リアルタイムのバイオバーデン(微生物汚染)試験
ホワイトペーパー

リアルタイムのバイオバーデン(微生物汚染)試験

ホワイトペーパー

プロセス制御の改善

リアルタイムのバイオバーデン(微生物汚染)試験
リアルタイムのバイオバーデン(微生物汚染)試験

薬局方規制で求められるその他のパラメータに利用できるオンライン測定と比較すると、培養法によるバイオバーデン(微生物汚染)分析は測定までに時間を要します。 ラボで行われている製薬用水の微生物汚染測定は、基本的にその手順は大まかには同じものです。寒天プレートの上に水のサンプルを5日以上おいてから、コロニー形成単位(CFU)の数をカウントするものです。

この方法は時間がかかり、サンプリング時のシステムの水質に対しての測定結果を提供していることになります。

しかし現在では代替方法があります。 リアルタイムに連続データを提供し、水システムのバイオバーデン(微生物汚染)の程度について完璧な状況を提供する方法

オンライン微生物検出分析器によるバイオバーデン(微生物汚染)試験には、製薬用水システムのプロセス制御を改善する多くのメリットがあります。 このホワイトペーパーでは以下の5点に注目しています。
 

オンライン微生物検出分析器は、製薬業界のニーズである以下を可能にする革新的なソリューションです。

  • 微生物汚染の変化を分析・対応
  • 殺菌の効果判定
  • 製造に必要な製薬用水を迅速に提供

7000RMS微生物検出分析器は実績のある光学測定技術を組み合わせて使用し、リアルタイム データを提供して製薬施設の水システムのプロセス透明性を確保します。

このホワイトペーパーでは、7000RMSをバイオバーデン(微生物汚染)試験で利用することで、どのようにプロセス制御を向上し、仕様外の水を放出するリスク軽減につながり、また殺菌コストを削減し、生産性を向上させるのかについて説明しています。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.