反応熱量計 - プロセス化学における反応とヒートフロー熱量測定

小型反応熱量計

スクリーニング、プロセス開発、プロセス化学の安全性評価に役立つ反応熱量計

 

小型反応熱量計

スクリーニング評価、プロセス開発、プロセス化学の安全性評価に役立つ反応熱量計
プロセス化学における反応熱量測定の有用性
プロセス化学におけるリアルタイム反応熱量測定データ

モデル/仕様

 
モデル/仕様
検索条件:
フィルター
すべてをクリア
 
反応熱量測定方式
品番: 304057991
詳細をご覧ください
反応熱量測定方式ヒートフロー
ヒートトランスファ測定精度通常 <± 1.5 %
比熱測定の精度と正確さ通常 <± 5~8 %
ヒートフロー精度等温条件: ± 1 % ~ 2 %; 非等温条件: ± 3 % ~ 8 %; qcを含むqr_hf と、∫ qc を含む ∫qr_hf との比較に基づく
品番: 300842101
詳細をご覧ください
本体寸法28 cm
品番: 30050150
詳細をご覧ください
反応熱量測定方式ヒートフロー
本体寸法170 mm
ヒートトランスファ測定精度通常 +/- 3%
比熱測定の精度と正確さ通常 +/- 10%
ヒートフロー精度等温条件: ± 3 % から 5 %; 非等温条件: ± 5 % から 10%; qcを含むqr_hf と、∫ qc を含む ∫qr_hf との比較に基づく
品番: 30090574
詳細をご覧ください
反応熱量測定方式ヒートフロー
本体寸法28 cm
ヒートトランスファ測定精度通常 +/- 4%
比熱測定の精度と正確さ通常 +/-12%
ヒートフロー精度qcを含むqr_hf と、∫ qc を含む ∫qr_hf との比較に基づく; 等温条件: ± 3 % から 5 %; 非等温条件: ± 5 % から 10%
品番: 30064130
詳細をご覧ください
反応熱量測定方式ヒートフロー
本体寸法78 cm
ヒートトランスファ測定精度通常 +/- 3%
比熱測定の精度と正確さ通常 +/- 10%
ヒートフロー精度等温条件: ± 3 % から 5 %; qcを含むqr_hf と、∫ qc を含む ∫qr_hf との比較に基づく; 非等温条件: ± 5 % から 10%
比較

サービス

お客様の機器に合わせたサービス

設置から予防保守、校正、修理まで、お使いの機器のライフサイクルを通じてサポートとサービスを提供します。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

関連文書

プロセス化学における反応熱量計に関する参考文献

データシート

RC1mx反応熱量計(日本語版)
RC1mxは、プロセス安全検討で世界をリードする技術です。 正確で包括的に評価できるデータは、スケールアップに適さない条件を確認して排除し、スケールアップする際の信頼性向上に必要な情報を提供します。
HFCal(英語版)
ヒートフロー測定が発熱挙動や反応エンタルピーそしてヒートトランスファーの情報を提供し反応条件とプロセス条件の最適化をより簡単に行う事ができ、その結果プロセス開発の時間短縮と安全性を高めます。

関連製品とソリューション

有機合成装置
有機合成装置によるラボの生産性の向上
フーリエ変換赤外分光分析計 FTIR
メトラー・トレドのFTIRは、反応全体をリアルタイムで高い性能で解析し、効率的なスケールアップを実現します。
粒度分析装置
リアルタイムのin situ粒度分析装置による粒子と液滴の理解、最適化、制御

アプリケーション

安全な化学プロセスの設計
化学プロセスの安全性評価は、化学薬品や医薬品の大規模製造中に発生する事故を未然に防ぐことに重点を置いています。 これは、化学反応の最中や暴走反応により、危険を引き起こす可能性のある材料やエネルギーが意図せずに環境に放出されることを指しています。
化学プロセス開発とスケールアップ
堅牢性が高く持続可能な化学プロセスを設計し、パイロットプラントおよび実生産へのスケールアップを迅速化
ヒートトランスファーとプロセスのスケールアップ
研究室から製造への化学プロセスのスケールアップは、正確な伝熱係数がわかっている場合にのみ有効な結果が得られます。ジャケットとリアクタの(決められた熱量を与えた際に発生する温度差)温度測定によって伝熱係数を正確に計算することができます。これを使用してヒートトランスファーをモデル化し、大規模なリアクタに...
マストランスファーと反応速度
撹拌は、内容物の偏りや不均一相の不均一性を軽減または除去するプロセスです。プロセスのスケールアップと最適化では、撹拌が反応速度に与える影響を定量化する必要があります。複数の実験を自動合成機で平行して実行することにより、マストランスファーの相関関係を確認し、気/液界面領域とリアクタ容積をすばやく最適化...

ソフトウエア

SW Upgrade RC1e V7.x - iControl
WinRC V7.xからiControl RC1 V5.0へ
このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。