どちらのスケールを信用しますか? - メトラー・トレド

比較

一見したところでは、どちらのスケールが正確な測定結果を提示しているのかを知ることは不可能です。2台のスケールがどのように校正されているかを比較してみましょう。

 

スケール 1

スケール 2

ロードセル

アナログ

POWERCELL® PDX®

校正

手動、時間がかかる、限界がある自動、迅速、簡単、高精度  

校正前の誤差 

63kg9kg
校正後の誤差

45kg

0kg

スケール 1

スケール1は、一般的なアナログロードセルを採用しています。校正は複数の和算箱の中にある小さなつまみを手作業で調整して校正作業が行われました。長時間の校正プロセス終了後、スケールは法定の許容誤差範囲内で計量することができますが、完璧ではありません。スケール1で計量したトラックの実際の重量は、表示されている計量値よりも約45kg重いのです。45kgの誤差であっても、損益を生じるのに十分な値です。このエラーは次の校正時まで増幅していくでしょう。

どちらのスケールを信用しますか?
Common analog load cells

スケール 2

スケール2は、POWERCELL® PDX® デジタルロードセルを採用しています。ロードセルの中には、計量精度に悪影響を及ぼすさまざまな要因を常に補正する特許取得済みのテクノロジーが搭載されています。校正は、スケールの指示計のボタンを押すだけで自動的に実行されます。また面倒な手作業による調整や問題の発生源となりやすい和算箱が不要なため、校正が簡単なだけではなく、より高精度な校正が可能です。その結果として、スケール2で計量したトラックの実際の重量と、表示されている計量値に誤差はなく、損益は生じません。そして、今後もこの高い精度は維持されていきます。

どちらのスケールを信用しますか?
POWERCELL PDX load cell

結論

正確なスケールを使用することは、法定の許容誤差範囲内で計量することよりも重要です。この2台のスケールの精度の違いは、1回の計量毎に収益に違いをもたらしています。

次のステップ

メトラー・トレドは、お客様のスケールの改善、修理コストの削減、収益の保護を可能にする豊富なソリューションを提供しています。

  • 計量システムのアップグレード
  • トラックスケールのヘルスチェック
  • 専門家による校正

計量システムのアップグレード

最新のPOWERCELL PDX計量システムで、さまざまな種類のトラックスケールをアップグレードすることができます。より正確で信頼性の高い計量が実現するだけではなく、スケールの耐用年数が長期化します。

トラックスケールヘルスチェック

トラックスケールのヘルスチェックでは、基本的な校正の他、オプションの性能検査によってお客様のスケールを詳細にわたって検査します。これにより、お客様のスケールの具体的な改善策が分かります。

専門家による校正

メトラー・トレドの技術者はさまざまなスケールの計量性能を向上させる幅広いトレーニングを受けています。他社製スケールの校正についてもご相談ください。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.