ラボのデータ管理を改善する方法

ウェビナー: 計量データの管理

ラボのデータを効率的に処理する方法をお確かめください

今日では、膨大な量のデータが非常に速いペースで生成・処理されています。ラボでは、あらゆる分析でデータが恒常的に生成されています。実際に、多くの品質管理プロセスはデータのみに基づいて行われています。手作業によるデータ処理プロセスでは、データを転記する際のミスが、分析全体、製品品質、または企業全体にまで大きく影響しかねません。

製薬業界などの規制対象の業務環境では、データの完全性(DI)に関して順守すべき正規の指針があり、企業はデータの完全性のリスクを管理する有意義で効果的な戦略を導入することが想定されています。

このウェビナーでは、高品質なデータやミスのないデータ転送がラボに欠かせない理由について考察します。また、手作業によるデータ転記に加えて、データ管理をより正確、容易にする3つのソリューションを取り上げ、それぞれの長所と短所について評価します。

このウェビナーでは、以下について解説します。

  • データが重要な理由
  • データ処理が分析業務の「全体像」に適合する仕組み
  • 伝統的なデータ捕捉方法が業務に通用しない理由
  • メタデータの中身とそれがラボで重要な理由
  • データの完全性についての概要とそれを確保する方法
  • データ管理の3つのレベルについて
  • 3つの各レベルでデータ管理を簡素化しサポートするメトラー・トレドのツール

 

文献