車両計量システムとソリューション/トラックスケール | メトラー・トレド
 
メニュー
車両計量システムとソリューション

車両計量システムとソリューション

計量台、トラックスケール、ロードセル、アップグレード、アクセサリ

車両計量システムとソリューション

正確な計量台は、施設内外の在庫をより適切に追跡するための作業にも役立ち、材料の使用状況を知る上で有用な情報を得ることができます。 DataBrige™などの当社ソフトウェアソリューションでは、オペレーターはユーザーフレンドリーなインターフェイスによってトランザクションを管理できます。 1つのシ...

正確な計量台は、施設内外の在庫をより適切に追跡するための作業にも役立ち、材料の使用状況を知る上で有用な情報を得ることができます。 DataBrige™などの当社ソフトウェアソリューションでは、オペレーターはユーザーフレンドリーなインターフェイスによってトランザクションを管理できます。 1つのシステムから、チケットの提供、データの追跡、結果の分析を簡単に行うことができます。

メトラー・トレドは、トラック計量、計量台、ロードセルを含む電子計量台ソリューションを米国と中国の施設で製造しています。 電子車両計量メーカーとして、当社の包括的なサービスパッケージは、最も肝心な製造工程で重要な機器が稼働を持続するために役立ちます。 トラック計量台校正サービスによって、トラック計量台オプションに適用される機器の正確性と商取引適合基準への準拠を維持することができます。 はかりのヘルスチェック、清掃、再塗装、アップグレードなども、トラック計量台の日常的なサービスに含まれています。これらはすべて、業界でトップクラスの熟練サービス技術者が実施します。 メトラー・トレドは、お客様に適した価格の市販用電子計量台と計量台をご用意しています。

お使いのアプリケーションに関わらず、メトラー・トレドは、世界トップクラスの電子車両計量メーカーとして、お客様の計量/業務のニーズに適した高性能な計量台、インターフェイス、ソフトウェア、アクセサリを提供します。 これらのトラック計量やトラック車両計量システムは、このタイプの最も革新的なシステムとして高い正確性と信頼性を兼ね備えています。  このシステム品質の高さが、お客様の車両計量システムや事業の継続的な稼働に貢献します。

トラック計量台とは何ですか?車両計量システムはどのように機能しますか?
トラックスケールとしても知られる計量台は、複数のコンポーネントから構成され、それらの適切な連携によりはかり上に乗ったトラックの重さを計量するシステムです。 構成要素には、基礎部、ブリッジまたはデッキ、ロードセルシステム、指示計、その他アクセサリが含まれます。 これらのパーツが連動して計量値が出力され、その値は勘定支払い、在庫追跡に使用したり、オフロードや長距離道の法定重量制限のチェックに使用したりできます。 計量台/トラックスケールは、小規模農家から多国籍企業の複合設備まで、さまざまなサイズに対応できます。

計量台の価格はどの程度ですか? トラック計量台の価格はどの程度ですか?
計量台の価格は、以下のような異なる要素に応じて変わります。

  • トラックスケールモジュールの長さやカスタムの幅広寸法などのサイズ
  • 車両計量システムの品質
  • 鋼材またはコンクリートデッキなどの材料
  • 計量台とともに購入したロードセルシステム
  • 設置の複雑さに応じて異なる設置費用
  • はかりに必要な計量台の管理用ソフトウェアとアクセサリ

トラックスケールまたはトラック計量台の購入時には、計量台の価格以外に考慮が必要な要素があります。 車両計量システムの長期的なコストを考慮し、数少ない定評ある車両計量メーカーから購入先を確実に選ぶ必要があります。 世界トップクラスの電子車両計量メーカーとして、メトラー・トレドは市販の計量台には20年以上の耐用期間が必要だと考えます。 部品の経年故障の発生に伴い、計量台コンポーネントの修理と交換にかかるコストが累積します。 適切な電子車両計量メーカーの高品質のはかりに先行投資することで、車両計量システムの保守に将来必要となる数千ドルを節約することができます。

確かにトラックスケールの購入には大きな決断が必要です。 はかりは複雑な上に高額でもあります。 しかし、購入前に十分調査すれば、将来的には時間や経費を節約し、問題も減らすことができます。

多くの場合、トラックスケールを購入する際には、低価格なものを選びがちです。 価格は低額でも、問題が増えれば経費はすぐに上昇します。安価なトラックスケールを選ぶ前に、実情を検討することをお勧めします。 今後15年間に、トラックスケールの実際の支出はどの程度になるでしょうか?

