研究室と移動先でのアプリケーションに適したpHメータ
 
メニュー
pHメータとセンサ

pHメータ

研究室や現場利用向けの幅広いpHメータと導電率計

pH meters
pHメータ
pHメータ
pHメータ

卓上型pHメーター

ポータブルpH計

電極

使いやすく直感的に操作できるシングル/マルチチャンネル測定機器は、高い精度と確実なコンプライアンスを実現します。
シングル/デュアルチャンネルのポータブル型pHメータは、堅牢で人間工学的なデザインに基づいています。研究室、生産ライン、移動先の現場でのモバイルpH測定に完璧に対応します。
高品質な各種電極は、pH、ORP、導電率、イオン濃度、溶存酸素など幅広いアプリケーションと測定パラメータに対応します。
pH標準液、標準液、電解液
pHメータ
pHメータ

pH標準液、pH電解液

pH測定自動化とソフトウェア

pH測定用アクセサリ

校正、検証、メンテナンス用の標準液は、高い測定精度と稼働時間延長に貢献します。
ソフトウェアと自動化ソリューションは、生産性や測定結果の信頼性を高め強固なコンプライアンスを実現します。
ワークフローをサポートする周辺機器 - 人間工学的な電極ホルダ、マグネチックスターラー、パラメータ拡張モジュール、プリンタ、バーコードリーダーなど。
pHメータ

使いやすく直感的に操作できるシングル/マルチチャンネル測定機器は、高い精度と確実なコンプライアンスを実現します。

pHメータ

シングル/デュアルチャンネルのポータブル型pHメータは、堅牢で人間工学的なデザインに基づいています。研究室、生産ライン、移動先の現場でのモバイルpH測定に完璧に対応します。

pHメータ

高品質な各種電極は、pH、ORP、導電率、イオン濃度、溶存酸素など幅広いアプリケーションと測定パラメータに対応します。

pH標準液、標準液、電解液

校正、検証、メンテナンス用の標準液は、高い測定精度と稼働時間延長に貢献します。

pHメータ

ソフトウェアと自動化ソリューションは、生産性や測定結果の信頼性を高め強固なコンプライアンスを実現します。

pHメータ

ワークフローをサポートする周辺機器 - 人間工学的な電極ホルダ、マグネチックスターラー、パラメータ拡張モジュール、プリンタ、バーコードリーダーなど。

サービス

サービスプログラムの紹介 – 機器に合わせたカスタマイズ

メトラー・トレドは、設置から予防保守、機器校正、修理まで、お客様の測定機器のライフサイクル全般にわたって、サービスサポートをご提供します。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

関連文書

製品パンフレット
ホワイトペーパー

FAQ(よくある質問)


 

1. pHメータとは?

pHメータは、溶液中の 水素イオンの活性を測定するために使用する科学機器で、測定値はpHで表されます。 pHの測定は、多くの分野で採用される手法で、研究室での測定からプロセスアプリケーションまで幅広い領域に及びます。 メトラー・トレドのpH測定機器では、導電率、イオン濃度、ORP、溶存酸素など、他の重要なパラメータも測定できます。 このページは、各種のラボ用pHメータとその用途を紹介します。


 

2. pH指示薬(インジケータ)と比較した、pHメータの利点とは?

pHを測定するには主に2つの手法があります。pHインジケータとpHメータです。 ただし、この両方が同じ正確度と品質レベルを提供できるわけではありません。 広く使用されているこれら2つの方法の特徴を以下に示します。

pHインジケータストリップ
ラボ用pHメータ


 

3. デジタルpH測定機器はどのように機能しますか?

pHメータでは、参照電極(CalomelまたはAg/AgClなど)とpH電極(ガラス電極)の間の電位差を測定します。 2つの電極間の電位差は、溶液中のH+イオンの濃度に関係しています。 このため、電位差は溶液の酸性度/pHに対応します。


 

4. pH測定システムの構成要素とは?

pH測定に必要なツールは比較的簡素で、正しく使用すれば信頼性の高い測定結果を得られます。 一般的なpHメータには2つの主なツールが必要です。

pH測定システム


 

5. pH測定機器にはどのような種類の用途がありますか?

pH測定機器は、次のように多くの分野でさまざまな用途に使用されます。

農業
食品・飲料
水質分析
製薬分析
塗料、顔料、染料
化粧品・芳香料
電気めっき


 

6. 用途に適したpHメータはどのように選択しますか?

