食品向けの水分計

高性能水分計

最高品質の製品を実現する性能を備えた最高級水分計

HX204/HS153高性能水分計

この水分計は、最高の精度、測定性能、品質管理基準の遵守が求められる分野で、比類なき性能を発揮する最上級ラインの水分計です。 最小表示が最大0.1mgの高性能MFR計量セルを搭載した画期的な懸架式計量皿により、最高の計量性能と安全で簡単な清掃を実現します。 直感的なユーザーインターフェイスと7イ...

この水分計は、最高の精度、測定性能、品質管理基準の遵守が求められる分野で、比類なき性能を発揮する最上級ラインの水分計です。 最小表示が最大0.1mgの高性能MFR計量セルを搭載した画期的な懸架式計量皿により、最高の計量性能と安全で簡単な清掃を実現します。 直感的なユーザーインターフェイスと7インチの大型タッチスクリーン、グラフィカルなユーザーインターフェイスにより、使いやすく、簡単な操作が可能です。 新しい標準となるユーザー管理、パスワード保護、メソッドのショートカットと割り当てにより、迅速かつ安全にエラーを起こさずに操作ができます。

内蔵のメソッドウィザードは、最小限の労力で信頼性の高い水分率測定の結果を提供する堅牢なメソッドの開発をサポートします。 シンプルな3つのステップで、水分率測定メソッドの開発プロセスをガイドしてくれます。 水分率の基準値(オーブン法などから)と一致させるため、このプロセスはサンプルの特性を考慮に入れ、適切な乾燥温度、乾燥プログラム、スイッチオフ基準を決定しています。

結果予測ソフトウェアの機能が組み込まれているため、測定時間が通常の数分の1(例:2分程度)まで短くなります。

品質管理システムに最高のデータの完全性と高度な日常点検機能が求められる場合には、HX204/HS153水分計がニーズを満たす水分計です。 高性能な水分計として、ガイド付きの温度/重量検査、ガイド付きの調整、安全な結果保存、使用時のシンプルな文書作成といった特長を備えています。 水分計の性能を継続的に維持するには、SmartCalを使用して簡単な日常点検(校正)を行い、不確実な期間を短くすることで品質管理の盲点をなくすことができます。

HX204/HS153水分計は、PDFやCSVのレポート作成、ネットワークやローカルのプリンタで印字ができるなど、レポート作成のための多くのオプションを提供しています。 Ethernet、WiFi、RS232、USB、SDカードインターフェイス経由で、あらゆる形式のレポートを転送することができます。 また、ネットワーク接続により、システムとネットワークの統合も簡単です。

 

FAQ

1. 非常に低い水分含有量の測定に最も適しているのはどの水分計ですか? 
HX204とHS153は、加熱部と計量部を分離する懸架式計量皿と高性能MFR計量セルを備えているため、低い水分含有量(<1% MC)のサンプルでも最高の測定性能を発揮します。 さらに、HX204水分計 には高分解能(0.1mg)のオプションも付いています。  これは、2桁目の数字(% MC)が重要な場合、最後の桁の丸め誤差がエラーの主な原因となるため、重要なオプションです。 0.001% MCの最小表示が必要なサンプルの一般的な例としては、プラスチックペレットや砂糖が挙げられます。

 

2. プラスチックの水分率を正確に測定する場合、なぜHX204水分計が必要なのですか?
水分含有量が非常に低いプラスチックや砂糖などのサンプル(< 1% MC)で信頼性と繰返し性の高い結果(0.001% MC)を得るには、優れた測定性能と0.1mgの最小表示が必要です。 さらに、高分解能の予熱(0.1mg)やサンプルに余分な加熱時間を与えるスイッチオフ基準の遅延などの特別な設定も、プラスチックの正確な水分率測定のために重要です。 ASTM標準D6980-12 "Standard Test Method for Determination of Moisture in Plastics by Loss in Weight(重量減少によるプラスチックの水分測定の標準試験方法)"では、0.1mgの分解能を備えたHX204などの水分計の使用だけが認められています。

 

3. HX204/HS153水分計でデータの完全性を確保するにはどうすればいいですか?
GMP、GLP、USP、ISOなどのガイドラインに従って作業を行う規制の厳しい業界では特に、結果だけでなく、測定を実行したユーザーも記録することが重要です。 このようなデータの安全性を確保するには、検査を実施した人の名前をレポートに記録するユーザー管理機能を備えた機器が必要です。

 

4. HX204/HS153水分計は21 CFR Part 11に準拠していますか?Excellenceレベルの水分計は、パスワードで保護されたユーザー管理やメソッド割り当てなど、スマートなソフトウェア機能を幅広く備え、21 CFR Part 11などの業界規制の遵守をサポートします。 しかし、このような機能を有効にして必要なトラック&トレースを可能にするのは、ユーザーの責任です。

 

5. HX204/HS153水分計を自社のネットワーク/LIMSに接続できますか?
できます。 Ethernet、Wi-Fi経由でHX204またはHS153をネットワークに接続するだけで、ネットワークプリンタで結果の印字や、ファイルサーバーにPDFやCSVレポートの保存が可能です。 

 

6. 水分率測定プロセスの自動化や水分計の遠隔制御は可能ですか? 
HX204とHS153のどちらも、付属の包括的なMT-SICSコマンドセットを使用して遠隔制御が可能です。 自動化に適しているのは、自動開閉可能な蓋を搭載しているHX204になります。 これにより、さまざまな乾燥メソッドの選択や開始などを含め、水分率測定を完全に自動化することができます。

 

