DSシリーズの測定技術 - 概要 - メトラー・トレド

DSシリーズの測定技術

幅広い条件下で、さまざまな化学物質の測定を可能にする

DSシリーズは幅広い条件下で化学物質の測定が可能です。 ReactIR™ 15 または 45m/45Pに接続することにより、腐食性、酸性、塩基性、スラリー等の取り扱いが困難な化学物質の測定が可能となります。

  • 幅広い温度範囲、圧力範囲、pH条件で測定可能で、さまざまな化学物質の高精度な測定を可能に
  • 世界中の1000を超えるアプリケーションに適応した実績を持つComp™ 技術を採用
  • ラボからプラントまで使用可能


DSマイクロ・フローセルによる連続フロー測定

DSマイクロ・フローセルは、Omnifit接続が可能でさまざまなフローシステムにそのまま組み入れることができる、非常に有用なソリューションを提供します。センサ部を加熱する事が可能で、また容量の変更もでき、マイクロフロー、メソフロー化学への適用ができます。

  • 温度範囲: -80℃~300℃
  • 圧力範囲: 最大345 bar
  • pH範囲: 0-14

 

  • 温度センサを内蔵
  • デュアルチャンネルオプションで2つの独立した反応をほぼ同時に測定

関連文書

関連製品とソリューション

お見積もり依頼
DSシリーズの測定技術

アクセサリ

ラボとプラントの液体ベースの反応のモニタリングでは、DST ファイバーコンジットは最適なサンプリング技術の選択肢です。 DST ファイバーコンジットを使用すると、幅広いラボ容器とプラントのリアクタを調整なしで柔軟に使用できるようになります。 すべての ReactIR ユニットと互換性がある、DST ファイバーコンジットは幅広い分析パフォーマンスを実現します。
DST ファイバーコンジットは、すべての ReactIR と Sentinel プローブ間で最適な接続です。 ファイバーコンジットは、ラボまたはプロセスリアクタおよびプロセスフローセルに柔軟なインターフェイスを提供し、調整は必要ありません。 防振も大型ポンプや工場環境のその他の機器からの DST ファイバーコンジットの機能です。
ReactIR DS IPA(機器性能保証)モジュールを使用すると、定期的に波数の精度を検証して、必要に応じて、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)によって認証されているポリスチレン基準に校正できます。 その結果、化学者は機器が適切な作業状態にあり、必要なときにすぐに利用でき、結果が信頼できるものであることを確信できます。
ラボとプラントの高温高圧化学における液体ベースの反応モニタリングでは、Sentinel への K4 コンジットの接続は最適なサンプリング技術の選択肢です。
ガスセルへの DST シリーズファイバー接続は、ラボや汎用目的のプラントアプリケーションで、相反応とヘッドスペースのモニタリングで推奨されるサンプリング技術です。
お見積もり依頼
DSシリーズの測定技術
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.