X線検査 | 食品X線検査システム

Safeline X線検査システム

製品の安全性と品質管理の向上

メトラー・トレドのSafeline X線は、ガラス、金属、鉱物、石灰化骨、高密度プラスチックなど、高密度の汚染物質について卓越した異物検出を行う、食品/製薬アプリケーション向けの幅広いX線検査ソリューションを提供します。X線検査システムを生産ライン全体で使用すると、入荷品やプロセス中の製品、またポンプやコンベヤで処理中のあらゆるタイプの製品を、包装の状態にかかわらず検査できます。

検索条件:すべてをクリア

比較

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQs

食品/医薬品の生産ラインでX線検査システムを使用するメリットは何ですか?

食品/医薬品メーカーは、X線検査システムを使用して製品の品質と安全性を最大化しています。高度なシステムは、製品中の異物を検出できるだけではなく、それと同時に幅広いインライン品質管理チェックも実施できます。X線検査システムを設置すると、ブランドとメーカーの評判を守りながら、大きなコストが発生する可能性のある製品リコールのリスクを回避できます。

関連コンテンツ:

X線検査システムでどのような汚染物質を検出できますか?

X線検査は、あらゆる金属、ガラス、鉱物、石灰化骨、高密度プラスチック、ゴムなど、幅広い高密度の異物を非常に効果的に検出します。汚染物質の特定に加えて、X線システムは、ゾーン質量や総質量の測定、不足部品や破損部品の特定、充填レベルの検出、シールに挟まれた製品の検出、損傷した製品や包装のチェックなど、幅広いインライン品質管理チェックにより製品の完全性を確認できます。

関連コンテンツ:

食品または医薬品製品でX線検査を使用する場合の安全性はどの程度ですか?

食品/製薬業界のX線検査に使用する線量レベルはきわめて低く、製品の安全性、風味、食感には影響を与えません。X線検査は厳しい規制条件の下で使用されており、ますます一般的になっています。現在のX線システムは、推奨する安全性ガイダンスに従った作業環境の中では完全に安全です。 

関連コンテンツ:

メーカーは製造プロセス内のどのポイントにX線システムを設置する必要がありますか?

X線システムは、入荷原料の検査を行うプロセスの開始時点に設置することも、製造プロセス中の任意の段階や生産ラインの最後に設置することもできます。HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Points)プロセスを使用することは、製品中の汚染物質を防ぐための最も確実な方法です。メーカーは製造プロセスのレビューを実施し、製品の安全性に対するリスクを特定しなければなりません。異物のリスクが特性された場合はCCP(Critical Control Point)を確立する必要があります。多くの場合、製品に価値を付加する前に汚染物質を特定・除去するために、これは製造プロセスの早い段階で行うことができます。これ以外の状況では、製造中や、製品出荷前の製造プロセスの最後の段階で検出する方が現実的な場合もあります。

関連コンテンツ:

X線検査は総合設備効率(OEE)をサポートし、製造効率を向上できますか?

総合設備効率(OEE)は性能の主要な尺度です。OEEのモニタリングに必要な情報は、X線品質検査システムから簡単に取得できます。メトラー・トレドのSafeline X線は、以下のような多くの方法でOEEに貢献しています。

  • スループットの最大化
  • 堅牢な機器設計
  • すばやい製品の切り替えと新製品の設定
  • ラインを停止する必要がない、インラインで実行できる性能適格性評価ルーチン(PVR)の向上
  • ディスプレイ上の/リモートの統計データ

関連コンテンツ:

誤不良判定率(FRR)

誤不良判定率(FRR)は、生産ラインで間違って不良品判定を受けた割合として定義されています。メトラー・トレドの高度なX線検査ソフトウェアによって製品の構成と切り替えが自動化されるため、卓越した検出感度レベルが確保され、誤不良判定が最小限に抑えられます。

関連コンテンツ:

X線検査は新しい業務のセキュリティ確保に役立ちますか?

X線検査システムを企業全体の製品検査プログラムに組み込み、製品の安全性と品質を確保することで、食品メーカーは国内外の規制、地域の法律、小売業者が設定した標準を遵守し、新たな取引市場を開拓することができます。

関連コンテンツ:

X線検査または金属検出システムを生産ラインに設置する必要はありますか?

X線システムと金属検出器から最も適切な技術を選択するには、製造中の製品と考えられる汚染物質のタイプが役立ちます。HACCPレビューの結果を考慮する必要があります。異なるCCP(Critical Control Point)で両方の技術を使用することが最適な場合もあります。 

関連コンテンツ:

X線システムのサービスには大きなコストが必要ですか?

X線システムの購入時にはサービス契約も含めなければなりません。性能適格性評価を含むX線システムの定期的なサービスでは、システムが最適な性能レベルで動作していることを確認します。これにより食品の安全性の問題を防ぐことができます。予防保守によって、メーカーは予期しないメンテナンスによるダウンタイムの問題を回避できます。

メトラー・トレドの全X3000システムのX線発生装置には、サービス契約のご購入時に5年間の保証が提供されます。X線装置の最も重要な部分が保護されるため、メーカーは、最大の製造稼働時間が保証されることに確信を持てます。

メトラー・トレドのSafeline X線を購入する必要があるのはなぜですか?

メトラー・トレドは、食品/製薬業界や包装業界向けのX線検査の分野で市場をリードしています。 メトラー・トレドには、包装のない製品に加え、ガラス瓶、金属缶、その他の小売り向け包装など、幅広い包装済み製品向けに製品検査ソリューションを提供してきた経験があります。 

サービスエンジニアのグローバルなネットワークにより、検査システムの性能を最適化する方法について、いつでもメーカーにガイダンスを提供することができます。メトラー・トレドは、X線装置のライフサイクルを通じてサポートとサービスを提供します。 

関連コンテンツ:

このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。