FTIR | In Situフーリエ変換赤外分光法
FTIR

フーリエ変換赤外分光分析計 FTIR

反応速度、反応機構。反応経路の理解と反応変数の最適化

FTIRサンプリング技術

フーリエ変換赤外(FTIR)分光法
クラス最高のパフォーマンス
FTIRソフトウェア
FT-IRプローブ
ラボから生産現場まで対応するFTIR
FTIRの専門的なノウハウ

フーリエ変換赤外(FTIR)分光法
ReactIR 702L

FTIR またはラマン分光法
HPLCサンプルFTIR

モデル/仕様

リアルタイムの化学反応のモニタリング

 
モデル/仕様
フィルター:
フィルター
すべてをクリア
 
対象
品番: 30456495
詳細をご覧ください
対象ラボスケール
ソフトウェアiC IR
検出器TE MCT
光学レンジ(本体)4000 - 800 cm-1
パージパージ不要
寸法234 mm
重量4.2 kg
データ通信USB
分解能4 cm -1  (通常)
光学レンジ(プローブに依存)2500-650 cm-1 最大 (ファイバープローブ); 4000 – 650 cm-1 (Sentinel); 4000 - 650cm-1 (Flow cell)
接液部の材質Alloy C-22; ダイアモンドまたはシリコン; 金または PTFE
圧力上限(最大)69bar (6.3 & 9.5mm ファイバープローブ); 35bar (Micro Flow Cell); 206bar (センチネル)
温度上限(最大)180°C (ファイバープローブ); 60°C (ミクロフロー セル); 300°C (センチネル)
安全性認証NRTL/C: UL 61010-1, CSA 22.2 No. 61010-1, EN 61326; CE: EN/IEC 61010-1:2012, IEC 61326
pH範囲(プローブに依存)1-14 (ダイアモンド); 1-9 (シリコン)
品番: 14000003
詳細をご覧ください
対象ラボスケール
ソフトウェアiC IR
検出器LN2 MCT; SE MCT
光学レンジ(本体)TE MCT : 4000 – 800 cm-1 LN2 MCT : 4000 – 650 cm-1
パージパージ不要
寸法249 mm
重量9 kg
データ通信USB 2.0
分解能4 cm -1  (通常)
光学レンジ(プローブに依存)2500-650 cm-1 最大 (ファイバープローブ)
接液部の材質Alloy C-22; ダイアモンドまたはシリコン; 金
圧力上限(最大)69bar (6.3 & 9.5mm ファイバープローブ); 107bar (センチネル)
温度上限(最大)180°C (ファイバープローブ); 200°C (センチネル)
 EMC 指令 2004/109/EC、低電圧指令 2006/95/IEC
pH範囲(プローブに依存)1-14 (ダイアモンド); 1-9 (シリコン)
品番: 14000003
詳細をご覧ください
対象ラボスケール
ソフトウェアiC IR
検出器LN2 MCT; SE MCT
光学レンジ(本体)TE MCT : 4000 – 800 cm-1 LN2 MCT : 4000 – 650 cm-1
パージパージ不要
寸法249 mm
重量9 kg
データ通信USB 2.0
分解能4 cm -1  (通常)
光学レンジ(プローブに依存)2500-650 cm-1 最大 (ファイバープローブ)
接液部の材質Alloy C-22; ダイアモンドまたはシリコン; 金
圧力上限(最大)69bar (6.3 & 9.5mm ファイバープローブ); 107bar (センチネル)
温度上限(最大)180°C (ファイバープローブ); 200°C (センチネル)
 EMC 指令 2004/109/EC、低電圧指令 2006/95/IEC
pH範囲(プローブに依存)1-14 (ダイアモンド); 1-9 (シリコン)
品番: 14170003
詳細をご覧ください
対象ラボスケール
ソフトウェアiC IR
検出器LN2 MCT
光学レンジ(本体)TE MCT : 4000 – 800 cm-1 LN2 MCT : 4000 – 650 cm-1
パージMin: 4.7Lpm (10scfh), Range: 4.1 to 6.9 barg (60 to 100 psig)
寸法279 mm
重量16 kg
データ通信USBケーブル
分解能4 cm -1  (通常)
光学レンジ(プローブに依存)2500-650 cm-1 最大 (ファイバープローブ); 4000 – 650 cm-1 (Sentinel)
接液部の材質Alloy C-22; ダイアモンドまたはシリコン; 金
圧力上限(最大)107bar (センチネル); 69bar (6.3 & 9.5mm ファイバープローブ)
温度上限(最大)180°C (ファイバープローブ); 200°C (センチネル)
 EMC 指令 2004/109/EC、低電圧指令 2006/95/IEC
pH範囲(プローブに依存)1-14 (ダイアモンド); 1-9 (シリコン)
品番: 14474487
詳細をご覧ください
対象ラボ、パイロット、プラントスケール
ソフトウェアiC IR; iC Process
検出器DTGS; SE MCT
光学レンジ(本体)TE MCT : 4000 – 800 cm-1 LN2 MCT : 4000 – 650 cm-1
パージMin: 4.7Lpm (10scfh), Range: 4.1 to 6.9 barg (60 to 100 psig)
寸法310 mm
重量37 kg
データ通信イーサネット TCP/IP
分解能4 cm -1  (通常)
光学レンジ(プローブに依存)2500-650 cm-1 最大 (ファイバープローブ); 4000 – 650 cm-1 (Sentinel)
接液部の材質Alloy C-22; ダイアモンドまたはシリコン; 金
圧力上限(最大)107bar (センチネル); 69bar (6.3 & 9.5mm ファイバープローブ)
温度上限(最大)180°C (ファイバープローブ); 200°C (センチネル)
 エリア分類 – NON-HAZARDOUS, MET Mark E112462, UL61010-1 & CSA C22.2 No. 61010-1
pH範囲(プローブに依存)1-14 (ダイアモンド); 1-9 (シリコン)
品番: 14474485
詳細をご覧ください
対象ラボ、パイロット、プラントスケール
ソフトウェアiC IR; iC Process
検出器DTGS; SE MCT
光学レンジ(本体)TE MCT : 4000 – 800 cm-1 LN2 MCT : 4000 – 650 cm-1
パージMin: 4.7Lpm (10scfh), Range: 4.1 to 6.9 barg (60 to 100 psig)
寸法310 mm
重量45 kg
データ通信LC 終端イーサネット TCP/IP、デュプレックス光学式 ファイバー
分解能4 cm -1  (通常)
光学レンジ(プローブに依存)2500-650 cm-1 最大 (ファイバープローブ); 4000 – 650 cm-1 (Sentinel)
接液部の材質Alloy C-22; ダイアモンドまたはシリコン; 金
圧力上限(最大)107bar (センチネル); 69bar (6.3 & 9.5mm ファイバープローブ)
温度上限(最大)180°C (ファイバープローブ); 200°C (センチネル)
 エリア分類 – HAZARDOUS, MET Mark E112462, UL61010-1 & CSA C22.2 No. 61010-1; ATEX listing - TRAC12ATEX0001X, Equipment marking - Ex d op pr px [ia IIC] IIB+H2 T4 Gb; NFPA 496, Class I, Division 1, Groups B, T4
pH範囲(プローブに依存)1-14 (ダイアモンド); 1-9 (シリコン)
品番: 304725451
詳細をご覧ください
対象実験室: EasyMax/OptiMax
ソフトウェアiC Raman 7
検出器2段階のTE冷却CCD
光学レンジ(本体)100cm-1~3200cm-1
比較

