ラボでのデータ/ワークフロー管理 (日本語版) - メトラー・トレド
ガイド

ラボでのデータ/ワー
クフロー管理 (日本語版)

ガイド

 

 

 


ラボでは、さまざまなレベルの収集したデータを利用することができます。これらのレベルは、主に手書きの紙ベースの方法では得られない一定のセキュリティ、エラー軽減、および時間の節約を提供します。プリンタの追加、PCへの接続、LabX®などのワークフロー/データ管理システムとの完全な統合のどれを選択した場合でも、データ発生ポイントでデータを取得することが、データをさらに効率的に利用するための基盤になります。

「効率的なラボデータ管理」ガイドでは、手書きによる転記と、正確で容易にデータ転送/データ管理を行うことができる方法について比較、評価しています。このガイドでは、今でも多くのラボで標準的な手作業でのデータ管理について最初に説明します。 実際には、多くの測定機器が各種のオプションやアクセサリに対応しており、このガイドで評価の対象にもなるデータ管理の生産性向上に結びつきます。 ソフトウェアソリューションの進化にともない、業界には全自動のデータ管理ソリューションを検討、採用する明らかな傾向が見られます。

転記ミスのリスクをある程度なくす基本的な方法の1つは、分析機器に印字機能を追加することです。 これは、 データを文書化して保存する簡単な方法です。

手作業の手順とそれにともなう転記ミスをなくすために、ラボ用機器をコンピュータに接続し直接的な一方向のデータ捕捉を行うことができます。

LabXなどの機器制御ソフトウェアには、データ取得以外にも各種の機能があります。 SOPに準じて表示されるワークフローの完全なガイドを利用して、データをメタデータとともに一元的に保存し、すべてのステップを完全に追跡できます。 これにより、分析結果の正確さが大幅に向上し、データ発生源に至るトレーサビリティが保証されます。

実際の事例を取り入れながら、さまざまなレベルのデータ取得で実行される作業と、各作業の所要時間を比較しています。

手作業のプロセスから電子プロセスへの移行により時間をいかに節約できるかをご確認ください

 

 

 


 

効率的なラボデータ管理 - 効果的な時間節約のガイド
効率的なラボデータ管理 - 効果的な時間節約のガイド
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.