プラントスケールでの1M BTHF安全性検討 | ウェビナー
オンデマンドウェビナー

プラントスケールでの1M BTHF安全性検討

オンデマンドウェビナー

汎用プラントでの1Mボランテトラヒドロフランコンプレクスを用いるプロセス安全性の検討

プラントスケールでの1M BTHF安全性検討
プラントスケールでの1M BTHF安全性検討

グラクソ・スミスクラインのAlex Monteiro氏は汎用プラントでの1Mボランテトラヒドロフランコンプレックスの使用に関するプロセスの安全性の検討を行いました。

本ウェブセミナーでは、グラクソ・スミスクラインがどのようにプラントの安全を確保したのか、検討内容を紹介しています。既にこのウェビナーを500人以上の研究者が視聴しています。

Alex Monteiro - Senior Process Engineer, GlaxoSmithKline
20 分
English

1Mボラン・テトラヒドロフランコンプレックス(BTHF)の安全な貯蔵および輸送の取り扱い手法は、多くの文献で報告されています。しかし、汎用プラントを用いた安全な使用条件の詳細は論じられておりません。このプレゼンテーションでは、汎用プラントを使用してBTHFの熱安定性を還流条件に近いジボランが生成する温度で検討しました。- 反応熱量測定とヘッドスペースでの質量分析を利用してBTHF温度関係を調べました。さらに、文献に記載のあるジボランの自己発火点温度(AIT)の確認を行い、現在のASTM(E659)手法を用いて新しいデータを得ました。検討の結果、空気中の純ジボランのAITは136-139℃であることが示されました。汎用プラントでBTHFを使用するための安全操業の基礎が強化されました。

本ウェビナーの対象者
製薬、ファインケミカル及び大学関連での化学工学及び科学者でプロセスの安全性検討を行われる方

プレゼンター
Alex Monteiro氏はフェアリー・ディキンソン大学で化学学士を得た後、ニュージャージー工科大学で化学工学の修士を取得しさらに学業を続けました。その後グラクソ・スミスクラインにプロセス安全性研究者として入社し、合成化学者やプラントエンジニアと協力して化学プロセスの安全なスケールアップを行いました。最近では、アッパー・プロビデンスのパイロットプラント内のプロセスエンジニアとして働いています。

プラントスケールでの1M BTHF安全性検討
Alex Monteiro - GlaxoSmithKline
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.