ピペット | マイクロピペット | レイニンの研究室用ピペット

ピペット

ライフサイエンス研究向け高精度の研究室用ピペット

ピペットは、特定の容量の液体を吸引・吐出するように設計された測定器具です。ピペットは、アカデミア、バイオテクノロジー、製薬やライフサイエンス研究ラボで世界的に使用されています。レイニンは、シングルチャンネル、マルチチャンネル、特殊ピペットなど、人間工学的なマイクロピペットを幅広く提供しています。

価格に関するお問い合わせ

FAQs

ピペットとは?

ピペットは、アカデミア、バイオテクノロジーや製薬、その他の研究室で日常的に使われています。ある容器から別の容器に正確な量の液体を移し替えることを目的とした手で操作する機器です。

ピペットの種類は、非常に基本的な目盛付きのガラス管から、ピペットチップを使用して、わずかマイクロリットルの単位で吸引・吐出が可能な非常に高精度な機器まで多岐にわたります。

世界中のライフサイエンス研究室で使用されている最も一般的なピペットは、シングルチャンネルの空気置換式ピペットです。レイニンのピペットには手動モデルと電動モデルがあります。さらに、シングルチャンネル、マルチチャンネル、マルチチャンネルアジャスタブルスペーサーピペットなどが用意されています。

ピペット
ピペットとは?

ピペットの操作方法

ピペットには、次の2つの種類があります。ポジティブディスプレイスメント式ピペット/空気置換式ピペット 一般的に、ポジティブディスプレイスメント式ピペットは高粘度サンプル(グリセロールなど)や蒸気圧の高いサンプル(アルコールのような揮発性物質など)に使用し、空気置換式ピペットは研究室のほとんどの用途に使用することができます。

最新のピペットはピストンストロークの原理を用いて操作し、ピペットのハンドルの中に組み込まれたピストンシリンダーシステムで液体を測定します。ピストンが押し下げられ、その後ゆっくりと解放されると、そのピストンの動きでピペットチップ内に真空が発生し、チップ内に液体が吸い上げられます。これを吸引と呼びます。

このとき、ピペット内のピストンはピストンと液体の間にあるエアークッションにより液体サンプルと離れているため、液体の種類によっては、このプロセスの正確さに多大な影響が現れる場合があります。ピペットチップに液体が満たされてからプランジャーを押し下げると、チップから液体が排出されます。これは吐出と呼ばれます。

ポジティブディスプレイスメント式のピペットは同じような原理で動きますが、このシステムのチップはピストンと一体型になっているため、ピストン(チップの一部)と液体表面の間のエアークッションは最小限しかありません。

ピペット
ピペットの操作方法

マイクロピペットとは?

マイクロピペットは、1~1,000 μLの容量範囲で液体溶液を測定および分注できるピペットです。一般的に、溶液の正確な測定と分注が必要となるライフサイエンス関連の研究で使用されています。

ピペッティングの正確さと精度とは?

ピペッティングの正確さとは、ピペットが容量設定で指定した容量を吐出する能力のことです。言い換えると、真の値に対する測定の真度です。これはシステム内の要素の相互作用によって決まります。

ピペッティング精度とは、液体を複数回吐出したときにピペットが一貫して同じ容量を吐出する能力のことです。何度も同じ容量を吐出した場合、ピペットの精度は保たれていても、正しい容量を吐出できなければ正確ではないことになります。正確で精度の高いピペットは、何度吐出を繰り返しても毎回目的の容量を吐出します。

ピペット、ピペットチップ、ピペットを操作する人(ピペットオペレーター)が3つの重要な要素です。ピペットを使用して研究を行うピペットオペレーターは結果の正確さに非常に大きな影響を与えます。したがって、オペレーターがピペットの使い方のトレーニングを受けることが重要です。ピペッティングの正確さを大きく改善するため、シンプルでありながら非常に役に立つテクニックがあります。レイニンのピペッティングのテクニックポスターにはピペットの使い方に関する役立つ情報が満載です。さらに、レイニンでは、適切なピペットの操作方法の習得に役立つGood Pipetting Practiceオンラインセミナーを開催しています。

ピペットの購入方法

レイニンでは、手動や電動のシングルチャンネル、マルチチャンネル、ハイスループットのピペッティング機器に加えて、正確な結果を維持するための校正サービスを幅広く提供しています。レイニンのピペットは世界中で購入可能です。ピペット購入の予定はありますか? このページの上部からお見積もりをご依頼ください。

ピペット
ピペットの購入方法

科学分野で使われるピペットとは?

ピペットは、測定された量の溶液をマイクロリットルからミリリットルの範囲で別の場所に移動させるように設計された精密ツールとして使用されます。ピペットは、ライフサイエンスの研究実験、化学試験、石油、食品製造などに関わるラボを含む、世界中のラボで使用されています。基本的に、生物学的試験を要件とするあらゆる業界で使用されています。