関連文書

化学反応のモニタリングに対応するFTIR

データシート

ReactIR 15(日本語版)
反応開始、中間体の生成、反応終点の同定および反応率など、反応進行に関する情報をリアルタイムに測定可能。
ReactIR 45m(日本語版)
リアルタイム in situ 中赤外分光分析システム。反応条件下で原料、中間体、生成物の生成、消失挙動をリアルタイムに追跡可能。
ReactIR 45P プラントスケールのIn Situ FTIR(日本語版)
プロセスタイプの in situ FTIRによりラボからパイロット、そして生産現場へのスケールアップを成功に導きます。反応をより深く理解し、プロセスの異変をリアルタイムに検出することに加え、反応進行状況の確認、反応開始点と終点の判断に用いられます。
ReactIR サンプリング技術(日本語版)
ReactIR in situ サンプリング技術は、幅広いバッチおよび連続反応条件での利便性を実現します。
ReactIR IPA(機器性能保証)モジュール(英語版)
ReactIR 波数の精度を検証して、NIST(米国標準技術局)によって認証されているポリスチレン基準に校正して、データ精度を維持します。
ReactIR 702L(日本語版)
ReactIR は反応経過を研究するための装置です。反応の始点・終点・変換率・速度・メカニズム・経路に関する詳細な情報を得ることができます。ReactIRは中赤外分光スペクトルをリアルタイムかつin situで連続的に採取しますので、反応のキーパラメータ、および反応中の濃度変化をダイレクトに捉えるこ...

ReactIRの引用

ReactIR Citation List
Continuous measurements from infrared spectroscopy are widely used for obtaining reaction profiles, which are used to calculate reaction rates. This...

