SOP(標準作業手順書):ラボ用天びんの清掃(日本語版) - メトラー・トレド
標準取扱い手順

SOP(標準作業手順書):ラボ用天びんの清掃(日本語版)

標準取扱い手順
ラボ用上皿天びん、分析天びんをくまなく清掃する方法
ラボ用上皿天びん、分析天びんをくまなく清掃する方法

概要

このSOPでは、ラボ用上皿天びん、分析天びんをくまなく清掃する方法についてご案内しています。
天びんを清潔に保つことは、オペレーターの安全や業務の効率、天びんの寿命に大きな影響を及ぼす可能性があります。

清掃に関するルール

  • 天びんの清掃は適切な方法で実施してください。取り扱いを誤ると、計量システムまたは電子部品が損傷する可能性があります。
  • まず粉体や埃、それから粘性の高い物質を拭き取ってください。
  • 汚れやこぼれたサンプル物質が天びん内部に入り込むのを防ぐため、汚れを吹き飛ばさないでください。
  • 粘性の高い物質を除去するには、糸くずの出ない湿った布と、水で希釈した溶剤(70%のイソプロパノールまたはエタノール)を使用し、研磨材は使用しないでください。
  • 天びんに直接、液体を噴射したり、注いだりしないでください。
  • 清掃を行うときは、計量皿を置くための円錐型開口部、または空気孔(風防の前面または背面にある隙間)から布やブラシを挿入してください。
  • 計量皿やドリップトレイなどの取り外しできる部品は、すべて取り外してからクリーニングを行ってください。
  • 取り外さなければ清掃できない場合を除き、可能な限り周辺機器は取り外さないでください。
  • 作業場所で天びんのクリーニングを行ってください。また、天びんの移動方法が分からない場合は、天びんを傾けたり、移動したり、持ち運んだりしないでください。

清掃の頻度に関する推奨事項

清掃の頻度は、業界やアプリケーション、機器の使用頻度によって異なります。メトラー・トレドでは、原則として天びんを使用するごとに、またはサンプルを切り替えるごとにすぐ清掃することを推奨しています。潜在的に毒性の高い物質を取り扱う場合は、必ず天びんを使用するごとに清掃してください。

清掃方法

以下の関連トピックにて、あらゆる卓上型天びんに適用できる一般的なクリーニング手順を説明しています。お持ちの天びんのタイプとモデルにより、以下のステップがすべては当てはまらない場合もあります(例:最小表示0.1gの上皿天びんには風防や風防リングが装備されていません)。

  • 関連トピック
 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.