熱分析を使用した安全性試験 - メトラー・トレド
オンデマンドウェビナー

熱分析を使用した安全性試験

オンデマンドウェビナー

過去数十年の間に、いくつかの化学品製造プラントで重大な事故が起き、多くの犠牲者と環境への深刻な影響を引き起こしました。このような事故の多くが、熱暴走反応が主な原因でした。熱分析と反応熱量測定を用いることで、化学物質と化学プロセスの熱的安定性について評価することができ、熱的危険性をプロセス開発の初期段階に評価することができます。

このウェビナーでは、有害化合物を調査し、安全性試験を実施するために熱分析がどのように応用されているかを説明します。また、DSCとTGAによって測定されるサンプルの一般的な例を紹介します。

English

熱分析と反応熱量測定は、化学物質や化学プロセスの熱的安定性を評価するために使用される有望なスクリーニング技術です。これには、関連する反応エンタルピーの測定や熱暴走(最大反応速度までの時間、TD24)の反応速度論への洞察の提供などが含まれています。このようなデータをベースにして、化学物質や化学プロセスの臨界が推定できます。

このウェビナーでは、熱分析をベースにした関連する安全性試験技術といくつかの典型的なアプリケーションを紹介します。

ウェビナーのトピック:

  • 安全性試験の基本概念:
    • 最大反応速度までの時間
    • 反応の臨界
  • 熱分析と反応熱量測定のアプリケーション
  • 装置とアプリケーション
    • 示差走査熱量測定(DSC)
    • 熱重量分析(TGA)
  • まとめ

ウェビナーの参加方法

ウェビナーにご登録いただきますと、ウェビナーに参加するために必要な情報を開催の数日前までにメールにてご連絡いたします。
当日は、英語でのプレゼンテーションの後、メトラー・トレドのアプリケーション担当者との質疑応答セッションもご用意しています。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.