熱機械分析(TMA) | メトラー・トレド
 
メニュー
熱機械分析(TMA)

熱機械分析(TMA)

熱機械分析による熱膨張係数の簡単で信頼性の高い測定

熱分析 eニュースレターを購読する

熱分析の知識 – アプリケーション、ウェビナー、講座、ハウツービデオを紹介する年4回のニュース

⭢ Thank you for subscribing. You will receive your newsletter shortly.
⭢ There was a server error. Please try again later.

モデル/仕様

 
モデル/仕様
 
温度範囲
最大サンプル数
長さ分解能
測定荷重範囲
SDTA 分解能
詳細をご覧ください
温度範囲室温 – 1100 °C
最大サンプル数20 mm
長さ分解能0.5 nm
測定荷重範囲−0.1 N ~ 1 N
SDTA 分解能0.005 °C
DLTMA 周波数0.01 Hz ~ 1 Hz
詳細をご覧ください
温度範囲室温 ~ 1600 °C
最大サンプル数20 mm
長さ分解能0.5 nm
測定荷重範囲−0.1 N ~ 1 N
SDTA 分解能0.005 °C
DLTMA 周波数0.01 Hz ~ 1 Hz
詳細をご覧ください
温度範囲–80 °C ~ 600 °C
最大サンプル数20 mm
長さ分解能0.5 nm
測定荷重範囲−0.1 N ~ 1 N
SDTA 分解能0.005 °C
DLTMA 周波数0.01 Hz ~ 1 Hz
詳細をご覧ください
温度範囲-150 °C ~ 600 °C
最大サンプル数20 mm
長さ分解能0.5 nm
測定荷重範囲−0.1 N ~ 1 N
SDTA 分解能0.005 °C
DLTMA 周波数0.01 Hz ~ 1 Hz
比較

関連文書

製品パンフレット

TMA/SDTA 2+(日本語版)
熱機械分析(TMA)は、温度の関数として材料の寸法変化を測定するために使用されます。熱膨張および軟化、結晶化、固体 – 固体相移転のような熱的作用は、材料の潜在的な用途を決定し、その組成に関する重要な情報を提供します。粘弾性挙動は、加えられた力を変化させることで調べることができます(DLTMAモード...
STARe Excellence ソフトウェア カタログ(日本語版)
熱分析は、さまざまな分野で広く使用されている確立された分析手法です。 品質保証、品質管理、プロセス開発、製品開発、そして研究において貴重な結果と新しい情報を提供します。 さまざまな熱分析手法を組み合わせて使用することで、多くの問題を解決することができます。

アプリケーション

新規アプリケーション、分析トピックのレビュー、実用的なヒント

Thermal Analysis Applications
Thermal Analysis Techniques for the Chemical Industry – Theory and Applications
Heat capacity determination of metals above 700 °C
Differential Scanning Calorimetry (DSC) Webinar
Thermal Analysis Applications for the Characterization of Food
熱分析を使用した医薬品の特性評価
石油化学産業向けの熱分析アプリケーション
Thermal Analysis Guide
Flash DSC - 高速な温度制御条件下での材料物性評価を実現する熱分析イノベーション
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.