溶存酸素センサ、溶存CO₂センサ、溶存オゾンセンサ
溶存酸素センサ、CO2センサ、オゾンセンサ

溶存酸素センサ、溶存CO₂センサ、溶存オゾンセンサ

正確な測定を得られる高性能なインライン測定センサ

 

溶存酸素、溶存炭酸ガス、溶存オゾンに関するよくある質問(FAQ)

溶存酸素(O2)とは?

溶存酸素は、水または他の液体中に存在する遊離で非化合物の酸素レベルを指します。

なぜ溶存酸素を測定するのですか?

バイオテクノロジー、医薬品開発、食品飲料、化学製造、水およ...

溶存酸素(O2)とは?

溶存酸素は、水または他の液体中に存在する遊離で非化合物の酸素レベルを指します。

なぜ溶存酸素を測定するのですか?

バイオテクノロジー、医薬品開発、食品飲料、化学製造、水および一次水処理といった多くのプロセスにおいて酸素レベルを適正に保つことが重要です。 溶存酸素をモニタリングするためのインライン測定は、製品生産量や品質の最適化、コスト削減、プロセス安全性の確保にとって非常に重要です。

溶存酸素計とは?

メトラー・トレドの溶存酸素計は、水または他の液体中の溶存酸素レベルをリアルタイムかつ連続的に測定します。 用途と産業の種類によって、溶存酸素濃度は、%飽和、%Volのような相対数か、ppm、mg/Lやmmol/Lなどの絶対数で表されます。 溶存O2センサは、最先端の光学技術と微量レベルまで測定可能な高性能、低メンテナンス性を兼ね備えています。

溶存酸素計はどのように機能しますか?

メトラー・トレドには、2種類の酸素センサを取り揃えています。アンペロメトリックと光学式です。

アンペロメトリック測定: 溶存酸素センサは、気体透過膜を使用してサンプルを電気化学セル内部から分離します。 酸素は、センサ外側の液体中の酸素部分的圧力に直接比例して膜を通って拡散します。 電極内のカソードおよびアノードは、電圧によって分極化され、酸素に電気化学反応を発生させます。 アノードが酸化される間に酸素はカソードで還元され、反応する酸素量に直接比例して少量の電流を生成します。 さらに溶存酸素センサは温度値を使用し、温度による酸素の溶解度変化を補償して酸素の部分的圧力信号を溶存酸素濃度値に変換します。

光学式: 測定に光学技術を使用する溶存酸素センサは、蛍光を発することができる酸素感受性層を含みます。 この層はセンサ内光発光ダイオードからの光を吸収し、その光は蛍光として放出されます。 蛍光量は、サンプル媒体中に存在する酸素レベルに依存します。

溶存酸素センサをどのように校正しますか?

各溶存酸素計には、独自のスロープとゼロ点があります。 両方とも変化します。 溶存酸素センサの測定精度を高く保つためには、センサのスペアパーツを交換するたびに校正を実施する必要があります。 溶存酸素センサ校正は、1 点校正または2点校正として実施されます。 1点校正の場合、通常の校正媒体は空気であり、2点校正の場合には、さらに0%の酸素を含むガス、通常は純窒素が使用されます。

溶存炭酸ガス(CO2)とは?

溶存炭酸ガスとは、水または他の液体中に存在するCO2の量です。

二酸化炭素は、一般的にガスとして発生します。 したがってプロセスでの二酸化炭素インラインおよびオンライン測定は、二酸化炭素が溶解する気体中か液体中のいずれかに適用される圧力の測定値です。

溶存CO2はどのように測定しますか?

溶存炭酸ガスは、溶存炭酸ガスセンサを使用して測定されます。

用途や産業の種類によって、溶存CO2量は異なる単位で表示されます。

溶存CO2センサとは?

溶存炭酸ガスセンサは、溶解した二酸化炭素を測定する分析センサです。 メトラー・トレドの溶存CO2センサは高精度でリアルタイムのデータを提供し、重要な発酵および細胞培養プロセスへの理解を深めることができます。 溶存CO2センサが測定した情報は、バイオリアクター内の細胞代謝や他の変化に関する洞察を提供します。

溶存CO2センサはどのように機能しますか?

