FSMA最終要件(英語版) - 無料PDFのダウンロード - メトラー・トレド
ホワイトペーパー

FSMA最終要件(英語版) - 無料PDFのダウンロード

ホワイトペーパー

食品安全強化法の準備として最終FSMA要件を理解し、適合する

FSMA最終要件
FSMA最終要件

この資料では、食品加工業者がFSMA法のすべての要件を満たすために行う行動を推奨しています。これには現在の製品検査計画の有効性、およびこれらの要件を満たすためのシステムの配置の見直しが含まれます。また、FSMA要件を満たすために必要な報告データを提供する能力を確認する際のアドバイスも与えます。

多くの食品加工業者とメーカーはこれらの要件が施行されるのを待つよりも、それを満たすために最後の数カ月間でその運用を広く準備してきました。今や法を制定する決断が下され、行動する時が到来しました。

ホワイトペーパーは次の4つの領域を対象にしています。

  • 法令の基本条項
  • FSMA要件
  • サプライチェーン要件
  • ラベル固有の規制

FSMAが要求する製造手順と安全設備の見直しは、メーカーにとって生産効率を上げる好機となります。見直しの結果設置された新しいシステムは、プロセス自動化をこれまで以上に進め人件費を削減する可能性があります。

施設が分析と文書化プロセスを開始する時期が早ければ早いほど、FSMAの要件を満たし多大の費用を要するリコールと訴訟のリスクを避けることができるという確信を強くすることができます。

2011年の食品安全強化法(FSMA)は食品加工業者に食品安全に対する責任を公平に負わせるもので、要件は最終的で変更の余地はないものとして施行されました。これらの要件が発効された日が決定的な形となり、急速に近づいています。

この法令は、10年以上も前からそのためにラベルを貼ってきた食品安全の主唱者にとっても、食品産業自体にとっても好ましい変化であると一般的にみなされています。彼らは食物経由の病気を避けて命を救うという利点だけでなく、予測されてれいない莫大なコストをもたらす製品のリコールや責任訴訟の可能性を低くすることも認識しています。

関連リンク

USP 645
USP 645標準へのコンプライアンスは、製薬業界に関連する多くの導電率アプリケーションで必要になります。 この文書をご一読いただき、次の導電率測定をUSP 645標準に従って実行してください。
計量中の静電気(日本語版)
静電気は計量結果の信頼性を損ねる可能性があります。 革新的な静電気検出機能を使用し、この影響を最小化できます。
自動化サンプリングによる不純物プロファイリングの向上(日本語版)
このホワイトペーパーでは、Pfizer社の研究者が無人の自動化学反応サンプリングに成功した4つの事例を示します。
効果的な実験計画法についての検討(日本語版)
このホワイトペーパーでは、実験計画法アプローチについて説明するとともに、これを用いてパラメータ同士の影響を特定する方法や、結果(生産性・選択性・不純物の量)が理想的な数値に達する最適な条件の決定手法についてご紹介します。

製品検査ソリューション

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.