産業用金属検出システム | Safeline金属検出器 | MT

金属検出 – Safeline

食品/医薬品アプリケーションにおける金属混入物の
検出と排除

産業用金属検出器/金属検出システムは、生産ラインの金属混入物を安全に検出して排除できるため、メーカーがコンプライアンスを達成し、製品リコールのリスクを最小限に抑え、製造のダウンタイムを削減する上で役立ちます。金属検出システムは、幅広い食品、非食品、医薬品アプリケーションで利用できます。当社のポートフォリオには、トンネル/スロート金属検出器、重力落下、パイプライン、製薬、コンベヤ式金属検出システムが含まれます。

検索条件:すべてをクリア

比較

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQs

産業用金属検出器とは?

産業用金属検出器または金属検出システムは、食品原料や加工済み食品、または非食品製品や医薬品の金属混入物を調べ、汚染された製品を不良品として生産ラインから安全に取り除きます。食品加工会社は、食品安全性標準、小売店の行動基準、法規制に準拠するために産業用金属検出器を使用します。

HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)の監査は、金属検出器の最適な設置場所を示す重要管理点を確立する予定です。

産業用金属検出器の機能とは?

大半の産業用金属検出器は平衡コイルシステムを採用しています。3本のコイルが非金属製フレームに巻き付けられ、各コイルは他の2つのコイルと厳密に平行になっています。金属検出器の動作については、当社の金属検出ガイドで詳しく説明しています。詳細は、このガイドの8ページ以降をご覧ください。

関連コンテンツ:

 

金属検出器の感度は?

産業用金属検出器の感度は、アプリケーション、金属検出器のメーカー、金属検出器自体によって大きく異なります。感度性能は、特定のタイプの金属からなる球の直径を使用して測定します。トンネル金属検出器の開口部中央にこの球を置いたときに、これを高い信頼性で検出できなければなりません。トンネル金属検出器は、開口部のサイズが大きくなるほど感度が下がります。

菓子やシリアルなどの乾燥した製品は比較的検出が容易です。高/超高同調周波数(通常は800kHz以上の領域)で動作する検出器は全体的に感度が高く、特にステンレス鋼タイプの混入物の検出に優れています。

精肉、鶏肉、チーズ、魚、金属フィルム梱包製品など、湿った製品や導電性の製品を検出する場合は状況が異なります。検出器内で湿った製品自体が「製品効果信号」を生成します。この信号は検査を開始する前に相殺しなければなりません。 革新的な同時マルチ周波数テクノロジーを製品信号抑制アルゴリズムと組み合わせて使用すると、製品効果を解決し、非常に小さい金属混入物を検出することができます。

関連コンテンツ:

 

 

このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。