メトラー・トレドの溶存CO2センサは、インライン測定し、溶存炭酸ガスと液体のpHとの相関を利用するセバリングハウス原理の技術に基づいてリアルタイムCO2値を提供します。 検出電極は、ガス透過膜と電解液からなる隔膜から隔たれたpH電極です。 CO2は、膜を通って、溶存炭酸ガスセンサの内部電解液中に拡散します。そこでバイオカーボネートイオンと平衡し、pH値を変化させます。 電解液のpH値の相対的変化は、次にpH電極によって測定され、CO2と相関関係にあります。

溶存CO2 センサをどのように校正しますか?

一般的な溶存CO2電極の校正には、手順が2種類あります。 手順1では、pH標準液にてpH電極を校正しますが、膜本体は電極に取り付けません。 このステップでは、pH電極のスロープとゼロ点が校正されます。 溶存CO2センサを校正する手順2は滅菌後に必要とされ、プロセス校正と呼ばれます。 この第2校正手順は、滅菌後のpH電極に発生した僅かな偏差を補正します。

溶存オゾンとは?

オゾンは、水に注入されたり、水中で電解的に発生したりする強力な酸化性ガスです。 温度と水のpHに依存して、溶解したオゾンは迅速に無害な酸素に戻るため、プロセスのすぐ近くで生成して測定する必要があります。

溶存オゾンはどのように測定しますか?

溶存オゾンは、溶存オゾンセンサを使用して測定されます。

溶存オゾンセンサとは?

溶存オゾンセンサは、溶解したオゾンを測定する分析センサです。

溶存オゾンセンサはどのように機能しますか?

溶存オゾンセンサは、気体透過膜を使用してサンプルを電気化学セル内部から分離します。 オゾンは、溶存オゾンセンサ外側のオゾン分圧に直接比例して膜を通って拡散します。 センサ内のカソード(電流が分極された電気デバイスから流れ出す電極)とアノード(電流が分極された電気デバイスに流れ込む電極)は、オゾンの電気化学反応を発生させる電圧によって分極化されます。 アノードが酸化される間にオゾンがカソードで還元され、反応するオゾン量に直接比例して少量の電流を生成します カソード周囲に、ガード電極が備えられています。 さらに溶存オゾンセンサは温度値を使用し、温度によるオゾンの溶解度変化を補償してオゾンの分圧信号を溶存オゾン濃度値に変換します。

溶存オゾンセンサをどのように校正しますか?

溶存オゾンセンサの校正では、センサの新しい校正定数(ゼロ電流およびスロープ)を計算します。 したがって、ゼロ電流校正手順およびスローププロセス校正手順は、溶存オゾンセンサで実行する必要があります。

ほとんどのアプリケーションでオゾンのない空気や水が使用され、現在のオゾン校正において最も信頼性の高い標準を提供します。


 
Portable Dissolved Oxygen Meter
溶存酸素センサ
溶存炭酸ガス(CO2)センサ

Portable Dissolved Oxygen Meter

溶存酸素センサ

溶存炭酸ガス(CO₂)センサ

Portable DO meter for at-line ppb-level sampling or as a temporary on-line solution. Uses optical dissolved oxygen measurement for stable, accurate results.
化学、医薬品、電力、食品・飲料産業、マイクロエレクトロニクス、純水&排水アプリケーション向け高性能ポーラログラフ式溶存酸素センサ。
バイオテクノロジー、医薬品、飲料製造における最適な生産と品質維持のためのインライン溶存CO2測定。
Mobile oxygen measurement solution
Easy and intuitive touchscreen operation
IP67 enclosure resists wet environments
Cleanable flow-through design for at-line sampling
Stores data for up to 99 measurements points
0.1ppbから飽和までの最小DOレベル検出
最高の精度と最小限のメンテナンス
滅菌対応、繰り返しのCIP洗浄にも耐性あり
衛生面が重視されるアプリケーション対応モデル
インテリジェントセンサマネジメント(ISM)による予測診断
発酵管理のためのリアルタイムCO2モニタリング
純水管理におけるグラブサンプリングの課題とコストを排除
規制要件をサポートする全データのトレース
内蔵SIP、CIP、オートクレーブカウンター
FDA 準拠素材を採用
溶存オゾンセンサ
インテリジェントセンサマネジメント(ISM)アクセサリ
使い捨てセンサ

