濁度計測・色度計測装置
濁度計測・色度計測装置

濁度計測・色度計測装置

プロセス制御のためのインライン高性能の濁度・色度計

濁度計測・色度計測装置のよくある詳細 (FAQ)

濁度とは? 濁度は光学特性であり、液体の明瞭度を指します。 水中の濁度は、散乱または光の透過を妨げる個々の浮遊粒子またはコロイド状物質によって引き起こされます。浮遊物質 / コロイド状物質の濃度が高いほど、濁度が高くなります。 こうした粒子は通常非常に小さく、人間の目で検知することはできません...

濁度とは?

濁度は光学特性であり、液体の明瞭度を指します。 水中の濁度は、散乱または光の透過を妨げる個々の浮遊粒子またはコロイド状物質によって引き起こされます。浮遊物質 / コロイド状物質の濃度が高いほど、濁度が高くなります。 こうした粒子は通常非常に小さく、人間の目で検知することはできません; そのため、濁度測定は濁度計または濁度分析装置により行われています。 間近での濁度のモニタリングを必要とするプロセスを制御する最高の方法は、インライン濁度計です。 インライン濁度計は、プロセス制御を目的として使用可能な継続的測定を提供します。 濁った液体の実例には、以下のようなものがあります。

  • 牛乳 - 水に乳化した乳化したタンパク質 / 油を含む
  • 廃水 - 浮遊物質を含む
  • 小麦ビール - 酵母細胞を含む

濁度測定はなぜ重要なのか?

多くの場合濁度計は、ろ過プロセスの効率性または水質評価に使用されます。 濁度測定は産業プロセスの発生に影響を与えるだけではなく、システムに有害な要因を検出するため、多くの産業と用途において重要な指標です。

濁度測定に影響を与えるものは何か?

上記のように濁度測定は、液体培地における懸濁粒子が光を散乱させる範囲を決定します。 散乱は以下によって異なります。

  • 粒子濃度: 高い粒子濃度は高い散乱光となるため、濁度測定値は高くなります。
  • 粒度の形状と大きさ: 可視光の長波より1/10小さい粒子は、対称的に光を散乱させます。 大粒子(通常可視光の長波より直径が大きい)は、非対照的に光を散乱させます。 そのため、濁度の測定のためには散乱角が考慮されなければなりません。
  • 光波長: 上記のように、散乱光の濃度は粒子の大きさによります。 さらに、液体中の色の存在は検出器で測定される光を減少します。 結果として、適切な光波長の利用は濁度測定のために考慮されなければなりません

上記三点の結果、測定方法が標準化されている場合、サンプルの特性として濁度に使用することのみが可能です。 例えば、多くの醸造の用途において測定される液体は黄色く、酵母粒子を含みます。 そのため、フィルターブレイクスルーのために確認するため、前方光および側方散乱光の量は品質保証の目的のため、光と比較して25oおよび90oで測定します。 赤(650 nm)および青(460 nm)の光源はまた、濁度および色のモニタリングのガイドラインに明示されます。

濁度測定に共通の干渉とは?

濁度測定は、光吸収物質または蛍光を発する光吸収物質の存在に悪影響を受けます。 この干渉は、可視光にあるもの以外の波長を使用して最小化できます(つまり860 nm の近赤外).

気泡は濁度測定に干渉するため、気泡が最小である設置場所を選ぶことは重要となります。

窓の汚れは濁度測定において重大な問題となります。 最先端技術と比率の原理がサンプルの色の変化を補填し、光源と光学窓として使用されるランプは老朽化します。

濁度計とは?

濁度計は濁度を測定するセンサです。 濁度センサには2つのことが共通しています。

  • 光源 - 例:光発光ダイオード (LED)
  • 1つまたはそれ以上の検出器 - 通常はフォトダイオード

市場で共通の濁度計の測定方法は?

