フローケミストリー | 連続フローケミストリーの利点

連続フロー合成

安全性の向上、サイクルタイムの短縮、品質と収率の向上

What is Flow Chemistry

What is Flow Chemistry
PATを使用したフローケミストリー
高発熱反応の連続フロー反応
発熱反応フローケミストリー
フローケミストリー用の機器
フローケミストリーによるプロセス開発のスピードアップ
フローケミストリーに関する資料
フローケミストリー用のマイクロフローセル
自動化された実験室のリアクタ
連続フローケミストリーの研究開発

アプリケーション

連続フローケミストリーのアプリケーション

有機合成
触媒反応、水添反応、ポリマー重合、およびその他の合成操作の最適化とスクリーニング

有機合成に携わっている研究者は日々、革新的な化学反応やプロセスの研究開発を行っています。

Impurity Profiling of Chemical Reactions
Continuous Automated Reaction Sampling Improves Productivity and Understanding for Chemists

Knowledge of impurity kinetics and mechanism of formation is important in determining reaction end-point in chemical and process development studies. Accurate, reproducible, and representative reactions samples are necessary for these studies.

反応速度論解析
化学反応の速度論解析と反応速度のインライン測定

in situの反応速度論解析では、反応成分の濃度依存性をリアルタイムで示すことにより、反応機構と反応経路の理解を深めることができます。反応開始から終点までの連続的なデータを使用することで、より少ない実験回数で速度論解析を実施することができます。 RPKA(Reaction Progression Kinetics Analysis)では、いくつかの濃度でのin situデータを使用し、実験全体の情報を捕捉することで、完全な反応挙動を正確に記述できます。

Crystallization and Precipitation
Optimize Crystal Size, Yield and Purity

Optimization and scale-up of crystallization and precipitation to produce a product that consistently meets purity, yield, form and particle size specifications can be one of the biggest challenges of process development.

Heat Transfer and Process Scale-up
How Heat Transport in Agitated Vessels Affects Process Scale-up

Scaling-up a chemical process from lab to manufacturing gives useful results only with accurate heat transfer coefficients. Measuring the jacket and reactor temperature (during the release of a well-defined amount of heat) allows researchers to accurately compute the thermal resistance which is used to model the heat transfer and make critical predictions for reactors at larger scale. Reaction calorimetry is essential to determine parameters that impact the heat transfer and the heat transfer coefficients to develop models to maximize the bandwidth of a manufacturing plant. 

Mass Transfer and Reaction Rate
Mixing in a Chemical Reactor and the Effect on Reaction Kinetics and Scale-up

Mixing is the reduction or elimination of inhomogeneity of phases that are either miscible or immiscible. Process scale-up and optimization require that the impact of mixing on the reaction rate be quantified. Automated, controlled experiments can be run in parallel in a laboratory reactor system to establish a mass transfer correlation, and provide a means to quickly adjust the gas/ liquid interface area and reactor volume. This achieves the desired conditions required for the scale-up or scale-down of a process.

有機合成

有機合成に携わっている研究者は日々、革新的な化学反応やプロセスの研究開発を行っています。

Impurity Profiling of Chemical Reactions

Knowledge of impurity kinetics and mechanism of formation is important in determining reaction end-point in chemical and process development studies. Accurate, reproducible, and representative reactions samples are necessary for these studies.

反応速度論解析

in situの反応速度論解析では、反応成分の濃度依存性をリアルタイムで示すことにより、反応機構と反応経路の理解を深めることができます。反応開始から終点までの連続的なデータを使用することで、より少ない実験回数で速度論解析を実施することができます。 RPKA(Reaction Progression Kinetics Analysis)では、いくつかの濃度でのin situデータを使用し、実験全体の情報を捕捉することで、完全な反応挙動を正確に記述できます。

Crystallization and Precipitation

Optimization and scale-up of crystallization and precipitation to produce a product that consistently meets purity, yield, form and particle size specifications can be one of the biggest challenges of process development.

Heat Transfer and Process Scale-up

Scaling-up a chemical process from lab to manufacturing gives useful results only with accurate heat transfer coefficients. Measuring the jacket and reactor temperature (during the release of a well-defined amount of heat) allows researchers to accurately compute the thermal resistance which is used to model the heat transfer and make critical predictions for reactors at larger scale. Reaction calorimetry is essential to determine parameters that impact the heat transfer and the heat transfer coefficients to develop models to maximize the bandwidth of a manufacturing plant. 

Mass Transfer and Reaction Rate

Mixing is the reduction or elimination of inhomogeneity of phases that are either miscible or immiscible. Process scale-up and optimization require that the impact of mixing on the reaction rate be quantified. Automated, controlled experiments can be run in parallel in a laboratory reactor system to establish a mass transfer correlation, and provide a means to quickly adjust the gas/ liquid interface area and reactor volume. This achieves the desired conditions required for the scale-up or scale-down of a process.

関連文書

連続フローケミストリーに関する資料

オンデマンドウェビナー

連続フローケミストリー
Snapdragon社のEric Fang氏が、バリューチェーン全体に連続フローケミストリーをいかに適用できるかについて解説します。連続フローケミストリーを創薬とその開発に、早期に導入することで、最高の価値をもたらすことができます。
プロセス開発のスピードアップ
連続プロセスに焦点を当てたプロセス開発では多くの場合、従来のバッチ反応で使用されるツールと同じものが利用できます。Nalas Engineeringは、in-lineとoff-lineの分析ツールによるデータに基づき、連続プロセスを開発しています。このウェビナーでは、PAT(Process Anal...
Using Data-Rich Experimentation to Enable the Development of Continuous Processes
David Ford of Nalas investigated an Oxidative Nitration reaction with a fast and highly exothermic oxidation step using reaction calorimetry and Proce...

ホワイトペーパー

連続反応最適化実験の高速分析(日本語版)
ホワイトペーパー – 連続反応最適化実験の高速分析 – は、化学反応を最適化する方法を説明します。 In situ 技術を採用したシステムでは、オフラインサンプリングが不要であるため、リアルタイムで構造情報をより速く得ることができ、安定状態に到達したことをすぐに判断できます。 インラインモニタリング...
In situ モニタリングが撮る化学反応の「分子の動画」(日本語版)
迅速かつ低コストで化学製品を生み出さなければならない研究者にとって「手間をかけずにいかに行うか」は普遍のテーマです。メトラー・トレドの新しい無料のホワイトペーパーでは、最適化するための反応条件をより短い時間で取得する方法について紹介しています。

データシート

ReactIR 702L(日本語版)
ReactIR は反応経過を研究するための装置です。反応の始点・終点・変換率・速度・メカニズム・経路に関する詳細な情報を得ることができます。ReactIRは中赤外分光スペクトルをリアルタイムかつin situで連続的に採取しますので、反応のキーパラメータ、および反応中の濃度変化をダイレクトに捉えるこ...

引用

ReactIR Citation List
Continuous measurements from infrared spectroscopy are widely used for obtaining reaction profiles, which are used to calculate reaction rates. This...

関連製品

連続フローケミストリー技術

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.