ガス分析装置 | ガス分析計 | メトラー・トレド

産業プロセス用ガス分析装置

In situ および抽出設置環境におけるガス分析器

これらの信頼性の高いガス分析器は、産業および化学プロセス分野における多様なガスに対して、迅速な分析結果を算出するよう設計されています。 波長可変半導体レーザー (TDL) およびアンペロメトリック酸素センサは両方ともサンプリングまたはコンディション調整を必要とせず、所有コストを削減しながらダウンタイムを短縮し、プロセスの安全性を強化します。 メトラー・トレドは幅広いガス・酸素分析器、およびO₂、CO₂、CO、HCl、H₂S, 水分、アンモニア (NH₃) およびメタン (CH₄) 向けのTDLガス分析器をご提供します。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQs

酸素分析器とは?

酸素分析器とはガス流内の酸素を測定するシステムです。 センサ、変換器およびプロセス適合オプションまたはハウジングで構成されています。 酸素測定をin situ(原位置)で行うため、メトラー・トレドはアンペロメトリック酸素分析装置および波長可変半導体レーザー (TDL) 酸素分析装置の両方を提供しています。  

メトラー・トレドの酸素分析装置は、サンプリングまたはコンディショニングシステム (SCS) を必要とせず、迅速で正確な測定を最小限のメンテナンスで提供できるという点でユニークです。

メトラー・トレドはどのようなガス分析器テクノロジーを提供していますか?

メトラー・トレドは2つのガス分析器テクノロジーを提供しています。 2つの技術とは、波長可変半導体レーザー (TDL) 分光学とアンペロメトリック(またはポーラログラフィック)テクノロジーです。  

アンペロメトリック酸素センサは、電気化学測定技術をコンパクトなパッケージに収容して使用します。 これは消耗系の技術であるため、ある程度のメンテナンスおよびいくつかの消耗品を必要とします。 化学的な干渉が起きる可能性があるため、ガス組成の知識が評価のために必要とされます。 

メトラー・トレドの波長可変半導体レーザー酸素分析装置の技術は、大多数の干渉を受けにくく、センサの材料は非常に堅牢です。 定期的に必要なメンテナンスがなく、センサは長期の連続運用に耐えるよう設計されています。 TDLは、最も課題の多い、重要な用途に適しています。 物理パッケージは酸素濃度計よりも少し大きくなっているため、設置要件が異なります。

どのようなタイプのシステムにガス分析器を設置できますか?

メトラー・トレドのガス分析器ポートフォリオは、幅広いアプリケーションおよびシステム向けに柔軟性を発揮します。 アンペロメトリックセンサは標準的な12 mmセンサであり、ほとんどの標準プロセス容器に設置が可能なため、ヘッドスペースモニタリングなどのアプリケーションに最適です。 

波長可変半導体レーザーガス分析器は、お客様が必要とされる場所に対応する、より広範なプロセス適合オプションを提供します。 小型または幅広のパイプ、汚染ガス流、急速または低速のガス流、高温のガス流への適合オプションにより、非常に多用途なこの分析器はお客様の設置要件を満たします。  また、屈曲光学設計により、手動によるアライメントは不要です。 

このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。