リモート在庫管理向けのスマートシェルフ計量パッド
スマートシェルフ計量パッド

スマートシェルフ計量パッド

リモート在庫管理/補充ソリューションのための計量パッド

スマートシェルフブロックのイメージ
スマートシェルフのイメージ
スマートシェルフブロック

関連文書

スマートシェルフのソフトウェア

サービス

ひずみゲージロードセルに基づくスマートシェルフスケール棚と計量パッド

スマートシェルフはどのように動作しますか? スケール棚または個々のスケール計量パッドを設置します。 部品容器または他の材料をスケール棚の上に置きます。 複数のスケール棚が、コンバータボックスに(Cat 5ケーブル経由で)デイジーチェーン接続されたRS485デジタルプロトコルを通じて重量を伝えま...

スマートシェルフはどのように動作しますか?

スケール棚または個々のスケール計量パッドを設置します。 部品容器または他の材料をスケール棚の上に置きます。 複数のスケール棚が、コンバータボックスに(Cat 5ケーブル経由で)デイジーチェーン接続されたRS485デジタルプロトコルを通じて重量を伝えます。 コンバータボックスはRS485をRS232シリアルプロトコルに変換し、スケール棚に電力を供給します。 お客様のコンピュータはRS232プロトコルを介して通信し、スケール棚の重量をリアルタイムで監視します。 コンピュータのカスタマイズされたソフトウェア「フロントエンド」が、品物の平均単位重量を決定します。 これにより在庫レベルと使用状況を追跡できます。 コンピュータはインターネット(クラウド)経由で通信し、在庫状況の報告、補充が必要かどうかの判断、自動的な発注などを行います。 

完全なスマートシェルフの外観はどのようなものですか?

完全なスマートシェルフは、スチール製の物品棚、計量パッド、スケールPCBボード(A/Dコンバータ)、計量皿で構成されており、組み立て済み、校正済みの状態で、お客様の現場に直ちに設置することができます。 スケール棚は、Cat 5ケーブル(RJ45コネクタ)を使用してデイジーチェーン接続されており、BITO/Schaefferシェルフラックと互換性があります(台はかりとフロアスケールを除く)。

仕様:

o 48” x 12”(英単位系):

 計量パッド x 6(ひょう量各25lb)

 計量パッド x 4(ひょう量各50 lb)

o 1000 x 400mm(メートル単位):

 計量パッド x 6(ひょう量各8kg)

 計量パッド x 4(ひょう量各20kg)

 計量パッド x 1(ひょう量100kg)

o 台はかり:

 600kg(820 x 620mm)

o フロアスケール:

 1000kg(1200 x 800mm)

 

計量パッドとは何ですか?

計量パッドは、ひずみゲージロードセル、過負荷保護機能を備えたハウジング、1mまたは3mのRJ11ケーブルで構成されています。

仕様:

• 6”L x 3.5”W x 0.77”H

• 2kg、10kg、25kg

• IP65(防水)

• 150%までの過負荷保護

• 広い温度範囲(-20~65℃)

 

スマートシェルフと計量パッドの違いは何ですか?

完全なスマートシェルフは、設置が簡単でシンプルなスケール棚です。 スケールPCBボードも既に組み込まれており、計量パッドに接続済みです。 スケール棚は互いに、またコンバータにデイジーチェーン接続されています。 

計量皿付きの計量パッドはひずみゲージロードセルで構成され、堅牢なスチール製スケール棚に組み込まれています。 計量パッドの方が複雑ですが、高い柔軟性も備えています。 互いに、またコンバータにデイジーチェーン接続されているスケールボードに計量パッドを接続する必要があります。 計量パッドによって、さまざまな計量機能や物理的レイアウトを組み合わせることができます。


このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。