ラベルプリンター|スケールシステム用プリンターと周辺機器

プリンターと周辺機器

スケールまたは計量システムを完璧に補完するプリンターと周辺機器

ラベルプリンター、チケットプリンター、スリッププリンター、フォームプリンター、またその他の周辺機器によって、計量データとプロセスデータを高い信頼性で簡単に取り込み、文書化することができます。お使いの計量システムとの統合がシンプルなため、設置と使用が簡単です。メトラー・トレドのソフトウェアを使用してプリンターと周辺機器を最適化することで、ラベルを設計し、カスタムテンプレートを保存することができます。

価格に関するお問い合わせ
検索条件:すべてをクリア

比較

サービスプログラムのご紹介 – お客様の機器に適合する特注サービス

メトラー・トレドは、設置から予防保守、校正、機器の修理まで、測定機器のライフサイクル全般にわたってサポートとサービスを提供いたします。 

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQs

プリンターをスケールと併用する利点は何ですか?スケールにプリンターが必要なのはなぜですか?

プリンター付きはかりには、効率性やトレーサビリティなど多くの利点があります。プリンターをスケールに追加し、文書化を必要とする用途に利用することで、人為的エラーの可能性を取り除くことができます。オペレーターが計量データを書き留める必要がある限り、転記ミスの可能性を伴い、以降の不良バッチや不適切な在庫管理につながります。追跡の正確性を確保するために、プリンターは最適なソリューションです。

計量アプリケーションにはどのようなタイプのプリンターを推奨しますか?

メトラー・トレドは多種多様なプリンターソリューションを提供しており、お客様の用途や要件に応じて容易な計量と追跡を可能にします。  

インパクトドットマトリックス技術を使用したチケットまたはストリッププリンターは、ハードコピーデータの長期保管が必要な用途に適した優れたプリンターです。スリップやフォームの印刷では、インパクトドットマトリックス技術を使用してデータの複数のカーボンコピーを作成し、レシートをすばやく簡単に印刷できます。最後に、熱転写/感熱式ラベルプリンターは、ロゴ、アイコン、グラフィック、バーコードを含むより複雑な高解像度印刷に適しています。  

インパクトドットマトリックスとはどのような意味ですか?

インパクトドットマトリックス技術は、機械印刷で使用されている初期の技術の1つです。この技術では小さなピンを使用してインクリボンに穴を開け、紙にドットを作り出します。この印刷技術は信頼性が高く便利なため、50年以上にわたり使用されてきました。APR320ではこの属性を活用し、規制により計量データのハードコピーを5年以上保管する必要があるお客様を支援します。 

ラベルプリンターとは何ですか?ラベルプリンターまたはラベリングプリンターはどのようなタイプのものですか?ラベルプリンターまたはラベリングプリンターはどこで購入できますか?

ラベリングプリンターとも呼ばれるラベルプリンターでは、感熱式または熱転写技術を使用し、さまざま業務目的に合わせてラベルを印刷しています。メトラー・トレドは多種多様なラベルプリンターソリューションを提供しており、お客様の用途や要件に応じて容易な計量とトレーサビリティを可能にします。   お客様のニーズに適したプリンター付きスケールをメトラー・トレドのサイトでお探しください。

感熱式技術と熱転写技術の違いは何ですか?

感熱式技術では、サーマルプリントヘッドを使用して感熱紙に黒いマークを作成します。熱転写では同じタイプのサーマルプリントヘッドを使用しますが、紙を直接加熱するのではなく、インクリボンを加熱します。リボンの上のインクはワックスをベースにしているため、加熱すると、その上に押しつけられた紙にインクが移ります。APR430/APR530は、用途に応じて感熱式プリンターとして設定を変更できる熱転写プリンターです。APR331は感熱式プリンターで、感熱紙が必要です。 

スケールには他にどのようなアクセサリや周辺機器を使用できますか?

多くのソリューションでは、プロセスに周辺機器を追加すると利便性が向上します。ソリューションの自動化の促進に伴い、バーコードリーダーやRFID読み取りコードがプロセスに組み込まれるようになっています。スケールに読み取りソリューションを接続することで、プロセスをさらに強化することができます。バーコードなどの読み取りシステムによって常に正確な情報を捕捉し、人為的エラーの余地をさらに解消できます。ADI ScoreboardやACM360などのリモートディスプレイやBluetoothドングルを計量ソリューションに追加すると、計量場所から最大10m離れた場所でオペレーターが作業を行う必要があるアプリケーションの効率が向上します。