ベストプラクティス:車両の無人計量システム - メトラー・トレド

無料ホワイトペーパー:コンプライアンス & 計量システム 廃棄物処理産業における課題(英語版)

廃棄物処理施設やリサイクル施設における計量システムの検討事項について詳述します。

1. 環境保護

耐久性のある設計のコンポーネントを選ぶことは重要です。屋外設置にも対応し、長年の自然環境に対する耐久性を有し、堅牢性に優れたステンレスやファイバーガラス製ハウジングの設計を推奨します。

4. ワイヤレスの利点

無人の指示計は今では安全なワイヤレス接続が可能です。設置が容易で将来のニーズに対応する柔軟性も備えています。

2. 自動識別

頻繁に確認を行う車両やドライバー情報などを事前にRFIDバッジまたは磁気カードに登録し、受付ゲートでIDをかざすだけで車両識別ができます。またカスタムメニューを設定することも可能です。

5. 直感的なメニュー画面

ドライバーにとって操作が簡単なシステムを提供することは重要です。タッチスクリーンは明確な指示を表示することができ、かつより正確な入力が可能で、処理時間をスピードアップさせる現代的な高度な方法です。

3. 柔軟な接続性

自動交通量制御、インターフォン、さらにトランザクション記録に添付するためのカメラ画像取り込み機能を接続することも可能です。
 

6. ソフトウェア

無人化オペレーションを念頭に入れたトランザクション管理ソフトウェアを選ぶことは重要です。プロフェッショナルなソフトウェアは長年の課題を解決できる可能性があります。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.