溶存オゾンセンサ

インテリジェントセンサマネジメント(ISM)アクセサリ

バッグ製造向けの使い捨てセンサ

プロセス制御のためのインライン溶存オゾン(O₃)センサは、純水アプリケーションで信頼性の高いモニタリングを提供します。
ソフトウェアや伝送ソリューションのようなISMアクセサリによって、ISM技術を最大限に活用できます。
ガンマ線滅菌可能なpHおよびDOセンサ。 使い捨てバッグを製造するバイオテック企業向け。
迅速なオゾン反応が殺菌プロセスをサポート
カートリッジ隔膜を使った簡単なメンテナンス
0 ppmまで対応できる正確なオゾン測定
最大稼働時間のための予測メンテナンス
プラグ&メジャーによる迅速な立ち上がり
プロセスから離れた場所でセンサを校正
センサの稼働履歴、健康診断、残存寿命モニタリング
センサシミュレータによる簡単システム検証
センサをコンピュータやモバイル端末に接続
幅広いアプリケーションに対応
標準のメトラー・トレド社製変換器との互換性
長期にわたる測定の安定性と性能
1" Eldon Jamesポートディスク向けに設計
Portable Dissolved Oxygen Meter

Portable DO meter for at-line ppb-level sampling or as a temporary on-line solution. Uses optical dissolved oxygen measurement for stable, accurate results.

Mobile oxygen measurement solution
Easy and intuitive touchscreen operation
IP67 enclosure resists wet environments
Cleanable flow-through design for at-line sampling
Stores data for up to 99 measurements points
溶存酸素センサ

化学、医薬品、電力、食品・飲料産業、マイクロエレクトロニクス、純水&排水アプリケーション向け高性能ポーラログラフ式溶存酸素センサ。

0.1ppbから飽和までの最小DOレベル検出
最高の精度と最小限のメンテナンス
滅菌対応、繰り返しのCIP洗浄にも耐性あり
衛生面が重視されるアプリケーション対応モデル
インテリジェントセンサマネジメント(ISM)による予測診断
溶存炭酸ガス(CO2)センサ

バイオテクノロジー、医薬品、飲料製造における最適な生産と品質維持のためのインライン溶存CO2測定。

発酵管理のためのリアルタイムCO2モニタリング
純水管理におけるグラブサンプリングの課題とコストを排除
規制要件をサポートする全データのトレース
内蔵SIP、CIP、オートクレーブカウンター
FDA 準拠素材を採用
溶存オゾンセンサ

プロセス制御のためのインライン溶存オゾン(O₃)センサは、純水アプリケーションで信頼性の高いモニタリングを提供します。

迅速なオゾン反応が殺菌プロセスをサポート
カートリッジ隔膜を使った簡単なメンテナンス
0 ppmまで対応できる正確なオゾン測定
最大稼働時間のための予測メンテナンス
プラグ&メジャーによる迅速な立ち上がり
インテリジェントセンサマネジメント(ISM)アクセサリ

ソフトウェアや伝送ソリューションのようなISMアクセサリによって、ISM技術を最大限に活用できます。

プロセスから離れた場所でセンサを校正
センサの稼働履歴、健康診断、残存寿命モニタリング
センサシミュレータによる簡単システム検証
センサをコンピュータやモバイル端末に接続
使い捨てセンサ

ガンマ線滅菌可能なpHおよびDOセンサ。 使い捨てバッグを製造するバイオテック企業向け。

幅広いアプリケーションに対応
標準のメトラー・トレド社製変換器との互換性
長期にわたる測定の安定性と性能
1" Eldon Jamesポートディスク向けに設計

関連文書

溶存酸素測定セオリーガイド
正確な溶存酸素測定のためのガイド
プロセス分析機器カタログ

サービス

サービスの詳細情報

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

ビデオ

pH Probe - Improving Accuracy in Measurement
Dissolved Oxygen Sensor - Get The Theory Guide
Dissolved Oxygen Sensor - Safeguarding Carbon Dioxide Measurement
 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.