ラボ用ソフトウェアソリューション | メトラー・トレド

ラボ用ソフトウェアソリューション

ラボ用機器のネットワーク化による効率的なデータ管理

laboratory software solutions
LabXラボ用ソフトウェア
STARe Excellence熱分析ソフトウェア
自動リアクタとin situ分析のためのiCソフトウェア

LabXラボ用ソフトウェア

STARe Excellence熱分析ソフトウェア

自動リアクタとin situ分析のためのiCソフトウェア

LabX™ラボ用ソフトウェアは、メトラー・トレドの主要なラボ用機器をすべてネットワーク化し、シームレスな操作と効率的なワークフローを保証します。
ソフトウェアの高度な柔軟性と機能性は、最新の熱分析システムに不可欠なだけでなく、生産性の最大化にも重要な要素です。
iCソフトウェアはお客様の実験ワークフローを管理し、最も適切な意思決定の方法に基づいて、結果の視覚化、解釈、レポート作成を簡略化します。
LabXラボ用ソフトウェア

LabX™ラボ用ソフトウェアは、メトラー・トレドの主要なラボ用機器をすべてネットワーク化し、シームレスな操作と効率的なワークフローを保証します。

STARe Excellence熱分析ソフトウェア

ソフトウェアの高度な柔軟性と機能性は、最新の熱分析システムに不可欠なだけでなく、生産性の最大化にも重要な要素です。

自動リアクタとin situ分析のためのiCソフトウェア

iCソフトウェアはお客様の実験ワークフローを管理し、最も適切な意思決定の方法に基づいて、結果の視覚化、解釈、レポート作成を簡略化します。

FAQ(よくある質問)


 

1. メトラー・トレドのどのラボ用ソフトウェアソリューションを使用できますか?

メトラー・トレドは、天びんや分析機器用に加えて、熱/化学分析機器向けのラボ用ソフトウェアパッケージを開発しています。包括的なデータ管理と評価のための機能を提供し、ソフトウェアなしでは不可能な、または大幅に難しい特定のワークフローをサポートまたは可能にします。これらのソフトウェアソリューションは、LIMSやその他の既存のデータ管理システムに簡単に統合することができます。 


 

2. LIMSの他にソフトウェアをインストールするのはなぜですか?

LabX、STARe、iCといったメトラー・トレドのソフトウェアソリューションによって、メタデータを含むすべてのデータの正しい捕捉と転送が確実に行われます。これらのソフトウェアによってメソッドの設計とプログラミングが簡単になり、メソッドの導入がわかりやすくなります。また、これらのパワフルなプラットフォームは、それぞれがLIMSまたはERPに1つのインターフェイスを提供します。


 

3. ラボ用ソフトウェアはデータの管理にどのように役立ちますか?

電子データ管理は、結果の評価と管理のための最も効率的な方法です。 時間を大幅に短縮するだけではなく、転記ミスも回避することができます。さらに、未処理/処理済みのデータセット全体を1つのリポジトリに保存できるため、不完全なデータは過去のものとなりました。


 

4. 接続されたラボのメリットは何でしょうか?

機器をまとめてネットワークに接続することで、アセット全体を把握できるため、使用の準備が整った機器や校正またはサービスが必要な機器がわかり、統合レポートによってマルチパラメータデータを簡単に捕捉することができます。


 

5. ラボ用ソフトウェアはどのように、どこで使用できますか?

ラボ用ソフトウェアは、いつでも、どこでも、誰でも使用できます。 機器のネットワークが大きくなり、実行されているアプリケーションが増えるほど、ユーザやラボマネージャのメリットが大きくなります。


 

6. LabX、STARe、iCに共通するメリットは何ですか?

メトラー・トレドが誇る最高品質の3つのソフトウェアシステム、LabX、STARe、iCは、いずれも非常に高いレベルのセキュリティ、アッセイの標準化、規制遵守のサポートを提供するだけではなく、ラボの自動化も促進します。電子的なデータ管理と評価は、これらのソフトウェアソリューションが提供する多くのメリットのほんの一例です。

このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。