走行中計量 │ メトラー・トレド
移動中の計量
移動中の計量
移動中の計量

メトラー・トレドの走行中計量システムによってお客様の施設の生産性、自動化、安全性が向上します。 低速走行中計量(Low-speed weigh-in-motion = LS WIM)トラックスケールと走行中計量(coupled-in-motion = CIM)鉄道関連スケールでは、スケールの上で完全に停止する必要がないため、わずかな時間、わずかなコストで多くの計量ができます。

LS WIMソリューション

この経済的なソリューションは、最大15mphの速度でスケールプラットフォーム上を走行する車両を高い精度で計量します。 LS WIMトラックスケールの設置には以下のようなメリットがあります。

1. スループットの向上

  • 規制を遵守しながらスループットを向上
  • 計量するトラックの台数を1スケールあたり1日で80%増加
  • お客様や道路管理者に迷惑をかける交通渋滞を回避

2. 設置面積の減少

  • 静的スケールよりも最大で70%少ない投資
  • 最大で5分の1まで設置時間を短縮
  • 最も柔軟な設置オプションによりプロセスの必要性に応じた設置が可能

3. システム統合

  • 妥協のない希望に応じたシステム設計
  • コンサルティングに基づくプロジェクトのアプローチにより設置時間を短縮

4. 無駄のない処理と荷重の計画

  • トラフィックフロー後半での予期しない重量の発生を回避することで無駄のないコンテナ処理を確保
  • 処理するコンテナの量をクレーンスケールよりも50%削減

5. メンテナンスとサービス

移動中の計量
移動中の計量

CIMソリューション

この商取引適合ソリューションは、速度3~6mphでスケール上を通過する車両を列車としてまとめて計量します。 CIMスケールでは重量、速度、方向によって各車両を識別し、各車両の重量を高い精度で報告します。

CIM車両関連スケールの設置には以下のようなメリットがあります。

1. 効率の向上

  • 計量とすべての情報の記録を自動的に行うことにより必要な労力を削減

2. 柔軟性の向上

  • システム全体を無人にし、トラフィックフローの都合に合わせて離れた場所に配置

3. データ統合の向上

  • 計量プロセスからオフィスでのデータ入力プロセスまでの全データの自動化が可能
  • 手動の入力がないため人為的エラーのリスクが減少

4. 速度

  • 車両の平均計量時間は、静的計量の3~5分(車両切り離し→車両移動→車両計量→車両移動→再連結)に対して10~15秒
  • スケールの分離により生命を危険に曝す状況が発生しない、オペレーターの安全性が損なわれないプロセス速度の向上

希望するプロセスの実行効率とコスト効率を静的スケールで達成できない場合は、走行中計量ソリューションを検討するときです。 今すぐ詳細をご確認ください。

その他の関連コンテンツ

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.