吸収分光法を用いたレーザガス分析計、高圧、高温な環境においても腐食性のガスなど様々な測定が可能 - メトラー・トレド

吸収分光法を用いたレーザガス分析計、高圧、高温な環境においても腐食性のガスなど様々な測定が可能

波長可変半導体レーザー(TDL)ガス分析センサは、産業プロセスにおけるガス分析技術として急速に拡大しています。ところが、測定場所の環境によってTDLの使用が制限されることも判明しています。メトラー・トレドは、ガス分析について再考察を加えて、プロセスで対応が必要とされる場所や環境でTDL設置を可能にする多用途のプラットフォーム、GPro 500シリーズを開発しました。

Rethinking Gas Analytics

    

 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.