掃
フラット・密閉構造を採用
洗練されたガイドによる便利な取り扱い
日々の測定で誰でも容易に操作可能
大型カラータッチスクリーン
明るく読み取りやすいディスプレイ
便利な操作
プログラム可能なメソッド、One Click™による測定開始
優れた機能
ユーザーガイド、乾燥曲線、設定ウィザード
堅牢な構造
研究室や生産現場での使用に対応
容易な清掃
ステンレス製の平らな表面
高信頼性
正確で再現性の高い水分率測定が可能
ハロゲン加熱テクノロジー
高速な加熱と迅速な結果を実現
簡単な操作
風袋引きをし、サンプルを載せて、スタートキーを押すだけで測定可能
必須の機能
日常作業に必要な機能を搭載
SmartCal

SmartCal

SmartCal™検査物質では水分計の性能検証により、信頼できる水分率の測定結果を保証できます。
独自の検査物質
総合的に水分計の性能を確認できます。
簡単な性能検査
通常の測定と同じくらい簡単に、わずか10分で終了
性能の文書化
機器またはExcel®形式の測定記録シートへのデータ保存
認定済みバージョン
cSmartCalは規制の厳しい業界のニーズに対応しています。
Excellence水分計

水分率が重要となる現場では、優れた性能を提供するメトラー・トレドのExcellence水分計をご使用ください。

Excellence水分計
最高の水分測定を実現
始動から終了まで記録的速度
あらゆる点で、速度を念頭に置いて開発
最高の測定性能
最高精度で信頼性の高い結果を実現
品質結果、トレース可能なレポート
内蔵ユーザー管理、A4/レターサイズ出力
ネットワーク接続
イーサネット、USB、RS232をサポート
簡単操作
OneClickTMで簡単に水分測定
迅速な分析
急速加熱のためのハロゲン技術
素早い清掃
フラット・密閉構造を採用
上級レベルの水分計

日常的な水分率測定を容易に。ラボや生産現場に適した便利な取り扱い、洗練されたガイド、堅牢な構造。

洗練されたガイドによる便利な取り扱い
日々の測定で誰でも容易に操作可能
大型カラータッチスクリーン
明るく読み取りやすいディスプレイ
便利な操作
プログラム可能なメソッド、One Click™による測定開始
優れた機能
ユーザーガイド、乾燥曲線、設定ウィザード
堅牢な構造
研究室や生産現場での使用に対応
容易な清掃
ステンレス製の平らな表面
Entry Moisture Analyzer

メトラー・トレドの品質を魅力的な価格でご提供します。使いやすく信頼性の高い性能により、日常業務の水分測定を簡単で効率的にします。

高信頼性
正確で再現性の高い水分率測定が可能
ハロゲン加熱テクノロジー
高速な加熱と迅速な結果を実現
簡単な操作
風袋引きをし、サンプルを載せて、スタートキーを押すだけで測定可能
必須の機能
日常作業に必要な機能を搭載
SmartCal

SmartCal™検査物質では水分計の性能検証により、信頼できる水分率の測定結果を保証できます。

独自の検査物質
総合的に水分計の性能を確認できます。
簡単な性能検査
通常の測定と同じくらい簡単に、わずか10分で終了
性能の文書化
機器またはExcel®形式の測定記録シートへのデータ保存
認定済みバージョン
cSmartCalは規制の厳しい業界のニーズに対応しています。

サービス

Explore our Services - Tailored to Fit your Equipment

We support and service your measurement equipment through its entire life-cycle, from installation to preventive maintenance and calibration to equipment repair.

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

関連文書

水分計 FAQ


 

1. 水分計とは何ですか?


水分計は、乾燥減量法によりサンプルの含水量を決定し、計量および赤外線加熱ユニットから構成されます。それは水分天びんまたは水分計と呼ばれることもあります。

水分計
水分計


 

2. 水分計はどのように機能しますか?

ハロゲン水分計は、熱重量計の原則(また、よく「乾燥減量法」(LOD)原則と呼ばれる)に従って機能します。水分計は、天びんユニットと加熱ユニットの2つの部分から構成されています。水分率を測定する為に、サンプルの開始重量が記録されその後、ハロゲンヒーターが加熱しサンプルを乾燥させ、重量を天びん部が計測的に記録します。サンプルの重量がそれ以上減らない場合、測定は終了し水分率が計算されます。重量における全損失は水分含量として計算されます。


 

3. 「乾燥減量法(LOD)」の原則とは何ですか?

