iControl - Single Instrument License - 概要 - メトラー・トレド

iControl - Single Instrument License

有機合成を簡単に. iControl EasyMax/OptiMax/RX-10用シングルライセンス

理解をより深める

iControl™を使えば、化学者や技術者は EasyMax™/OptiMax™/RC1mx™/RX-10™ で収集された反応データについて詳細に把握できます。

直感的で多機能なインターフェイス

シンプルでグラフィカルなインターフェイスは、重要な反応に関するイベントとパラメータを即座に確認可能。また複数の実験データを比較するのにも役立ちます。

PCとタッチスクリーン両方から同時に制御可能

iControl™では、EasyMax™/OptiMax™/RC1mx™/RX-10™ タッチパッドと組み合わせて、または単独で使用して、実験を作成したり制御することが可能です。

仕様 - iControl - Single Instrument License
製品 iControl™ ソフトウェア
サポート EasyMax、OptiMax、RX-10用; RC1mx 高性能反応熱量計
AddOnモジュール マルチ機器制御、HFCal (ヒートフロー測定)
品番 51161893, 51162613


利用可能なソフトウェアパッケージ

  • 機器制御用iControl EasyMax™ V4.2
  • iControl EasyMax™ V4.2 Office版






 

システム必要条件
使用環境
iC/iControlソフトウェア単独での使用
iC/iControlソフトウェア複数での使用
オペレーティングシステム
Windows® XP™ SP2
Windows® Vistaまたは
Windows® 7 (office版のみ64-Bit対応)
Windows® XP SP2
Windows® Vista (32-Bit)
CPUIntel Core 2 Duo 2.2 GHz T7500 (ノートPC) または
Intel Core 2 Duo 2.4 GHz E4600 (デスクトップPC)
Intel Core 2 Duo 2.5 GHz T9300 (ノートPC) または
Intel Core 2 Duo 2.8 GHz E8300 (デスクトップPC)
メモリ
2 GB3 GB
HDD
SATA 5400 rpmSATA 7200 rpm
グラフィックス機能
SXGA 1280x1024、3Dハードウェアアクセラレーション
SXGA 1280x1024、3Dハードウェアアクセラレーション
追加ソフトウェア
Internet Explorer 7.0、Microsoft Office 2003
Internet Explorer 7.0、Microsoft Office 2003

iC Suite からのデータ統合

iControl の実験データは、iC IR™、iC Raman™、iC PVM™ および iC FBRM™ ソフトウェアからの分析データと統合することができ、複雑な反応イベントを視覚化するとともに、迅速な意思決定を可能にします。

1台の PC から複数のユニットを制御

iControl を Multi Instrument オプションによりアップグレードして、最大4ユニットを1台のコンピュータで制御できます。EasyMax™/OptiMax™/RC1mx™ または RX-10™ から4つのユニットを自由に選択することができます。

関連文書

製品カタログ

関連製品とソリューション

お見積もり依頼
iControl - Single Instrument License

アクセサリ

パーソナル有機合成装置

プロセスの特性評価, 化学反応の最適化
EasyMax 402 Basic パーソナル有機合成装置を使用すると、科学者は 100 ~ 400 ml の規模で革新的な有機合成を検討でき、アイスバス、オイルバス、マントルヒーターや循環恒温槽を必要とせずに -40~180 °C の反応を実行できます。 従来の丸底フラスコとジャケット付きリアクタを EasyMax に置き換えることで、科学者は新しい化合物を合成し、開発に問題のある項目を初期段階で排除し、反応を最適化できます。
EasyMax 402 Advanced パーソナル有機合成装置は、100~400 mL スケールでスケールアップ検討と晶析検討に適しています。 EasyMax 402 Advanced は強力に自動温度制御され、ユーザーは反応と晶析を実行できます。
EasyMax 102 Basic パーソナルパラレル有機合成装置を使用すると、科学者は 0.5~100 ml のスケールで革新的な化学現象を開発でき、アイスバスやオイルバス、マントルヒーター、循環恒温槽を必要とせずに -40 ℃~180 ℃ の範囲で反応を実行できます。 従来の丸底フラスコとジャケット付きリアクタを EasyMax に置き換えることで、科学者は新しい化合物を容易に合成し、安全性に問題のある項目を検討初期段階で排除し、反応を最適化できます。
お見積もり依頼
iControl - Single Instrument License
 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.