何種類かのインライン濁度計があり、特定の測定範囲と異なる用途に最適化されています。

  • 前方散乱光 / 吸収: この技術を備えた濁度計測・色度計測装置(例:メトラー・トレドの InPro 8300 RAMSシリーズおよびInPro 8600i/D1 と /D3 シリーズ) は、低から中の濁度レベルの用途に対して設計されています。 色測定(黄色度)は、InPro 8300 RAMS タイプ TCS および COMBINE/ InPro8600i/D3 でも利用できます。
  • 後方散乱ライト このようなセンサ(例:メトラー・トレドのInPro 8050InPro 8100およびInPro 8200) は、懸濁物質 250 g/l までの高粒子濃度があるサンプルに設計されています。 用途に応じて、メトラー・トレドの電極は医薬品および汚水の使用それぞれに対して、ステンレススチールとポリサルホンポリスルホン本体両方で利用できます。

どのように濁度計を校正しますか?

濁度計の校正は、変換器により3つの異なる方法で行うことができます。 最初の方法はマニュアル校正と言います。 これは最も速い方法ですが、最低の校正レベルです。 ユーザーはオフセットとスロープを変更でき、測定値が計算され表示されます。

第二の方法はマルチポイント校正と言います このタイプの校正により、測定されるプロセスに最高の直線性を獲得できます。 2、3、4、および5ポイント校正を、通常はアンインストールされたセンサによりオフラインで行うことができます。

第三の方法は、プロセスまたはその場での校正です。 これはオンライン校正であり、オペレーターは変換器にプロセス校正メニューを入力し、現在の濁度の読み取りを保存します。 オペレーターは参照用濁度測定を獲得するために、ラボ用機器に対して測定するためのプロセス液のサンプルを取ります。 インライン濁度計と変換器により、マルチポイントでその場の校正が可能となります (例:メトラー・トレドM800 プロセス変換器および後方散乱光濁度計)。

メトラー・トレドの濁度分析装置 / オンライン色度計測装置は、次のように多くの産業で使用できます:

  • バイオテクノロジー
  • 医薬品
  • 化学処理
  • 石油化学
  • 食品・飲料業界のニーズに対応
  • 醸造

どのように最適な濁度計を選択しますか?

濁度計は、必要な測定および用途に基づいて選択する必要があります。 メトラー・トレドは、次のような多くの異なる用途の要件に合致する、多用途の濁度計を提供します:

  • 発酵
  • バイオマス成長(光学濃度)
  • 晶析
  • 相分離
  • 油中水型
  • フィルターブレイクスルー
  • 活性スラッジ
  • ビールのろ過後および黄色味の測定
  • 廃水

詳細については、現地のメトラー・トレド代理店にご連絡ください。


InPro8200濁度計
InPro8300
InPro 8600i 濁度・色度測定装置

2-ファイバー 後方散乱光方式濁度計

光学式製品識別モニタ RAMS - 光学式色度計測

ビール濁度計 InPro 8600i

後方散乱光の技術を採用したインライン測定向け濁度計
頑丈で使いやすい視覚上のビールモニタリングシステムは、濁度または色による相分離、そして製品識別プロセスのために設計されています。
散乱光と吸収法を使用した、醸造と飲料産業産業における上流・下流プロセスのための濁度センサおよび色測定。
汚染を抑制ながら低メンテナンスを両立しながら高い精確性を維持
衛生要件に対応するために滅菌可能
結晶のモニタリングとバイオマス成長のために
標準の直径12 mmのセンサは貴重なスペースを節約
食品飲料業界向けの信頼性の高いソリューション
最大4波長まで多くのモニタリング
プロセス制御のために4/20 mA 出力を管理
正確な麦汁と完成品管理
精密な圧力のための12点校正
測定の信頼性のためのセンサモニタリング
容易な設置; サイトグラスにフィット
独自のアップストリームモデルで投資を削減
InPro8200濁度計

後方散乱光の技術を採用したインライン測定向け濁度計

InPro8300

頑丈で使いやすい視覚上のビールモニタリングシステムは、濁度または色による相分離、そして製品識別プロセスのために設計されています。

InPro 8600i 濁度・色度測定装置

散乱光と吸収法を使用した、醸造と飲料産業産業における上流・下流プロセスのための濁度センサおよび色測定。

関連文書

濁度および色度測定に関するホワイトペーパー
プロセス制御機器カタログ

サービス

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.