LODは乾燥減量法の略です。最も標準的な方法はLOD法です。LODは、加熱に応じたサンプルの重量の減少を分析することにより、サンプルの含水量を決定する方法です。重量の減少はサンプルの水分の減少として解釈されます。サンプルの水分がすべて無くなった場合、サンプルの重量はもはや変化しません。サンプルの含水量は、加熱に応じたサンプルの重量の減少を比較することにより、計算されます。


 
水分計
水分計

4. どのようにサンプルを加熱しますか?

 

サンプルは、ハロゲン水分計の赤外線を吸収し、その結果非常に急速に加熱します。さらにサンプルの温度は、その吸収特性に依存しているので、温度は表示されません。サンプルが対流によって加熱され、乾燥が長い期間を必要とする乾燥炉とは、異なります。


 

5. ハロゲン技術と赤外線技術の違いは何ですか?

 

ハロゲン加熱は赤外線技術でもあります。ハロゲンヒーターを使用して乾燥させる方法は、赤外線による乾燥方法をさらに発展させたものです。加熱部品はハロゲンガスを満たしたガラスパイプで構成されています。ハロゲン・ラジエータの量が従来の赤外線ラジエータのそれと比較して非常に小さいので、最大の加熱出力に急速に達することができ、顕著な管理性および熱分布を実現します。

水分計
水分計


 

6. 誰が水分計を使用しますか?

含水量を決定する公式方法は乾燥炉です。今日、非常により迅速なメソッドを使用して水分量を分析したいため、多くの顧客は水分計を使用しています。水分計は、食品、化学、製薬、プラスチックなどの沢山の業界で使用されています。含水量が製品の特性および貯蔵寿命に影響するため、特に食品の含水量の決定は重要です。


 

7. 水分とは何ですか?

水分は、加熱の際に蒸発(「乾燥における損失」)するすべてです。水に加え、分析される水分としては、脂肪、アルコールおよび溶媒を含みます。


 

8. 水分と水は同じですか?

いいえ、よく混同されますが違います。水分は、加熱の際に蒸発するすべてのものです。水とは、詳細には、水分子(H20)です。含水量を決定するための最善の方法は、カール・フィッシャー滴定器を使用することです。


 
水分計
水分計

9. 含水量を決定する公式方法は何ですか?


サンプルの含水量を決定する公式方法は、乾燥炉です。乾燥炉法は、サンプルの含水量を決定するのに最高6時間を要する、非常に時間がかかる方法です。水分計とは対照的に、乾燥炉においてサンプルは対流によってサンプルを加熱するので、長い時間が必要です。乾燥炉と同様の精度を有する結果を達成できることが証明できる場合、水分計を使用してサンプルの含水量を決定することが可能です。


 

10. 標準方法に従う必要がありますが、水分計をまだ使用することができますか?

多くの産業の規制では、標準方法に従うことが要求されます。しかし、乾燥炉および水分計の結果が同一であるということを証明できる場合、それは許可されます。その状況の多くの顧客は標準方法および水分計を用いて平行してサンプルの水分率を定期的に測定し、結果を検査します。


 

11. 水分計の測定結果をどのように標準方法と比較しますか?

公式方法と同じ水分率の結果を提供する水分計のメソッドをを開発することが必要です。メトラー・トレドは、異なる産業における非常に多くのサンプルの為のメソッドを開発しました。これらのメソッドは、公式の乾燥炉法の結果と比較し、適合します。


 

12. 水分計のメソッドとは何ですか?

水分率測定メソッドには、特定の物質の含水量が水分計を使用してどのように分析されるかについて記載されています。これは、メソッドパラメータ(乾燥プログラム、乾燥温度、スイッチオフ基準、サンプル重量、スタート・モード、表示モード)、更にはサンプルの準備(例えば挽く)およびサンプル・アプリケーション(例えばガラス繊維フィルタの使用)を含みます。


 

13. なぜメソッド開発が必要ですか?