7. HR83/HR73水分計の取り換えを考えています。 どのモデルを選ぶべきですか?
HR83/HR73水分計に代わる水分計として、HX204の選択をお勧めします。 最新の革新技術が搭載されているため、水分率測定を安全かつ便利にできると同時に、優れた測定性能も維持することができます。 さらに、1つ上のレベルの水分率測定ができる直感的な操作、シンプルなネットワーク接続、ユーザー管理、内蔵の日常点検などのメリットも得られます。

 

8. HG63/HG53水分計の取り換えを考えています。 どのモデルを選ぶべきですか?
HG63/HG53水分計に代わる水分計として、HS153の選択をお勧めします。 最新の革新技術が搭載されているため、水分率測定を安全かつ便利にできると同時に、優れた測定性能も維持することができます。 さらに、1つ上のレベルの水分率測定ができる直感的な操作、シンプルなネットワーク接続、ユーザー管理、内蔵の日常点検などのメリットも得られます。 

 


あらゆる種類のサンプルで正確な結果

高速のハロゲンによる加熱と、最大0.001%の水分含有量最小表示による優れた計量性能により、信頼性と繰返し性の高い水分率測定の結果が得られます。 メソッド開発機能を内蔵し、最小限の労力で信頼性の高い水分率測定メソッドの作成をサポートします。

 

データ管理とプロセス制御

コンプライアンス機能を活用し、水分計にオリジナルの記録がない状態で自動エクスポート/印字機能を備え、ALCOA+原則を遵守します。 個々のアクセス権と自動ロック機能によりユーザーを定義します。 ホーム画面を事前設定してエラーを減らし、プロセスの安全性と効率性を高めます。

 

多様なデータ転送と印字

レポートを作成する場合は、フラッシュドライブかファイルサーバーにデータを転送するだけです。 USB、Ethernet、RS232など、多様なインターフェイスから選ぶことができます。 その他にも、ストリッププリンタかネットワーク上のプリンタでも結果を印字できます。 ニーズに合わせ、さまざまなレポート形式を利用し、内容をカスタマイズできます。

 

モデル/仕様

 
モデル/仕様
検索条件:
フィルター
すべてをクリア
 
2 gのサンプルでの繰り返し性(sd)
10 gのサンプルでの繰り返し性(sd)
乾燥プログラム
結果の取り扱い
ユーザー管理
品番: 30019875
詳細をご覧ください
2 gのサンプルでの繰り返し性(sd)0.05 %
10 gのサンプルでの繰り返し性(sd)0.01 %
乾燥プログラム; ; ;
結果の取り扱い; ; ; ; ;
ユーザー管理; ;
スイッチオフ基準; ; ;
テスト/調整; ; ; ;
温度増分1 °C
表示モード; ; ; ; ; ;
最大ひょう量200 g
品番: 30019876
詳細をご覧ください
2 gのサンプルでの繰り返し性(sd)0.05 %
10 gのサンプルでの繰り返し性(sd)0.01 %
乾燥プログラム; ;
結果の取り扱い; ; ; ; ;
ユーザー管理; ;
スイッチオフ基準; ; ;
テスト/調整; ;
温度増分1 °C
表示モード; ; ; ; ; ;
最大ひょう量150 g
比較

関連文書

製品情報

データシート: HS153 ハロゲン水分計
生産性の強化が求められる ラボや工場に最適 HS153は、水分率が生産性を左右する環境に最適な水分計です。
データシート: HX204
ハロゲン水分計 コンプライアンス対応設計が 安心感を提供 HX204は、研究、品質管理、製造における厳しい要求を満たすよう設計されています。

Manuals

User Manual Moisture Analyzer Excellence Plus HX204
Easy reference guide to help you quickly set-up and start using your Moisture Analyzer Excellence Plus HX204
 ユーザマニュアルHS153
お買い上げ頂いたハロゲン水分計は先端技術を結集したもので、最新の測定器に求められる安全性を満たすものです。
MT-SICS Interface Commands for Moisture Analyzers HX/HS/HC
Reference Manual for the Standard Interface Command Set for your balance to enable integration with other devices and/or systems.
製薬業界向け水分計測定方法コレクション
医薬品添加物の水分率計測法のコレクションでは、最も一般的な医薬品添加物の水分率計測結果を乾燥オーブン法と比較しています。
食品の水分率を測定する方法
食品の水分率測定を高い信頼性で行う方法とは? 水分計を使用してほんの数分で食品の水分率を測定する方法をご確認ください。

SOP(標準操作手順書)

SOP:SmartCal™ によるハロゲン水分計の日常点検
SmartCal による検査は、水分計の全体的な機能をチェックする迅速な手法です
SOP ハロゲン水分計の温度校正
ハロゲン水分計の温度補正や繰り返し実施する温度の校正/調整には、製造者が提供する専用の温度調整(校正)キットを使用してください。
SOP:水分計計量部の日常点検
水分計の計量部の感度テストを行う場合は、ひょう量付近の検査用分銅(ひょう量の 50% ~ 100%)の使用を推奨いたします。

アプリケーションとノウハウ

水分率測定ガイド(日本語版)
この水分率測定ガイドは、水分計を扱う際に重要となるポイントについての情報や、迅速、確実、簡単に水分率を測定するために役立つ情報を提供しています。
プラスチックペレットの水分率
HX204水分計を用いたプラスチックペレット中の水分率を測定する方法のガイダンス
食品の水分率を測定する方法
食品の水分率測定を高い信頼性で行う方法とは? 水分計を使用してほんの数分で食品の水分率を測定する方法をご確認ください。
砂糖の水分率
このアプリケーションノートでは、砂糖工場で砂糖とその副産物からできる製品の水分率を迅速に測定する様子を紹介します。
水分計
メトラー・トレドの水分計シリーズは、迅速かつ正確で信頼性の高い水分率測定を可能にします。

サービス

アクセサリとソフトウェア

水分計用アクセサリ
このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。