Good Pipetting Practice - データ品質の向上(日本語版) - メトラー・トレド
ホワイトペーパー

Good Pipetting Practice - データ品質の向上(日本語版)

ホワイトペーパー

「qPCRデータが再現できない」、「シークエンス後のピークがアーティファクトであることが判明した」、「ピペッティングエラーのため、96ウェルプレートでの酵素アッセイをやり直さなければならない」。このようなことは研究室で日常的に起きています。長期的にみると、このようなミスは多大な費用がかさむ原因となります。しかし、このような費用のかさむミスのほとんどは、ピペッティングが複数の要素を含む総合的な一連の操作である、ということを理解できていれば防ぐことができます。

GPP(Good Pipetting Practice)はピペッティングに関する総合的かつ体系的なアプローチです。これを用いることで、ピペッティングの精度と繰り返し性を格段に高めることができます。

 

  • 関連ホワイトペーパー
 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.