トラックスケール初期購入額の内訳は次のようになります。

  • 35% 計量台
  • 20% ロードセルシステム
  • 20% 基礎
  • 15% 納入と設置
  • 10% 指示計とソフトウェア

これらは、企業を問わずあらゆるトラックスケール購入にかかる標準的なコストです。初期の購入額を低く抑えるには、企業は生産プロセスの中でやり繰りするかまたは低品質なロードセルシステムを使用して経費を節約します。これらは総所有コストに大きく影響する要素であり、結果的にはかりの経費が想定を上回る原因にもなり得ます。

はかり所有の運用経費の内訳は次のようになります。

  • 76% ロードセルシステム
  • 10% 指示計
  • 5% 計量台
  • 5% アクセサリ
  • 4% ソフトウェア

ロードセルシステムの品質が低いと、経費はすぐに上昇します。所有コストには、部品のメンテナンス、修理、交換、人件費が含まれます。また、ダウンタイムや計量エラーなど業務への悪影響もあり、特に高価な原材料をバルクで計量する場合などに顕著です。

このグラフは10年間ではかりにかかる実際の経費を示しており、実地で集められたデータに基づいています。 初期購入額は高品質な POWERCELL® PDX®の方が高い一方、わずか数年で低価格なアナログスケールの経費が上昇し始めます。

安価なはかりの方が経費節約になるという考えは、見直すべきかもしれません。 現在そして将来も最善の結果をもたらす唯一の選択、それがメトラー・トレドのはかりです。

計量台またはトラック計量台の耐用期間はどの程度ですか?
世界トップクラスの電子車両計量メーカーとして、メトラー・トレドは、車両計量システムは20年間以上の長期的な投資であると考えています。 ただしその期間は、使用状況、環境、はかりの構造品質、車両計量メーカーの選択によって異なります。 たとえば、1日あたり50台のトラックだけを計量するはかりは、1日500台のトラックを計量するはかりよりも寿命が長くなるでしょう。 トラックスケールまたはトラック計量台の購入では、はかりの寿命を証明するために実施するライフサイクルテストについて質問することが重要です。 大半のメーカーは、FEAコンピュータシミュレーション設計テストを使用して、自社のはかりの設計を証明します。 メトラー・トレドはさらに踏み込んで、全モデルのはかりと計量台に対し、市販前に実質的なライフサイクルテストを実施します。 当社は、独自のテストモジュールMasherを使用して、100万から200万サイクル、あるいは20年にわたる過酷な使用で、当社のはかりや計量台の設計をテストしています。 この証明は、現在も使用されている質の高いトラックスケールの長きにわたる実績とともに、当社トラックスケールシステムと計量台の寿命の証です。

アナログロードセルとデジタルロードセルの違いは何ですか?
従来のアナログシステムを使用した計量台には和算箱が必要です。 和算箱は、次のような環境からの干渉を受けやすくなります。

  • 水による和算箱とケーブルの損傷
  • 温度による正確性の変動
  • 落雷による故障

さらに、アナログシステムはデジタルシステムよりも正確性が低いことが実証されています。 メトラー・トレドのPOWERCELLデジタルロードセルは環境要因からの保護と正確性が向上しています。 当社のPOWERCELL PDXシステムでは、和算箱を取り除くことにより、計量台の最大の故障原因を解消しました。 実際に、現場で集めた修理データから、当社のロードセルの故障率が0.02%未満であることがわかっています。これは、市販用計量台ではかつてない信頼性です。 POWERCELL PDXセルでは、A/D(アナログ-デジタル)変換後に信号後処理も追加されており、温度、直線性、ヒステリシスによる誤差を排除し、トラックスケールでのより純度の高い重量測定、つまりより正確な計量を可能にします。

お使いの計量台のロードセルを頻繁に交換していますか? ロードセルアップグレードキットについてご確認ください。
ロードセルのアップグレードキットは、計量台が良好な状態にあるトラックスケールにお使いいただけます。 計量台がかなり新しいにもかかわらず、ロードセルシステムが頻繁に故障している場合は、メトラー・トレドのアップグレードキットの利用をご検討ください。 トラックスケールをPOWERCELL PDXシステムにアップグレードすると、次のような、新しいはかりを使用するさまざまなメリットを得られます。

