プロセス変換器 | インライン変換器 | オンライン変換器

プロセス変換器

信頼性の高いインライン分析のための高性能変換器

プロセス変換器は測定システム内の構成要素で、ユーザーまたはより上位の制御システムに表示された測定結果を伝達します。メトラー・トレドはpH/ORP、酸素、溶存二酸化炭素および導電率または比抵抗性など多様な分析向けの分析変換器を提供します。弊社の高性能分析変換器は従来型のアナログセンサおよびインテリジェントセンサマネジメント (ISM) に対応するデジタルセンサへの互換性を提供します。

検索条件:すべてをクリア

比較

ダウンタイムの最小化
サポート ・ 修理

よくある質問 - プロセス変換器

プロセス変換器とは?

プロセス変換器は分析測定ループまたは制御ループの必須構成要素です。 変換器は分析センサからの測定結果を処理してそのデータをユーザーまたはより上位の制御システムにを伝達します。

メトラー・トレドのプロセス変換器がカバーする測定パラメータとは?

メトラー・トレドはpH、ORP (redox)、溶存酸素 (DO)、比抵抗性、全有機酸素 (TOC)、溶存オゾン、CO2、酸素、オゾン、導電率と濁度の測定を含むプロセス・水分析の重要なパラメータをすべてカバーするマルチパラメータ変換器の製品ラインアップを提供しています。

プロセス変換器はどのように機能しますか?

大多数のプロセス変換器は分析センサからの未処理の信号を測定して(センサによってこれは圧力、電流または抵抗である可能性があります)、デジタル信号に変換し、変換器のディスプレイ上に表示できるようにします。 それがアナログセンサと変換器の組み合わせにおける標準プロセスです。 最新のインライン変換器もISMセンサなどのデジタルセンサと統合します。その場合信号は変換器に送信される前にデジタル変換されます。 デジタルセンサでは、変換器は基本的にディスプレイとして機能し、デジタルデータをオペレータにとって利用可能な情報として解釈するか、そのデータを他の情報システムに中継します。

プロセス変換器は複数のパラメータを一度に測定できますか?

はい、一度に複数のパラメータを測定するプロセス変換器はマルチパラメータ、マルチチャンネル変換器と呼ばれます。 このカテゴリの変換器は複数のパラメータの測定が必要な状況に最適ですが、マルチチャンネル変換器はコンプライアンスの目的で冗長な測定が必要な場合にも使用できます。 一部のマルチパラメータ変換器は、導電率に基づき演算されたpHなど、演算による測定値も提供できます。 メトラー・トレドのポートフォリオにおけるマルチパラメータ変換器は一度に最大8つの測定値を表示できます。

プロセス変換器はEthernet/IPで通信しますか?

はい、メトラー・トレドのプロセス変換器はEthernet/IP、Profinet、HART、Profibus-PA、FOUNDATION Fieldbusを含むあらゆるデジタル通信プロトコルを提供します。

適切なプロセス変換器はどのように選べますか?

プロセス変換器を選択するためにはさまざまな条件があります。 アプリケーションについて考慮する際は、変換器で測定する必要があるパラメータが1つだけなのか、複数の測定が必要なのかを評価してください。 複数パラメータの測定が必要な場合、マルチパラメータ変換器をご検討ください。 マルチパラメータ変換器を使えば、同じモデルの変換器を異なるパラメータに使用できます。 変換器が同時に1か所以上の測定ポイントを測定する必要がある場合は、マルチチャンネル変換器が必要です。 このプロセス変換器を制御システムに統合する必要があるかも考慮してください。 ISMセンサからの予測診断を使用したい場合は、ISMセンサを許容するプロセス変換器が必要になります。 生産環境についても考慮してください。 メトラー・トレドは危険領域でも動作するさまざまな筐体でプロセス変換器を提供しています。 その他に検討すべき内容はデータ取得機能と使いやすさです。 メトラー・トレドはお客様のニーズを評価して、特有のアプリケーションに適切なプロセス変換器を提案できるよう地域の営業担当にご相談されることをお勧めしています。

このページは、お客様のウェブブラウザ用に最適化されていません。 別のブラウザを使用するか、ブラウザを最新バージョンにアップグレードすることをご検討ください。