濁度計 | インライン濁度計 | 濁度アナライザ

濁度計測・色度計測装置

粒子密度モニタリング用インライン濁度アナライザ

メトラー・トレドの濁度計は産業製造プロセスにおけるインライン濁度測定用に設計されています。 これらの濁度アナライザは連続した濁度測定を提供して、晶析、相分離、バイオマス成長(細胞密度)、ビールのろ過およびその他の重要アプリケーションにおけるプロセス制御の実現に寄与します。 一部の濁度計は色測定にも使用できます。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQs

濁度とは?

濁度は光学特性であり、液体の明瞭度を指します。 濁度レベルは濁度計で測定可能です。 水中の濁度は、散乱または光の透過を妨げる個々の浮遊粒子またはコロイド状物質によって引き起こされます。浮遊物質 / コロイド状物質の濃度が高いほど、濁度が高くなります。 こうした粒子は通常非常に小さく、人間の目で検知できません; そのため濁度測定は、濁度計や濁度アナライザにより行われます。 間近での濁度のモニタリングを必要とするプロセスを制御する最高の方法は、インライン濁度計です。 インライン濁度計は、プロセス制御を目的として使用可能な継続的測定を提供します。 濁った液体の実例には、以下のようなものがあります。

  • 牛乳 - 水に乳化した乳化したタンパク質 / 油を含む
  • 廃水 - 浮遊物質を含む
  • 小麦ビール - 酵母細胞を含む

濁度計とは?

濁度計は、濁度アナライザとも呼ばれ、プロセス内で懸濁高粒子濃度を測定するシステムです。 濁度計は通常以下の3つの主な部品で構成されます: 濁度計、濁度変換器とプロセス接続。 

濁度測定に影響を与えるものは何か?

濁度アナライザで捉えられた濁度測定の結果は、液体培地における懸濁粒子が光を散乱させる程度を判定します。 散乱は以下に影響されます:

  • 粒子濃度: 高い粒子濃度は高い散乱光となるため、濁度計での測定値は高くなります。
  • 粒度の形状と大きさ: 可視光の長波より1/10小さい粒子は、対称的に光を散乱させます。 大粒子(通常可視光の長波より直径が大きい)は、非対照的に光を散乱させます。 そのため、濁度の測定のためには散乱角が考慮されなければなりません。
  • 光波長: 上記のように、散乱光の濃度は粒子の大きさによります。 さらに、液体中の色の存在は検出器で測定される光を減少します。 結果として、適切な光波長の利用は濁度測定のために考慮されなければなりません

上記三点の結果、測定方法が標準化されている場合、サンプルの特性として濁度に使用することのみが可能です。 例えば、多くの醸造の用途において測定される液体は黄色く、酵母粒子を含みます。 そのため、フィルターブレイクスルーの確認を目的に、前方光や側方散乱光の量は、品質保証のため光源と比較し、25°や90°で測定します。 赤(650 nm)および青(460 nm)の光源はまた、濁度および色のモニタリングのガイドラインに明示されます。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.