主に用途のタイプ(移動先または研究室)に応じて選びます。 用途とそのニーズに基づいて、メータは次のように分類されます。

卓上型pHメータ
ポータブル型pHメータ


 

7. メトラー・トレドのpH測定機器はコンプライアンスをサポートしますか?

はい。当社pHメータには、非常に厳格なコンプライアンス要求に適する特別な設計機器もございます。 当社LabX® PCソフトウェアには、コンプライアンスの万全なサポートに必要なあらゆる要素が含まれています。


 

8. メトラー・トレドは設置時適格性評価をサポートしますか?

はい。当社は専門スタッフによる据付、適格性評価、校正サービスを提供しています。 これらのサービスにより正確で精度の高い測定を保証し、品質監査時に想定されるコンプライアンスの課題についてもユーザーに安心をお届けします。


 

9. pHメータには校正が必要ですか? 校正はどうすればより適切に実施できますか?

はい。校正により、機器が正しく機能していることを判定可能です。 校正は電極の傾きとオフセットを当該測定システムで本来あるべき値に調整するために必要となります。 定期的に校正を行うことで、機器を信頼して測定を行うことができます。

pHメータは、既知のpH値を持つ適切なラボ用校正標準液を使用して校正します。 校正頻度は、メータの使用状況や用途によって決まります。 詳しくは、次の校正ビデオをご覧ください。

pH校正: 便利なハウツーガイド

pH校正: 便利なハウツーガイド


 

10. シングルまたはマルチパラメータどちらのpHメータを使用すればよいですか?

それは用途によります。 専用のシングルチャンネルメータは、次のような特定のパラメータ1つを測定するために使用します。

a. pH
b. ORP
c. イオン濃度
d. 導電率
e. 溶存酵素

一方で、マルチパラメータの測定機器では、複数のパラメータを同時に測定できます。 また、このタイプの機器にはさまざまなパラメータの組み合わせがあります。 このメータにより、同じサンプルで複数のパラメータを同時に測定可能です。


 

11. 導電率計は何に使用しますか?

導電率計は、溶液の導電率、つまり電気伝導度の量を測定します。 導電率は重要なパラメータであり、水質分析、食品・飲料、エレクトロニクス、製薬などの業種で各種の用途があります。


 

12. pH測定機器は他の言語に対応しますか?

はい。メトラー・トレドは13の言語に対応する測定機器を提供しています。 本機器は多くのユーザー言語に対応可能なため、メニューから正しい設定を簡単に選択できます。 現在、当社製品は英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語、中国語、日本語、韓国語、ポーランド語、タイ語、トルコ語に対応可能です。


 

13. メトラー・トレドのpHメータは、水しぶきにどの程度の防水性がありますか?

当社卓上型メータの本体と接続部は防水仕様のため、耐用年数も長いです。 防塵防水とともに、清掃も湿った布で拭くだけで簡単です。 同様に、当社のポータブル型メータは完全防水型で、過酷な厳しい現場での用途に耐えるように作られています。

デジタルpHメータ
デジタルpHメータ


 

14. 測定機器から直接データを印刷出力して取得できますか?

実際に、当社のメータには測定結果などの情報をRS-P25やUSB-P25などの小型プリンタで印刷できる機器があります。


 

15. メトラー・トレドのpHメータではオートメーションがサポートされますか?

はい、オートメーションは研究室の生産性と効率性を高めるための最適なオプションです。 詳しくはこちらをクリックしてください。


 

16. どのようなサポートオプションが利用可能ですか?

メトラー・トレドのpH測定・サポートセンター(pH CSC)には、直接電気化学分析専門のスタッフチームがおります。このチームは、お客様、テクニカルサポート、製品管理や製品開発部門と密接に連絡を取りながら、効果的なソリューションを迅速に提供し、pH分析の分野ではユニークな存在としてサービスを展開しています。

提供されるテクニカルサポートや実用的なサポートには、以下の測定パラメータや関連するメトラー・トレドのpH測定ラボ用機器が含まれます:

  • pH
  • 酸化還元(ORP)
  • イオン濃度(ISE)
  • 導電率
  • 溶存酸素(DO)


 

17. 研究室で使用しているデジタルpH測定機器と併用できるオプションのアクセサリには何がありますか?

機能強化のため、次のアクセサリをpHメータとともに使用します。

  • 電極アーム(大半の卓上型メータキットに付属)
  • マグネチックスターラー
  • プリンタ
  • バーコードリーダー
Know the Risk of Your pH Measurement
Ion Selective Electrode Guide – Theory and Practice
How to Measure pH in Small Samples
pH Theorie Guide
pH Toolbox for Life Sciences
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.