ピペットチップ |汎用&LTSチップ|メトラー・トレド-レイニン
Pipette Tips

ピペットチップ

不活性、コンタミフリーのピペットチップは汎用、LTSチップタイプから選択可

ピペットチップは、ピペットの先端に装着する小さな円錐形のパーツです。研究者はピペットチップを使用して、容器から容器へと正確な量の液体を移送します。一般的に、クロスコンタミネーションを防ぐために使用後のピペットチップは廃棄されます。バージンポリプロピレン100%で作られたレイニンのピペットチップは、厳格な試験と検査により、業界で最も高い純度基準を満たしていることが保証されています。

価格に関するお問い合わせ

ピペッティングニーズに合わせた専門的なサービス

メトラー・トレドは、優れたピペットの使い方や予防保守、校正、修理に至るまで、ピペットのライフサイクルを通じて、お客様をサポートしサービスを提供します。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQs

ピペットチップとは何ですか?

ピペットチップはピペットの先端に装着し気密性の高いシールを形成します。一般的にポリプロピレン製のピペットチップは、単回使用向けに作られ、特定のアプリケーションやピペットに合わせたさまざまなフォーマットや容量のものがあります。

対象サンプルに直接接触するピペットチップは実験結果に大きな影響を与える可能性があります。実験の各ステップごとにチップを廃棄することで、クロスコンタミネーションを防ぐことができます。

BioClean Ultraとは何ですか?

BioCleanとは、レイニンの空気置換式チップにおいて、DNA(ヒトおよび細菌)、RNase、DNase、エンドトキシン、タンパク質、プロテアーゼ、 ATP、PCR阻害剤などの特定の生物学的汚染物質が検出されないことを確認した極めて高い基準を指します。

BioClean Ultraピペットチップは、完全に自動化されたクラス100,000のクリーンルーム施設で製造されています。純度を保証するため、添加物や色素を使用せず、ISO 9001を遵守した製造手順で外部からの汚染源をすべて排除しています。原材料の選定、清潔な製造から、自動包装まで、レイニンBioClean Ultraピペットチップは清浄で安全です。

ピペットチップの無菌性とはどのようなものですか?

ピペットチップの無菌性とは、細菌や生きた微生物や芽胞を含まないことを指しますが、追加の修飾語(BioClean Ultraなど)がなければ、実験結果に影響を与える可能性のある汚染物質が依然として含まれる可能性があります。認証されていないピペットチップを使用することで、液体サンプルに混入した有機/非有機汚染物質によって、反応条件や実験結果に影響を及ぼす可能性があります。汚染物質は、酵素活性や寿命、分子相互作用、分光分析、クロマトグラフィー分析などに予測不可能な悪影響を与えます。