プラスチックペレットの水分率の制御—メトラー・トレド
コレクション

プラスチックペレットの水分率を測定する方法は?

コレクション

HX204水分計を用いたプラスチックペレット中の水分率を測定する方法のガイダンス

プラスチックペレットの水分率測定
プラスチックペレットの水分率測定

高品質なプラスチック部品の製造において、プラスチックペレットの水分率は重要なポイントであるため、きちんと管理する必要があります。 ポリマー樹脂の水分率を適切にすることにより、混合や射出成型時のトラブルを防ぎ、表面が滑らかで機械的特性の優れた成型部品が得られます。 高品質な製品の製造には、プラスチック樹脂の水分率管理が非常に重要です。 公式のカールフィッシャー滴定法に代わる正確で簡単な代替メソッドは、HX204水分計です。

 

カールフィッシャー滴定法の代替メソッドとは?

  • カールフィッシャー(KF)滴定法は、プラスチックの残留水分含有量を測定するためのASTM標準試験法です(ASTM D6869、プラスチックの水分含有量の電量法および容量法による測定のための標準試験法)。しかし、カールフィッシャー滴定法は、工場スタッフによる24時間365日体制の製造現場では適切ではありません。
  • カールフィッシャー滴定法に代わる日常検査用のメソッドとして、ASTMは「重量損失によるプラスチックの水分含有量測定のための標準試験法」、ASTM D6980を開発しました。 このメソッドでは測定に水分計を使用する方法が規定されています。
  • ハロゲン水分計は、ASTMで認定された、プラスチックの残留水分含有量測定の検査方法です。

0.1mgの分解能の機器を使用する必要がありますか。

  • プラスチックペレットに含まれる水分量は、食品サンプルの約100分の1以下です。 そのような極微量の水分を確実、正確な方法で測定するには、0.1mgレベルの高分解能を備えた水分計を使用する必要があります。
  • メトラー・トレドの水分計の中では、このような高い分解能を提供できるのはHX204だけです。
HX204水分計
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.