パンフレット

ReactIR Brochure
Understand reaction chemistry with ReactIR In Situ FTIR spectroscopy

アプリケーション

有機合成
有機合成に携わっている研究者は日々、革新的な化学反応やプロセスの研究開発を行っています。
化学プロセス開発とスケールアップ
堅牢性が高く持続可能な化学プロセスを設計し、パイロットプラントおよび実生産へのスケールアップを迅速化
プロセス分析技術(PAT)
プロセス分析技術(PAT)は、研究開発、スケールアップ、製造を変革します。PATは、生産性の概念を刷新し、安全性を向上し、迅速な問題解決につながる測定を可能にします。プロセス分析技術(PAT)のアプリケーション範囲は、化学反応のモニタリングから晶析、製剤、バイオプロセスまで多岐にわたります。
重合反応の測定
重合反応、反応メカニズム、速度論、反応性比、活性化エネルギーを測定し理解するために、通常の技法としてin situ FTIRを利用することで、多様な情報を含む総合的なデータを短時間で取得し高度な研究に活用できます。
発酵とバイオプロセス
生産性を最大化するためにリアルタイムで行うバイオプロセスの特性評価と最適化
貧溶媒の滴下による過飽和
貧溶媒晶析では、溶媒の滴下速度、滴下場所、攪拌が、容器やパイプライン内部での局所的過飽和に影響を与えます。科学者やエンジニアは、貧溶媒滴下プロトコルおよび過飽和度を調整することで結晶サイズと個数を変更しています。
温度が結晶のサイズと形状に与える影響
冷却プロファイルは、過飽和と晶析速度に大きな影響を与えます。最適な結晶の成長と核化のバランスが得られるように、結晶の表面積に合わせてプロセス温度を最適化します。高度な温度コントロールにより過飽和を制御することで結晶サイズや形状を変化させることができます。
反応速度論解析
in situの反応速度論解析では、反応成分の濃度依存性をリアルタイムで示すことにより、反応機構と反応経路の理解を深めることができます。反応開始から終点までの連続的なデータを使用することで、より少ない実験回数で速度論解析を実施することができます。 RPKA(Reaction Progression...
晶析と沈殿
純度、収率、形状、粒度の仕様に適合した生成物を製造するための晶析と沈殿のスケールアップと最適化は、プロセス開発の中でも最も大きな課題の1つです。
触媒反応
触媒は反応の速度と結果を向上させるための別の反応経路をとるため、反応速度論を十分に理解することが重要になります。 反応速度に関する情報だけでなく、反応のメカニズムについての詳細な知見も得られます。触媒反応には、不均一系と均一系の2種類があります。 不均一系は、触媒と反応物が2つの異なる相に存在する系...
ラマン分光法
ラマン分光法は、晶析プロセスと結晶多形プロセスの研究に最適です。 ラマン分光法の仕組み、リアルタイムのIn Situ化学反応測定におけるラマン分光法に最適なアプリケーションについてお確かめください。

関連製品とソリューション

Reactor Systems for Chemical Synthesis
手法を統一にすることで研究開発の生産性が向上します。
EasySampler
このような課題を解決するために設計されたEasySamplerは、過酷な条件下においても反応からプロセスを代表的なサンプルを採取できる堅牢な自動インラインサンプリング装置です。
インライン粒度分布&形状分析装置
In Situ粒子計測(In Situ粒度分布計) : リアルタイム分析による粒子システムと液滴システムの理解、最適化および制御
反応熱量計RC1
スクリーニング、プロセス開発、プロセスの安全性確認のための反応熱量測定

ソフトウエア

iC IRソフトウェア
スペクトルデータによって、反応開始、終点、メカニズム、反応経路、反応速度など、化学的な理解が深まり、プロセスに関するより多くの情報が得られます。
iC Kinetics™ソフトウェア
反応の理解を助け、最適化へと導きます。
iC Processソフトウェア
研究室から製造環境への移管における制御パラメータをモニタリングできます。分散制御システム(DCS)に接続するための業界標準の通信プロトコルをサポートしています。
iC Data Center for OM/EM-1 Year
iCデータセンターは、Webベースの使いやすいインターフェイスで構成され、継続的なラボのモニタリングを実行できるため、組織内の知識管理を促進すると共に、研究者の生産性を向上する強力なツールです。

ポスター

Monitoring of Reaction Mechanisms
Data is collected in the mid-infrared spectral region, which provide a characteristic fingerprint absorbance that is associated with fundamental vibr...

サービス

サービスプログラムの紹介 – 機器に合わせたカスタマイズ

メトラー・トレドは、設置から保守点検、校正、機器の修理まで、お客様の測定機器のライフサイクル全般にわたってサービスサポートを提供いたします。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQ(よくある質問)

ReactIRについてのよくある質問

FAQ(よくある質問) / 修理依頼表 / 修理不能機種

FAQ(よくある質問) / 修理依頼表 / 修理不能機種

キャンペーン

キャンペーン

  • 現在実施中のキャンペーン一覧

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.