迷光と性能検証(英語版)
ホワイトペーパー

迷光と性能検証(英語版)

ホワイトペーパー

UV/VIS分光光度計の進化

迷光は光度測定の正確度と精度に影響を与える最も重要な要素の1つです。迷光テストの手順は現在、最も関心が寄せられ、幅広く議論されています。これは、米国薬局方が紫外線可視分光法に関するUSP 857章を導入し、迷光に対するテストを採用したためです。 

機器の性能は、測定の精度と繰返し性に直接影響を与える主な要因です。特に医療分野、製薬分野、産業分野における品質管理で重要なUV/VIS測定を行う場合、機器が仕様に従っていることが重要になります。薬局方の規制(USPまたはPh. Eur.)に従って作業を行っている研究室では、機器の性能を定期的にモニタリングして、証拠文書を用意することが重要です。 

 このホワイトペーパーでは、迷光の発生源と正確な測定方法に関して説明しています。迷光を測定するメソッドを現在と過去のバージョンの米国薬局方で比較し、新しいテストのメリットを紹介します。さらに、迷光に加え、重要な性能検証テストの自動測定についても解説します。 

目次

  1. UV/VIS分光光度計の光学性能
  2. 性能検証テストによる測定品質の評価
  3. 迷光とは
  4. 迷光の測定方法
  5. 特定波長メソッド(SWM)
  6. ソリューションフィルターレシオメソッド(Melienz)(SFRM)
  7. SWMとSFRMメソッドの評価
  8. SWM値とSFRM値における迷光値の相関
  9. さまざまな波長範囲で使用される迷光テスト用の素材
  10. 迷光を考慮した光学性能パラメータの自動測定
 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.