リアルタイム粒度分布測定装置ParticleTrack | メトラー・トレド
完全なプロセス濃度でのFBRMによる粒度分析

リアルタイム粒度分布測定装置ParticleTrack

晶析におけるリアルタイム粒度分布測定

モデル/仕様

粒子と液滴のサイズおよび形状の分析

 
モデル/仕様
フィルター:
フィルター
すべてをクリア
 
対象
ソフトウェア
スキャンシステム
測定範囲
スキャン速度
対象実験室: EasyMax/OptiMax
ソフトウェアiC FBRM
スキャンシステム電子式スキャナ
測定範囲0.5 – 2000μm;
スキャン速度2m/s (19mm at 1.2m/s)
コードセレクション(CSM)プライマリ (fine) および マクロ (coarse)
プローブ直径14/9.5mm; 19mm;
プローブ接液部長さ206mm (for 14/9.5mm probe; 400mm (19mm プローブ用);
プローブ接液部材質C22
ウィンドウサファイア
標準ウィンドウシールKalrez® (standard 19mm; TM (標準 14/9.5);
プローブ/ウィンドウオプションTM Window (option for 19mm
圧力(プローブ)3barg (標準); 最大100 barg (カスタム)
温度(プローブ)-10 to 90°C (Kalrez and purge); -80 ~ 90°C (TM およびパージ); +10 ~ 90°C (標準)
コンジット長さ3m [9.8ft]
温度範囲(ベース/フィールドユニット)5 to 35°C
エア要件Low flow purge: (use to avoid condensation); 最大 流量: 5NL/分 [0.2SCFM]; パージマニフォールドに対する最大入口圧力: 8.6barg [125 psig]; 最大パージマニフォールド出口圧力: 0.8barg [12psig]
電源 (3)AC 100 ~ 240 V、50/60 Hz、1.2A
ベースユニット寸法492 mm
ベースユニット寸法89 mm
認証CE認可、Class 1 Laser, NRTL認証、CBスキーム認証
ベースユニット寸法237 mm
ParticleTrack ModelParticleTrack G400
ベースユニットの説明実験室ベースユニット
品番: 14000036
詳細をご覧ください
対象ラボおよびプロダクト
ソフトウェアiC FBRM(標準); FBRM用iC Process(オプション)
スキャンシステム圧縮エア式
測定範囲0.5 – 2000μm
スキャン速度2m/s
コードセレクション(CSM)プライマリ (fine) および マクロ (coarse)
プローブ直径19mm
プローブ接液部長さ400mm
プローブ接液部材質C22
ウィンドウサファイア
標準ウィンドウシールKalrez®
プローブ/ウィンドウオプションN/A
圧力(プローブ)10 barg
温度(プローブ)-10 ~ 120 °C
コンジット長さ15m [49.2ft]
温度範囲(ベース/フィールドユニット)0 ~ 45°C
エア要件スキャナ要件: 最小圧力: 4barg [60psig]; 流量: 28.3 NL/min [1.0SCFM]
電源 (3)AC 100 ~  240V、50 /60 Hz、0.5A
ベースユニット寸法206 mm
ベースユニット寸法500 mm
認証CE認可、Class 1 Laser, NRTL認証、CBスキーム認証
ベースユニット寸法419 mm
ParticleTrack ModelParticleTrack G600B
ベースユニットの説明ステンレススチール 316、4X、 IP66
対象パイロットプラントまたは製造
ソフトウェアiC FBRM(標準); FBRM用iC Process(オプション)
スキャンシステム圧縮エア式
測定範囲0.5 – 2000μm
スキャン速度2m/s
コードセレクション(CSM)プライマリ (fine) および マクロ (coarse)
プローブ直径25mm
プローブ接液部長さR: 400mm; T: 400m; P: 1000mm; X: カスタム
プローブ接液部材質SS316 (標準); C22 (オプション)
ウィンドウサファイア
標準ウィンドウシールKalrez®
プローブ/ウィンドウオプションTMウィンドウ; 電気研磨済み
圧力(プローブ)10 barg (標準); 最大250 barg (カスタム)
温度(プローブ)-10 ~ 120°C (標準); -80 ~ 150°C (カスタム)
コンジット長さ15m [49.2ft] (標準); 20m [65.6ft] (カスタム)
温度範囲(ベース/フィールドユニット)G600: 0 ~ 45°C; G600Ex: 0 ~ 40°C
エア要件スキャナ要件: 最小圧力: 4barg [60psig]; 流量: 28.3 NL/min [1.0SCFM]
電源 (3)AC 100 ~  240V、50 /60 Hz、0.5A
ベースユニット寸法284 mm
ベースユニット寸法524 mm
認証CE認可、Class 1 Laser, NRTL認証、CBスキーム認証
ベースユニット寸法828 mm
ParticleTrack Modelパイロット/製造用 ParticleTrack G600 Exプロセステクノロジー
ベースユニットの説明ステンレススチール 316、4X、 IP66
パージ要件(G600 Ex のみ)圧力: 4 ~ 8 barg (60-120 psig); 流量: 225 SLPM (8.0 SCFM)
G600 認定CE認可、Class 1 Laser, NRTL認証、CBスキーム認証
G600Ex 認定ATEX / IECEx Zone 1/21 および Class 1 Div 1 認定済み、CE 承認済み、Class 1 Laser、NRTL 認定済み
比較

