プロセス用FTIR分析器 ReactIR 45P GP - 概要 - メトラー・トレド

プロセス用FTIR分析器 ReactIR 45P GP

ラボおよび実機製造用プロセス FTIR (非危険区域用)

ラボ検討からプラントスケールへ化学プロセスをスケールアップすることは容易ではありません。 ReactIR 45P GPを使用したin situプロセスFTIRは反応の理解を深めるのに役立ち、反応開始点や終点の確認、反応進行挙動のモニタリング、製造中の異変の検出などに使用されます。 ReactIR 45P  GPは、電子機器の安全要件を必要としない、ラボからパイロットプラントおよび実機製造へのプロセスのスケールアップを成功へと導きます。化学反応における重要なパラメータをリアルタイムで追跡することで、プロセスがより最適化され、実機生産での失敗や、バッチ間差を抑えます。

各種サンプリング技術(センサーオプション)は、幅広い反応条件に対応します。これらのプローブおよびセンサーは、水素化グリニャール反応ハロゲン化、酸クロライド反応、その他の化学反応の研究に最適です。    

ReactIR 45P プロセスFTIRは、非危険区域用のReactIR 45P GPのみならず、危険区域(防爆エリア)での使用に適したReactIR45P HLもございます。

ReactIR45P GP プロセスFTIR (非危険区域用)
仕様 - プロセス用FTIR分析器 ReactIR 45P GP
対象 ラボ、パイロット、プラントスケール
ソフトウェア iC IR; iC Process
検出器 DTGS; SE MCT
光学レンジ(本体) TE MCT : 4000 – 800 cm-1 LN2 MCT : 4000 – 650 cm-1
パージ Min: 4.7Lpm (10scfh), Range: 4.1 to 6.9 barg (60 to 100 psig)
本体寸法(幅x高) 457 mm x 523 mm
寸法 310 mm
重量 37 kg
データ通信 イーサネット TCP/IP
分解能 4 cm -1  (通常)
動作範囲(温度)   0 °C – 35 °C
光学レンジ(プローブに依存) 2500-650 cm-1 最大 (ファイバープローブ); 4000 – 650 cm-1 (Sentinel)
接液部の材質 Alloy C-22; ダイアモンドまたはシリコン; 金
圧力上限(最大) 107bar (センチネル); 69bar (6.3 & 9.5mm ファイバープローブ)
温度上限(最大) 180°C (ファイバープローブ); 200°C (センチネル)
エリア分類 – NON-HAZARDOUS, MET Mark E112462, UL61010-1 & CSA C22.2 No. 61010-1
pH範囲(プローブに依存) 1-14 (ダイアモンド); 1-9 (シリコン)
防塵防水保護等級 IP54
品番 14474487

関連文書

ReactIR 45P GPプロセスFTIRの関連文書

データシート

ReactIR 45P プラントスケールのIn Situ FTIR(日本語版)
プロセスタイプの in situ FTIRによりラボからパイロット、そして生産現場へのスケールアップを成功に導きます。反応をより深く理解し、プロセスの異変をリアルタイムに検出することに加え、反応進行状況の確認、反応開始点と終点の判断に用いられます。
ReactIR サンプリング技術(日本語版)
ReactIR in situ サンプリング技術は、幅広いバッチおよび連続反応条件での利便性を実現します。
iC Process for IR Software
Transfer critical control parameters determined in the laboratory to the production environment. Follow the impact on the process in production.
iC IR ソフトウェア(日本語版)
ReactIRによるスペクトルデータを用い、化学プロセスと重要な各パラメータ(温度、圧力など)の関係性に関する知見が得られ、反応の理解をより深める。
ConcIRT LIVE for iC Software(英語版)
ReactIRによるスペクトルデータを用い、リアルタイムに反応中の重要な化学種の同定と定量を実施。
iC Quant for iC Software(英語版)
検量モデルに基づき、主要な化学種の定量分析をリアルタイムに実施。
ReactIR IPA(機器性能保証)モジュール(英語版)
ReactIR 波数の精度を検証して、NIST(米国標準技術局)によって認証されているポリスチレン基準に校正して、データ精度を維持します。

アプリケーション

プロセス分析技術(PAT)
プロセス分析技術(PAT)は、研究開発、スケールアップ、製造を変革します。PATは、生産性の概念を刷新し、安全性を向上し、迅速な問題解決につながる測定を可能にします。プロセス分析技術(PAT)のアプリケーション範囲は、化学反応のモニタリングから晶析、製剤、バイオプロセスまで多岐にわたります。
化学プロセス開発とスケールアップ
堅牢性が高く持続可能な化学プロセスを設計し、パイロットプラントおよび実生産へのスケールアップを迅速化
発酵とバイオプロセス
生産性を最大化するためにリアルタイムで行うバイオプロセスの特性評価と最適化

ソフトウェア

iC IRソフトウェア
スペクトルデータによって、反応開始、終点、メカニズム、反応経路、反応速度など、化学的な理解が深まり、プロセスに関するより多くの情報が得られます。
iC Processソフトウェア
研究室から製造環境への移管における制御パラメータをモニタリングできます。分散制御システム(DCS)に接続するための業界標準の通信プロトコルをサポートしています。

お見積もり依頼
プロセス用FTIR分析器 ReactIR 45P GP

アクセサリ

ReactIR 45P GPプロセスFTIRのアクセサリ

お見積もり依頼
プロセス用FTIR分析器 ReactIR 45P GP
 
 
 
 
 
 
 
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.