溶存酸素、CO2、オゾンのインライン分析装置

CO2、オゾン、溶存酸素の分析装置

水システムモニタリング・プロセス制御用分析装置

このインライン分析装置では、純水処理やバイオリアクターなどの産業プロセスにおいて、溶存酸素、溶存CO2、オゾンを連続的にモニタリングすることができます。 プロセスエンジニアは、製品収率を最適化し、品質を維持しながら、メンテナンスコストを削減することができます。 幅広い衛生アプリケーションに最適なこの分析センサは、安定した測定が可能で、インテリジェントセンサマネジメント(ISM)技術を採用することにより、取り扱いやメンテナンスが簡単になっています。

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

FAQs

溶存酸素分析装置とは何ですか?

メトラー・トレドの溶存酸素分析装置は、水または液体のプロセス流や容器内の溶存酸素レベルをリアルタイムで連続測定します。 溶存酸素濃度は、用途や業界によって、飽和百分率、体積百分率、溶存酸素百分率、ppmなどの相対的な数値で表される場合と、mg/Lやmmol/Lなどの絶対的な数値で表される場合があります。 メトラー・トレドでは、最先端の光学技術を用いて、微量レベルまでの正確な測定と低メンテナンス性を両立したDO分析装置を提供しています。  

溶存CO2分析装置とは何ですか?

溶存炭酸ガス分析装置は、主にバイオリアクターや飲料製造などの液体プロセス中の溶存炭酸ガスを測定するシステムです。 一般的には、溶存炭酸ガス測定用のインライン分析センサ、CO2変換器、プロセス適合またはハウジングで構成されています。 メトラー・トレドの溶存CO2分析装置は高精度なリアルタイムデータを提供し、重要な発酵や細胞培養、醸造プロセスに対する理解を深めることができます。 

溶存オゾン分析装置とは何ですか?

溶存オゾン分析装置は、水システムに注入された溶存オゾンを連続的に監視・測定する測定システムです。 メトラー・トレドのオゾン分析装置は、ゼロppbまでの正確で信頼性の高い測定を可能するセンサを搭載しています。 メトラー・トレドの溶存オゾン分析装置のセンサは、革新的な隔膜、陰極、電解質の組み合わせを採用し、さまざまな純水アプリケーション向けに安定性を高めた高速で信頼性の高い測定データを提供します。 ISMプラグアンドメジャー技術を搭載したこのインライン分析センサは、変換器のプログラミングが不要で、迅速かつシンプルな設置が可能です。

インライン分析センサの校正は、どのように管理すればいいですか?

インライン分析センサはそれぞれ校正手順が異なりますので、お近くのメトラー・トレドの専門担当者がインライン溶存ガスセンサの種類ごとに具体的なプロセスをご提案させていただきます。 DO分析装置、オゾン分析装置、CO2分析装置に使用されているインライン分析センサや変換器の技術によって、段階的な校正方法は異なります。

インライン分析センサでは、どのような予測診断を利用できますか?

インテリジェントセンサマネジメント(ISM)技術は、一部のインライン分析センサに搭載されており、センサが必要とすることの一歩先を見据えた便利な機能を提供します。iSenseソフトウェアは、センサの校正記録やメンテナンス履歴の管理に役立ち、お客様はセンサの内部メモリに保存されているすべてのISM診断にアクセスすることができます。 インライン分析センサのダイナミックライフタイムインジケータ(DLI)や適応校正タイマー(ACT)などのISM予測診断機能をプロセスから離れた場所で確認することができ、センサの在庫管理やプロセスを最適化する使用方法について判断することができます。

このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。