Flash DSC - 高速な温度制御条件下での材料物性評価を実現する熱分析イノベーション (英語版) - メトラー・トレド
ガイド

Flash DSC - 高速な温度制御条件下での材料物性評価を実現する熱分析イノベーション (英語版)

ガイド

Flash DSCテクノロジーは高速走査DSCに大変革をもたらします。 市場で利用できる最速のDSCシステムを活用 – 急速な結晶化および再組織化プロセスの研究に最適

ここでは、Flash DSCを使えばこれまではほとんどアクセスできなかった材料についての貴重な情報がどのように得られるか説明します。
ここでは、Flash DSCを使えばこれまではほとんどアクセスできなかった材料についての貴重な情報がどのように得られるか説明します。

このホワイトペーパーは、メトラー・トレドが商業的に導入した革新的なテクノロジーであるFlash DSCの概要を説明します。これにより、熱材料特性と挙動をさらによく理解できます。

Flash DSC手法はサンプルを超高速の冷却および昇温にさらすため、近年の材料の特性と生産プロセスの最適化に適しています。 Flash DSCはR&D 100賞を与えられ、R&D 100 エディターズチョイスに含まれました。

 

目次

 

1. はじめに

2. 研究開発ラボのFlash DSCテクノロジー

3. 昇温/冷却速度が高速な画期的な新たな視点(例)

3.1 無定形イソタクチックポリプロピレン(iPP)の再組織化はどの昇温速度で停止しますか?

3.2 無定形iPPを生産する最適の冷却速度は?

3.3 異なるプロセス条件でPETフィルムをどのように区別できるのですか?

3.4 溶融を分解から分離できますか?

4. まとめ

5. Flash DSCの詳細情報はこちらへ

Flash DSC テクノロジーについてのこの無料ホワイトペーパーをダウンロードしてください。 熱材料の特性と挙動のよりよい理解についてはこちらから。

示差走査熱量測定(DSC)はサンプルと参照材料に入る熱流量の違いを測定する手法です。 従来のDSCでは、数十番目から数百番目までのK/分間のゆっくりした昇温速度を使用しています。 標準の昇温速度は通常、10 K/分です このような速度を適用しているときに構造再編成が発生して、最初の材料の構造に関連しない測定曲線になることがあります。


他方、最大240,000 K/分の超高速冷却と最大2,400,000 K/分の昇温速度が使用される場合、Flash DSCテクノロジーでは次の構造的メリットを実現できます。

  • 超高速冷却測定により、実際の条件下で定義された構造特性を持つ材料エンジニアリングを生成できます。
  • 超高速昇温はサンプルの構造再編成を抑制するため、化学反応(例えば、分解)から物理的遷移(例えば、溶融)を分離するために使用できます。

最終的には、このような測定は技術プロセスがよく似ることがあり、サンプルを受け取るとき調査の要求に応えます。 Flash DSC 1 - Flash示差走査熱量計 - 革新的な高速パフォーマンスセンサ技術を導入して、きわめて高速な反応の動力学または晶析プロセスを研究できるようにしています。

 

 

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.