  • 正確性の向上
  • 信頼性の向上
  • 故障の減少
  • 修理コストの削減
  • 長いはかりの寿命

新しい計量台に支払う金額の数分の1で、優れた計量台をご利用いただけるようになります。

計量台ではどのようにトランザクションを自動で追跡できますか?
はかりの上を通過するトラック積荷の在庫管理とトランザクションの追跡は難しく、特に、トランザクションを手書きで記録している場合や古いバージョンのソフトウェアを使用している場合は困難です。 これらのシステムでは、人為的エラーの可能性も高まります。 メトラー・トレドのデータ管理用ソフトウェア、DataBridgeを使用することで、このプロセスを完全に自動化できます。 次のメリットがあります。

  • 在庫管理の追跡/トレースの強化
  • レポート機能
  • 無人で操作可能な指示計との接続
  • ユーザーが作成したアプリケーション向けのプラグインテクノロジー
  • 高度な不正防止

これらのメリットにより、時間を要する本来の業務に集中できるようになります。

取引相手が計量台をごまかす最も一般的な方法は何ですか?
トラックスケールを利用した不正行為はよく見られるようになってきており、その方法は世界のあらゆる地域でより巧妙になっています。 多くの企業は時間と費用をかけて門と警備室で施設を守っていますが、トラックスケールで盗み取られている可能性があることに気付いていません。 当社は、トラック運転手がトラックスケールで不正行為を働く上位5つの方法の防止を目標としてきました。

  1. 不適切な位置取り
  2. ロードセルの改ざん
  3. 荷重を軽量に見せかける
  4. 商品の消失
  5. データ改変

詳しくは、無料のFraud Prevention Guide(英語版)をダウンロードしてください。

計量台に必要な校正の頻度は?
計量台を校正する頻度は現場ごとに異なり、使用状況にも大きく影響されます。 1日50台のトラックを計量するトラックスケールは、1日400台のトラックを計量するスケールほど頻繁な校正は必要ありません。 さらに環境条件も、はかりに必要な校正の頻度を左右する要素になります。 現場でのニーズを判断する最良の方法は、メトラー・トレドのサービス技術者によるヘルスチェックの日程を組むことです。 サービス技術者は、チェックの結果と、使用状況について伝えられた情報から判断して、校正などの予防保守をどのような手順で実施すればよいか提案することができます。

校正以外に、計量台に必要な整備とは?
校正は、計量台の整備と正確さの確保の重要な部分ですが、はかりの寿命を延ばすための予防保守には他にも多くの作業内容があります。 次の点について考慮する必要があります。

  • はかりを清潔に保つ方法
  • 故障を回避するための計画的メンテナンス
  • 指示計エラーログの確認
  • ロードセルの点検

計量台の整備作業について詳しくは、予防保守ガイドをダウンロードしてください。

計量台の校正証明書にはどのような正当性がありますか?
校正によってトラックスケールの計量性能が決まります。はかりの日常的な校正と調整により、安全に測定し、コンプライアンスを確保し、不正確な測定による利益の喪失を回避できます。 一貫した手順によりコンプライアンスを実現し続け、NIST Handbook 44、OIML、NMIなど、地域や全世界の規制、規格を遵守できます。

校正以外に、計量台に必要な整備とは?
  校正は、計量台の整備と正確さの確保の重要な部分ですが、はかりの寿命を延ばすための予防保守には他にも多くの作業内容があります。 市販用計量台では次の点を考慮する必要があります。

  • はかりを清潔に保つ方法
  • 故障を回避するための計画的メンテナンス
  • 指示計エラーログの確認
  • ロードセルの点検

市販用計量台の整備作業について詳しくは、予防保守ガイドをダウンロードしてください。 メトラー・トレドは、業界をリードする車両計量メーカー、サプライヤー、輸出企業の1社として、最高品質の計量台を提供しています。 次にお求めになる市販用計量台については、当社ウェブサイトをご覧ください。


計量台管理ソフトウェア/トラックスケール
長距離トラック用トラックスケール
トラックスケール(車両重量計)向けのロードセルのアップグレード
オフロードアプリケーション向け計量台

