示差走査熱量測定(DSC) - メトラー・トレド
オンデマンドウェビナー

示差走査熱量測定(DSC)

オンデマンドウェビナー
示差走査熱量測定(DSC)は、その他のTGA、TMA、 DMAと並行して最も頻繁に使用されている熱分析テクニックです。DSCは温度または時間の関数として材料の物理的、化学的特性の変化によるエンタルピーの変化を測定するために使用されます。この手法により、材料の特定と特性評価が可能です。 示差走査熱量測定は、迅速で感度が高く、簡単な操作が可能です。このウェビナーではDSCの基本原理を説明し、いくつかのアプリケーションを紹介します。
English

DSCは、熱量の測定、熱工程の研究、材料の特性評価または単純に材料の比較をする際の手法の一つです。サンプルの前処理は簡単でわずかな量の材料しか必要としません。この手法は品質管理、材料の開発、材料の研究に最適です。

DSCは一般的に、高分子化合物、例えば熱可塑性物質、熱硬化性樹脂、エラストマー、接着剤、食材、医薬品、化学物質の分析や研究に使用されます。この手法により、材料の処理とアプリケーション条件、品質、不良品、識別、安定性、反応性、化学的安全性、純度に関連する重要な情報を得ることができます。

 

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.