関連文書

FBRM技術に基づくParticleTrackの関連文書

アプリケーション

バッチ晶析
適切に設計されたバッチ晶析プロセスは、求められる結晶粒度、収率、形状および純度を得ながら製造規模にうまくスケールアップすることができます。バッチ晶析の最適化には、晶析装置の温度(または溶媒組成)の適切な制御の維持が重要です。
Solubility and Metastable Zone Width (mzw) Determination
溶解度曲線は一般的に溶解度、温度、溶媒の種類の関係性を示すのに用いられます。温度と溶解度の関係性をグラフにすることで、科学者は求める晶析プロセスの開発に必要なフレームワークを作成できます。適切な溶媒を選定すると、溶解度曲線は効果的な晶析プロセスの開発にとって不可欠なツールとなります。
Crystal Nucleation and Growth
科学者や技術者は、プロセス中の過飽和レベルを注意深く調整することにより、晶析プロセスを制御できます。過飽和は晶析の核生成や成長の原動力であり、最終的な結晶粒度分布を絶対的に決定付けます。
Measure Crystal Size Distribution
インプロセスのプローブベース技術ではサンプリングや希釈を行なう必要がなく、原液濃度で粒度や形状の変化を追跡するために利用されます。粒子や結晶に生じる変化の速度や程度をリアルタイム追跡することで、晶析性能のプロセスパラメータを最適化できます。
晶析における種晶添加プロトコール
種晶添加は、晶析挙動の最適化における最も重要なステップの1つです。種晶添加戦略を設計する場合は、種晶サイズ、種晶の量(質量)、種晶添加温度などのパラメータを考慮する必要があります。これらのパラメータは、通常はプロセス速度と希望する最終的な粒子特性に基づいて最適化され、スケールアップや技術移転の際には...
貧溶媒の滴下による過飽和
貧溶媒晶析では、溶媒の滴下速度、滴下場所、攪拌が、容器やパイプライン内部での局所的過飽和に影響を与えます。科学者やエンジニアは、貧溶媒滴下プロトコルおよび過飽和度を調整することで結晶サイズと個数を変更しています。
温度が結晶のサイズと形状に与える影響
冷却プロファイルは、過飽和と晶析速度に大きな影響を与えます。最適な結晶の成長と核化のバランスが得られるように、結晶の表面積に合わせてプロセス温度を最適化します。高度な温度コントロールにより過飽和を制御することで結晶サイズや形状を変化させることができます。
温度が結晶サイズと形状に与える影響
晶析装置のスケールや混合条件を変更すると、晶析プロセスの反応速度や最終的な結晶サイズに直接影響を及ぼす可能性があります。 熱や物質移動の影響は、冷却システムおよび貧溶媒システムでそれぞれ考慮することが重要です。このようなシステムでは、温度や濃度勾配により過飽和度に不均等性が生じる可能性があるからです...
粒子と液滴
粒度分布の理解と最適化
プロセス分析技術(PAT)
プロセス分析技術(PAT)は、研究開発、スケールアップ、製造を変革します。PATは、生産性の概念を刷新し、安全性を向上し、迅速な問題解決につながる測定を可能にします。プロセス分析技術(PAT)のアプリケーション範囲は、化学反応のモニタリングから晶析、製剤、バイオプロセスまで多岐にわたります。

関連製品とソリューション

結晶、粒子、液滴のリアルタイム顕微鏡
プローブベースの機器をプロセスに直接挿入し、PVM技術によるリアルタイム顕微鏡を活用して粒子を可視化します。
Automated Lab Reactor Control
自動化された化学リアクタにより、すべての反応パラメータを24時間制御して記録
フーリエ変換赤外分光分析計 FTIR
メトラー・トレドのFTIRは、反応全体をリアルタイムで高い性能で解析し、効率的なスケールアップを実現します。

データシート

ParticleTrack G400(日本語版)
ラボリアクタへ直接差し込むことができ、粒子のサイズや個数に生じる変化を、希釈することなくプロセス濃度でリアルタイムに追跡できます。
ParticleTrack G600B(日本語版)
FBRM技術に基づく、汎用性の高いプローブベースの機器です。ラボリアクタや製造プロセスへ直接差し込むことができ、粒子/液滴のサイズや個数に生じる変化を、希釈することなくプロセス濃度でリアルタイムに追跡できます。
ParticleTrack G600/G600 Ex(英語版)
大型容器やパイプラインの粒子のサイズや個数に生じる変化を、希釈することなくプロセス濃度でリアルタイムに追跡できます。

ソフトウエア

iC FBRMソフトウェア
iC FBRMは、ユーザーが粒子挙動についての理解を深め、実験設計を最適化し、開発時間をスピードアップし、さらに、製造における問題の迅速な特定と解決を行うのに役立つ重要な情報を提供します。
iC Processソフトウェア
研究室から製造環境への移管における制御パラメータをモニタリングできます。分散制御システム(DCS)に接続するための業界標準の通信プロトコルをサポートしています。
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.