あらゆる物質の含水量を、正確かつ信頼性高く決定するために最適なメソッドが必要です。参照法(一般的に乾燥炉)と同じ結果を得るあるいは参照法がない、いずれの場合でも目標は再現性の高い結果を得ることです。


 

14. どのように物質における水分計のメソッドを開発しますか?

メソッド開発について2つの可能性があります。1つ目は、あなたが参照メソッドおよび基準値を有する場合、目標は水分計で同じ水分率の結果を得るということです。2つ目は、参照メソッドを有しない場合、あなたは再現性のある結果を得られ、サンプルを燃焼させないメソッドを見つける必要があります。両方の可能性において、望む結果を得るためにメソッドパラメータの変更が必要となります。一般に、調整される最も重要なパラメータは、乾燥温度です。


 

15. サンプルの準備とは何ですか?そして、なぜそれが重要ですか?

 

正しいサンプル準備は、繰返し性があり信頼のあるサンプルの水分率測定においてキーとなります。代表的なサンプルを採取し、測定のためのサンプルを準備します。サンプル準備は粒状化(均一性)を行い、試料表面を増加させて、試料皿上のサンプル(薄いおよび均一な層)を均一に分布します。これにより、迅速で繰返し性のある結果が得られます。

水分計
水分計


 

16. どのくらいのサンプルサイズがお勧めですか?

一般に、3~5gが良好なサンプル量で、試料皿を薄く均一な層で覆うことができ、繰返し性がありで迅速な結果を得ることができます。非常に少ない水分率(<1%)のサンプルの場合、より多くのサンプル重量を使用して相対的なエラー(例えばプラスチック・ペレットで30g)を減らすことを推奨します。しかしこれは、より長い測定時間を必要とします。1g未満のサンプルでは、均一分布にならず、良い繰返し性を得られない為、推奨しません。最善の繰返し性を確実にするために、常に同じサンプル重量(±0.1g)を使用することをお勧めします。


 
水分計
水分計

17. プラスチックの水分含有率を測定できますか?


はい、できます。プラスチックにおいて非常に水分率が低いため、メトラー・トレドでは、HX204水分計のみを推奨します。HX204は、0.1mgの最小表示の優れた測定性能を有し、この種のサンプルのために必要であるスイッチオフ基準の遅延(SOC遅延)、予備加熱機能があります。


 


18. 食物の水分含有率をどのように測定しますか?


水分率測定は食品業界のすべての領域において、必要不可欠な役割を果たします。水分計は、食品材料の水分率を迅速かつ確実に決定するの理想的な機器です。メトラー・トレドは、100以上の食品のための有効な測定メソッドの広大なライブラリを設立しました。サンプルごとに、構成、手順、対応するメソッドパラメータが、乾燥炉および水分計共に提供されます。

水分計
水分計


 
水分計
水分計

19. 水分計にはどのような点検が必要ですか?またどの部分に必要ですか?

 

水分計は、加熱部と計量部で構成されています。両方の構成部分は、個々に点検する必要があり、以下の日常点検ツールと結合されなければなりません:

  • 加熱ユニット:温度キットによる温度テスト
  • 計量ユニット:分銅による天びん試験(感度)
  • 統合テスト:試験用物質SmartCalを使用して、実際の測定と同じ条件で水分率測定を行う


 

20. 点検と調整の違いは何ですか?校正とは何ですか?

点検とは測定値と真値との間との偏差の確認で、いかなる変更も行いません。調整は点検に加え変更を行う(修正処置)ことで、測定装置を正しい状態にします。校正は点検または調整を表して使われますが、ユーザーが実際にどんな動きを意味するかは不明確です。よって明確なアクションのある調整と点検を区別しています。水分計の場合、例えば定期的に校正(点検)を行い、加熱装置を調整することが重要です。


 

21. どれくらいの頻度で水分計を点検する必要がありますか?

水分計は据付されたとき、移動されたときおよび一定の間隔で点検を行ってください。この定期点検の頻度は、個々のプロセスリスクによります。リスクは、要因(例えばプロセスのの臨界、サンプルの温度感度および顧客の規制レベル)によって決まります。

水分計アプリケーション

X
X
X

検索機能の使い方

業種、メソッド(水分計)、サンプルから該当する項目をお選びいただくか、検索ボックスにお探しの項目を入力してください。検索ボックスは、正確に一致する単語のみ表示します。

 

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.