ラマン分光装置 | ラマン分光光度計 | メトラー・トレド
ラマン分光光度計

ラマン分光装置

反応速度、結晶化プロセスの理解と、二相/多相反応の反応変数の最適化

価格に関するお問い合わせ
ReactRaman
クラス最高のパフォーマンス
iC Ramanソフトウェア
ラマン分析用プローブ
ラマン分光光度計
ラマン分析
カルバマゼピンの結晶多形の検出
ReactRaman 785
ラマン分光法の基礎
FTIRとRamanの統合

モデル/仕様

 
モデル/仕様
検索条件:
フィルター
すべてをクリア
 
品番: 304725451
詳細をご覧ください
比較

関連文書

データシート

関連製品とソリューション

FTIR 分光光度計 ReactIR
メトラー・トレドのFTIRは、反応全体をリアルタイムで高い性能で解析し、効率的なスケールアップを実現します。
粒度分析装置
リアルタイムのin situ粒度分析装置による粒子と液滴の理解、最適化、制御
自動合成装置とIn Situ分析
粒子特性評価,反応解析,反応熱量計,ラボ用リアクタ,粒度分布測定,PAT

ホワイトペーパー

化成品製造プロセスを最適化 粒度分布測定(日本語版)
このホワイトペーパーでは、粒度分析のアプローチの中から最も一般的なものをいくつかご紹介し、高品質な粒子製品を効果的に提供するための導入方法についてもご説明します。 オフライン式の粒度分布計とインラインの粒子測定装置を組み合わせることで、プロセスの最適化と改善が可能になったことは大きな意味を持ちます。...

アプリケーション

晶析粒子
晶析プロセスを理解し、適切なプロセスパラメータを選定することで、粒度、形状、純度の一貫した結晶を繰り返し製造すると同時に、ダウンストリームの問題を最小限に抑えることができます。
再結晶
科学者は高価な化合物を再晶析化して、目的の物理特性を持つ結晶生成物を最適なプロセス効率性によって取得します。最適な溶媒の選択から乾燥した結晶生成物の取得まで、適切な再晶析プロセスの設計には7つのステップが必要になります。この再晶析ガイドでは、再晶析プロセスを進める手順を段階ごとに説明しています。再晶...
有機合成
有機合成に携わっている研究者は日々、革新的な化学反応やプロセスの研究開発を行っています。
合成反応
合成反応は、有機合成、触媒化学、重合、無機/有機金属化学での重要な例にも取り上げられます。 最もシンプルな事例として、2種の物質からより複雑な第3の生成物が形成される際に合成反応が起こります。多くの場合、合成反応は非常に複雑で、化学メカニズム・反応速度論に関する基礎知識、反応条件の厳密な制御が要求さ...