熱分析装置 | メトラー・トレド

熱分析装置

材料特性評価システム

熱分析とは、物質の温度を温度プログラムの制御下で変化させながら、物質の物理特性を時間の関数として測定する一連の手法です。メトラー・トレドの熱分析装置は、手動や自動での実験操作に対応し、学術研究や製品開発、品質保証や製造の分野において正確で信頼性の高い測定結果を提供します。

価格に関するお問い合わせ
ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQs

熱分析とは

国際熱測定連合(ICTAC)によると、熱分析とは、物質の温度を温度プログラムの制御下で変化させながら、物質の物理特性を時間の関数として測定する一連の手法です。

 

熱分析のさまざまな手法について

熱分析は一連の補完的な手法で構成されています。選択する手法は、研究対象の特性によって異なります。測定手法:

  • 示差走査熱量測定(DSC): プログラムに従ってサンプルに一定速度で温度変化を加えながら、サンプルの比熱容量変化を測定します。センサの出力はワット(W)です。
  • 熱重量分析(TGA): プログラムに従ってサンプルに一定速度で温度変化を加えながら、サンプルの重量変化を測定します。センサの出力はミリグラム(mg)です。
  • 熱機械分析(TMA): プログラムに従ってサンプルに一定速度で温度変化を加えながら、サンプルの寸法変化を測定します。センサの出力はマイクロメートル(µm)です。
  • 動的機械分析(DMA): 材料の弾性率(貯蔵/損失、単位: パスカル(Pa))を時間/温度/周波数の関数として測定します。他に、単位を持たない値である減衰係数(損失正接)の計算値も出力されます。
  • 熱光学分析(TOA): 熱分析測定中の物理的影響を視覚的に観察できます。光学機器は、ホットステージだけでなく、DSCやHP DSCにも追加できます。

 

熱分析の対象となる熱事象と材料特性

熱分析は、ガラス転移(Tg)、融点(Tm)、蒸発、結晶化、相転移、分解、熱膨張係数、歪変化、弾性率(G’)、損失弾性率(G’’)、減衰係数(損失正接)、反応熱量(エンタルピー)と反応速度、添加剤の影響、組成、熱安定性、軟化温度、硬化反応など、特性や遷移の測定に役立ちます。