パーソナル有機合成装置 - メトラー・トレド

有機合成装置

安全な自動有機合成装置で実現する豊富なデータ取得

有機合成装置

革新的な有機合成装置は、ジャケット式ガラスリアクター、丸底フラスコ、冷却機、オイルバス、アイスバスに取って代わる手法です。 有機合成装置により、個人の生産性を高め、実験数を増やすことができます。次のような特長があります。 24時間無人運転計画の実験 非常に繰返し性の高いラボでの実験...

革新的な有機合成装置は、ジャケット式ガラスリアクター、丸底フラスコ、冷却機、オイルバス、アイスバスに取って代わる手法です。 有機合成装置により、個人の生産性を高め、実験数を増やすことができます。次のような特長があります。

  • 24時間無人運転計画の実験
  • 非常に繰返し性の高いラボでの実験
  • データ収集100%
  • 化学薬品使用量の抑制
  • 労力の低減

ジャケット式リアクターを接続して自動化し、タッチスクリーンのインターフェイス1つでサーモスタット、攪拌器、ポンプを制御します。

 


有機合成装置の設計
低温有機合成装置

OptiMax有機合成装置
自動有機合成装置
品質データの活用
有機合成装置の安全性
合成反応の事例
新しい分子の有機合成

モデル/仕様

従来の丸底フラスコとジャケット式ラボ用リアクターによる長時間の立ち合い実験方法から自動化された有機化学合成装置に置き換えることで、研究開発とプロセスの開発期間を短縮します。

 
モデル/仕様
 
温度範囲–
使用容量
材質
本体寸法
寸法
品番: 30548001
詳細をご覧ください
温度範囲–-90 °C – 80 °C
使用容量1 mL – 100 mL
材質パウダーコート・ステンレススチール(FEP コートのカバープレート付)
本体寸法43 cm
寸法36 cm
本体寸法28 cm
重量21 kg
加熱/冷却ソリッドステートサーモスタット
品番: 30548000
詳細をご覧ください
温度範囲–-90 °C – 80 °C
使用容量1 mL – 100 mL
材質パウダーコート・ステンレススチール(FEP コートのカバープレート付)
本体寸法43 cm
寸法36 cm
本体寸法28 cm
重量21 kg
加熱/冷却ソリッドステートサーモスタット
品番: 30133676
詳細をご覧ください
温度範囲–-40 °C – 180 °C
使用容量0.5 mL – 100 mL
材質パウダーコート・ステンレススチール(FEP コートのカバープレート付)
本体寸法33 cm
寸法36 cm
本体寸法28 cm
重量16 kg
加熱/冷却ソリッドステートサーモスタット
品番: 51161711
詳細をご覧ください
温度範囲–-40 °C – 180 °C
使用容量0.5 mL – 100 mL
材質パウダーコート・ステンレススチール(FEP コートのカバープレート付)
本体寸法33 cm
寸法36 cm
本体寸法28 cm
重量16 kg
加熱/冷却ソリッドステートサーモスタット
品番: 30133677
詳細をご覧ください
温度範囲–-40 °C – 180 °C
使用容量15 mL – 400 mL
材質パウダーコート・ステンレススチール(FEP コートのカバープレート付)
本体寸法42 cm
寸法36 cm
本体寸法28 cm
重量20 kg
加熱/冷却ソリッドステートサーモスタット
品番: 30084210
詳細をご覧ください
温度範囲–-40 °C – 180 °C
使用容量15 mL – 400 mL
材質パウダーコート・ステンレススチール(FEP コートのカバープレート付)
本体寸法42 cm
寸法36 cm
本体寸法28 cm
重量20 kg
加熱/冷却ソリッドステートサーモスタット
品番: 51162701
詳細をご覧ください
温度範囲–-40 °C – 180 °C
使用容量50 mL – 1,000 mL
材質パウダーコート・ステンレススチール(FEP コートのカバープレート付)
本体寸法38.8 cm
寸法41.4 cm
本体寸法78 cm
重量35 kg
加熱/冷却ソリッドステートサーモスタット
比較

関連文書

データシート

EasyMaxベーシック(日本語版)
今までよりもより多くの新規化合物候補の中から、可能性のない物を排除しより良い反応の最適化を0.5mlから400mlの範囲で行えます。
EasyMaxアドバンス(日本語版)
反応のスクリーニングや最適化を行える少量での反応から、スケールアップ検討や晶析検討に最適な大容量までを取り揃えています。
OptiMax 有機合成装置(日本語版)
新たな化合物をより速く開発し、プロセスの特性の理解と適さない条件の排除そして、継続的な操作条件を可能にします。

カタログ

Reactor Systems for Chemical Synthesis
Replace round bottom flasks and jacketed lab reactors with reactor systems for simple chemical and process development enabling scientists to deliver...

関連製品とソリューション

フーリエ変換赤外分光分析計 FTIR
メトラー・トレドのFTIRは、反応全体をリアルタイムで高い性能で解析し、効率的なスケールアップを実現します。
粒度分析装置
リアルタイムのin situ粒度分析装置による粒子と液滴の理解、最適化、制御
小型反応熱量計RC1
スクリーニング、プロセス開発、プロセス化学の安全性評価に役立つ反応熱量計
EasySampler
様々な化学反応向け、無人の代表サンプリング

ソフトウエア

iControl - Single Instrument License
iControl EasyMax/OptiMax/RX-10用シングルライセンス
iC Data Center
iC Data Center for OM/EM-1年間

アプリケーション

有機合成
有機合成に携わっている研究者は日々、革新的な化学反応やプロセスの研究開発を行っています。
マストランスファーと反応速度
撹拌は、内容物の偏りや不均一相の不均一性を軽減または除去するプロセスです。プロセスのスケールアップと最適化では、撹拌が反応速度に与える影響を定量化する必要があります。複数の実験を自動合成機で平行して実行することにより、マストランスファーの相関関係を確認し、気/液界面領域とリアクタ容積をすばやく最適化...
晶析操作と装置
純度、収率、形状、粒度の仕様に適合した生成物を製造するための晶析と沈殿のスケールアップと最適化は、プロセス開発の中でも最も大きな課題の1つです。

ホワイトペーパー

現代の電子化された有機合成実験室(日本語版)
このホワイトペーパーでは、実験オプションを拡張し、手間のかかる作業を自動化し、ボタンを押すだけで高品質のデータを測定する、研究者向けに特別に設計された新製品について説明します。
水添反応の副生成物生成
このホワイトペーパーでは、水添反応の副生成物生成の要因と、副生成物生成を回避する方法について説明します。
ファインケミカルの研究開発やスケールアップ検討における安全な無人試薬添加(日本語版)
Grünenthal社のプロセス研究開発部門では、自動試薬添加や大きな発熱を伴う反応の無人実行を採用することで、人件費を増加せずに生産性を向上させました。
効果的な実験計画法についての検討(日本語版)
このホワイトペーパーでは、実験計画法アプローチについて説明するとともに、これを用いてパラメータ同士の影響を特定する方法や、結果(生産性・選択性・不純物の量)が理想的な数値に達する最適な条件の決定手法についてご紹介します。

サービス

サービスプログラムの紹介 – 機器に合わせたカスタマイズ

メトラー・トレドは、据付から予防保守、機器校正、修理まで、お客様の測定機器のライフサイクル全般にわたってサービスサポートをご提供します。 

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング
このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。