はかり・天びん用の点検用分銅 | メトラー・トレド

はかり・天びん用の点検用分銅(単品)

最高の耐腐食性を備えた幅広い分銅

当社のステンレス鋼製の点検用分銅には、調整孔付き/なしのノブ付き分銅、質量がミリグラム領域の線状分銅または板状分銅があり、高品質なオーステナイト鋼製で、分銅の耐用期間にわたり最高レベルの耐腐食性を発揮します。 当社独自の製造プロセスでは、減圧状態での鋼の溶融(E1等級)、最終段階の電解研磨、全自動の清掃プロセス、そしてマスコンパレータを用いた最終校正が行われます。

価格に関するお問い合わせ
View Results ()
Filter ()

比較に他の1つまたは2つの製品を追加します

メトラー・トレドの点検用分銅の利点

Test Weights for Balances

天びんの点検用分銅

当社のステンレス鋼製の点検用分銅には、調整孔付き/なしのノブ付き分銅、質量がミリグラム領域の線状分銅または板状分銅があり、高品質なオーステナイト鋼製で、分銅の耐用期間にわたり最高レベルの耐腐食性を発揮します。 当社独自の製造プロセスでは、減圧状態での鋼の溶融(E1等級)、最終段階の電解研磨、全自動の清掃プロセス、そしてマスコンパレータを用いた最終校正が行われます。 ASTM等級1~4、1mg~20kg、OIML等級E1、E2、F1、F2、M1、1mg~20kg(50kg)

Calibration Certificate Needed?

校正証明書は必要ですか?

質量計(計量器)の性能のモニタリングは、一般的にGMPなどの標準や社内の品質保証部門で必要とされる作業です。 たとえばISO 9001に準じた業務では、計量のトレーサビリティを文書化することが要求され、証明書付きの点検用分銅が必要になります。 メトラー・トレドの校正ラボによる校正証明書は、ISO/IEC 17025に準じて作成されており、計量トレーサビリティ要件を満たしています。 一方で特定のケースでは、証明書なしの点検用分銅の使用も許容されます。 特定の要件に応じて、証明書あり、なしの点検用分銅をお選びください。

分銅の保護と維持

分銅の保護と維持

分銅の健全性を保護し、長期にわたり寿命を維持するために、分銅は堅牢で清掃しやすいプラスチック容器に入れて提供されます。 内部緩衝材などの保護材により、分銅が長持ちします。

天秤のマーケットリーダーによるサービスをご希望ですか?

FAQs

単品の点検用分銅は、校正証明書が付属するものと付属しないもののどちらでも購入できますか?

はい。単品の点検用分銅は、校正証明書が付属するものと付属しないもののどちらもご購入いただけます。

ミリグラム分銅(mg)は板状と線状のどちらですか?

分銅の等級によって異なります。 E1とE2はすべて線状分銅です。F1は線状と板状から選択可能で、F2とM1はすべて板状分銅です。

単品の点検用分銅のOIMLまたはASTM等級の範囲を教えてください。

OIML等級の範囲はE1~M1、ASTM等級の範囲は1~4です。

単品分銅はすべてモノブロック分銅ですか?または調整孔がありますか?

E1、E2等級の分銅はすべてモノブロックです。F1等級の分銅はモノブロックか、調整孔付きかを選択できます。 一方、F2とM1の分銅にはすべて調整孔があります。