計量台ソフトウェア/トラックスケール管理ソフトウェア

長距離トラック用トラックスケール

トラックスケールのアップグレード

オフロード用ウェイブリッジ

生産性と利益を確保するための車両スケールの管理システムで、計量トランザクションデータを完全にコントロールできます。
公道走行可能車両向けの計量プラットフォームはスチール製デッキ、またはコンクリートデッキで使用できます。
最新の車両計量テクノロジーで既存のはかりを改良することで、問題を排除してはかりの寿命を延ばすことができます。
オフロード輸送で使用される大型トラックを計量するはかり。
ビジネスの向上
高速トランザクション、少ないエラー、質の高い情報
最適さを追求
あらゆる規模の事業向けに設計されたパッケージ
高強度
過酷な用途向けに実証済みの構造設計
長寿命
高品質の材質と製造で長期間持続する性能を実現
複数構成
フルレングス、多軸、短軸構成から選択可能
信頼性を向上
頻繁なダウンタイムや高額な修理費用の問題の原因を排除
収益性を保護
トランザクションから利益を奪う隠れた計量エラーを解決
極めて苛酷な環境で使用可能
POWERCELL の高い性能で、最大 500 トンまで計量
頑丈な構造
長年にわたり高い負荷と厳しい環境に対応
車両スケール用指示計
車両スケール用アクセサリ
計量台/トラックスケールロードセル
トラックスケールと鉄道関連スケールの組み合わせ

車両スケール用指示計

車両スケール用アクセサリ

計量台/トラックスケールロードセル

トラックスケールと鉄道関連スケールの組み合わせ

基本的な計量から、統合型のコントロールシステムまで、適切な指示計がお客様のニーズに対応します。
車両スケールの性能を向上させるために開発されたさまざまなアクセサリをご用意しています。
トラックスケールと鉄道関連スケール向けに設計された高度なロードセルは、過酷な用途で計量の正確性と信頼性を高めます。
トラック計量向けに組み込まれたコンクリートデッキと、レール車両計量向けのレール部分が組み合わされています。
明確な情報
カラーディスプレイ、簡単な管理、シンプルな設定などオペレーターにさまざまな利点を提供
統合の強化
プリンタ、リモートディスプレイ、計量ソフトウェアを接続して、情報を管理
アクセスしやすさの向上
無人の計量指示計で計量トランザクションをいつでも処理
通信の向上
ドライバーにリモート計量ディスプレイ、プリンタなどの情報を常に提供
トラフィックコントロール
センサ機器による自動トラフィック管理
最高の品質
妥協のない性能を提供するレーザー溶接のステンレス綱
環境要因からの保護
地球上で最も過酷な環境に対応する設計
高い正確性
計量テクノロジーをリードする革新技術
多機能性
1台のはかりで複数車両の計量のニーズに対応し、スペースと経費を削減できます。
高い強度
複数車両のローディングポイントに対応する設計
計量台管理ソフトウェア/トラックスケール

生産性と利益を確保するための車両スケールの管理システムで、計量トランザクションデータを完全にコントロールできます。

長距離トラック用トラックスケール

公道走行可能車両向けの計量プラットフォームはスチール製デッキ、またはコンクリートデッキで使用できます。

トラックスケール(車両重量計)向けのロードセルのアップグレード

最新の車両計量テクノロジーで既存のはかりを改良することで、問題を排除してはかりの寿命を延ばすことができます。

オフロードアプリケーション向け計量台

オフロード輸送で使用される大型トラックを計量するはかり。

車両スケール用指示計

基本的な計量から、統合型のコントロールシステムまで、適切な指示計がお客様のニーズに対応します。

車両スケール用アクセサリ

車両スケールの性能を向上させるために開発されたさまざまなアクセサリをご用意しています。

計量台/トラックスケールロードセル

トラックスケールと鉄道関連スケール向けに設計された高度なロードセルは、過酷な用途で計量の正確性と信頼性を高めます。

トラックスケールと鉄道関連スケールの組み合わせ

トラック計量向けに組み込まれたコンクリートデッキと、レール車両計量向けのレール部分が組み合わされています。

サービス

計量台、ロードセルシステム、アップグレード、アクセサリ

サービスプログラムの紹介 – 機器に合わせたカスタマイズ

メトラー・トレドは、設置から予防保守、機器校正、修理まで、お客様の測定機器のライフサイクル全般にわたってサービスサポートをご提供します。 

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理
機器のパフォーマンス
メンテナンス・最適化
コンプライアンス
校正・品質管理
専門知識の提供
トレーニング・コンサルティング

関連文書

トラックスケールと計量台についての参考資料

計量台購入ガイド

トラックスケールのビデオ

トラックスケールとコンポーネントの動画を見る

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.