重量チェック用スケールソリューション

重量チェック用スケールソリューション

あらゆる業界に対応する高性能計量ソリューション

MID認定の動的チェック計量ソリューションは、度量衡規制および品質管理へのコンプライアンスを実現するように設計され、食肉、シーフード、製薬、化粧品、調理済み食品、ベビーフード製品など幅広い業界に対応します。

フィルター:すべてをクリア

比較

FAQs

重量チェック用スケールとは?

重量チェック用スケールは、高精度な重量測定機器です。 製造ラインで、製造中に製品ごとの重量をチェックするように設計されています。

重量チェック用スケールは主に製造の品質管理プログラムの一環として使用されます。 このスケールによる計量結果は、製造の現場において地域の梱包法規制への準拠を維持するために必要になります。 

重量チェック用スケールによって、製造ラインから出荷されるすべての製品が正しい重量であることが保証されます。 これらのスケールは、製造業者の提供する製品を、顧客満足度の高い品質にするためのカギにもなります。 重量不足のまま製品を販売すると、企業が罰金などのペナルティを課される原因になります。 重量超過で製品を出荷すると、製品の無駄な提供によるコスト増の要因にもなります。 重量チェック用スケールは、ほぼあらゆる業界で効果的な品質保証システムの一部として活用できます。 これらの業界分野には以下が含まれます。

  • 食品
  • 医薬品
  • 化粧品
  • 飲料
  • 輸送/ロジスティクス
  • 化学製品
  • 自動車
  • 金属製品製造
重量チェック用スケールのコンポーネントとは?

一般的な重量チェックシステムの構成要素には、以下が含まれます。

  • 送り込みセクション
  • 計量/ロードセルによる計量セクション
  • 選別機をともなう送り出しセクション
  • ユーザーインターフェイスとして機能する計量指示計
  • 強固な振動抑制フレーム

多種多様な設計の重量チェック用スケールが一般的に使用されています。 重量チェック用スケールに使用される構成要素は、スケールの使用方法に応じて細部まで異なります。 計量する物品の特性や周囲の環境も、スケールの設計に強く影響します。

静的と動的重量チェック用スケールの違いとは?

静的と動的重量チェック用スケールの主な違いには以下があります。

  1. 静的重量チェック用スケールは、静止した製品の重量を測定します。 動的重量チェック用スケールは、動作する製品を計量します。
  2. 静的重量チェック用スケールを使用して、製品を手動で計量したり、サンプルのスポットチェックを実施したりします。 動的重量チェック用スケールは、製造されるすべての製品を自動でチェックします。
  3. 静的重量チェックは、多大な労力を必要とするプロセスです。 製品を計量し、結果を記録し、次の計量作業のために製品をスケールから取り除く作業を、手動で行う必要があります。 動的重量チェックは、完全に自動化されたプロセスです。 製品は製造ラインを通過するとき重量が測定され、重量が不適合の製品は空圧式押し出しアームやエアジェットなどの自動選別装置で生産ラインから排除されます。

静的重量チェック用スケール

  • 台はかりは、手作業での製品管理と製品のポーショニングや、 サンプルのスポットチェック用に使用されます
  • 迅速、正確な重量チェックとポーショニングのプロセスを可能にするように設計されています
  • 多種多様なタイプとサイズが提供されており、人間工学的な作業手順に適合します
  • データ追跡・分析のためのデータ管理システムへの統合が可能です
  • すばやく便利なラベル印刷

動的重量チェック用スケール

  • 動作状態の製品を計量します。
  • すべての製品の重量を自動でチェックします
  • 正味重量と風袋重量を報告するためのサンプルテストを実施し、度量衡コンプライアンス要件と度量衡包装風袋重量の適格性評価レポートの要件を満たします

静的/動的重量チェック用スケールは、両方とも多くの製造環境に使用されますが、静的重量チェック用スケールには一般的に以下の役割があります。

  • 動的重量チェック用スケールの目標重量を決めます
  • 正味重量と風袋重量を報告するためのサンプルテストを実施し、度量衡コンプライアンス要件と度量衡包装風袋重量の適格性評価レポートの要件を満たします

製造ラインで使用する重量チェックシステムの選択は、一般的に用途の要件とプロセスによって決まります。

インライン重量チェック用スケールを製造に導入する理由とは?

重量チェック用スケールは、長きにわたり製造事業のカギとなる要素であり続けています。その理由は、単に計量を実施するだけではなく、実質的に製造プロセス全体の最適化につながるからです。  重量チェック用スケールには以下の利点があります。

  • 全製品の重量検査により、高額な罰金を回避します
  • フィラーの同期的な動作を維持します
  • 材料の節約により、製品の製造量と利益の増加につなげます
  • 製造プロセスと設備の効率性を強化します
  • 人件費を節約します
  • 誤選別とリワークを減らします
  • ブランドの独自性を維持します

さらに重量チェック用スケールによって、総合的な設備の効率性(OEE)を効果的に改善し、総所有コスト(TCO)を削減できます。

きわめて多機能なMETTLER TOLEDOの重量チェック用スケールソリューション

METTLER TOLEDOの重量チェックソリューションは、標準タイプでも高度なカスタマイズタイプでも、お客様特有の用途と環境、さらに規制や業界分野の要件に合わせて作られています。
当社は、食品、飲料、製薬、化学製品、非食品業界向けの最も包括的な重量チェック用スケール製品ラインナップを通じて、生産性と収益性を提供します。

幅広いサイズと構成(マルチレーン重量チェック用スケール、各種選別装置、ベルト設計や製品ガイドシステムなど)が提供されており、あらゆる容器タイプや包装設計に対応します。これらは高速な製造ラインであっても適合し、正確な納品、超過容量の削減、製造プロセスの最適化を実現します。

高度な操作性

革新的なダッシュボードスタイルのコントロールと多言語対応の直感的なオペレーターインターフェイスにより、製品の設定と切り替えをすばやくミスなく実施でき、最大限の稼働時間と生産性が保証されます。 オプションで、最高でIP69kの防塵防水構造の徹底洗浄設計や、金属検知/X線技術の統合が用意されており、METTLER TOLEDOの重量チェック製品ラインナップが備える優れた機能を、さらに充実させることができます。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.