合衆国内の発電所でのMCEテクノロジー
ケーススタディ

合衆国内の発電所でのMCEテクノロジー

ケーススタディ

ネアーマン川発電所の塩素と硫酸塩モニタリング

MCEテクノロジーを使用して塩素と硫酸塩を連続的にモニタリングすることにより、発電所の水の最も腐食性の強い汚染物質の一部の影響を制御するためにプロアクティブなアプローチをとることができます。 このケーススタディでは、オンラインMCEテクノロジーを使用して塩素と硫酸塩を測定することのメリットを他のテクノロジーと比較して説明します。 次に、合衆国カンサス州のネアーマン川発電所がメトラー・トレド・ソーントン3000CS塩素/硫酸塩分析器を設置して改善されたポイントについて紹介しています。
 

発電所にとって、塩素および硫酸塩は深刻な影響を与える腐食汚染物です。高額なサイクル発電設備を持つ工場や大型発電所の増加に伴い、これらの施設での汚染の濃度の監視ニーズは高まっています。 MCEテクノロジーによって塩素や硫酸塩のppbレベルでのオンラインモニタリングが可能になり、水循環の汚染物質に迅速に対応できます。

MCEテクノロジーによるキャピラリー電気泳動に基づき、イオンの移動性を利用して電場を使用して電解液の中のイオンを分離します。 ケーススタディで詳細を説明するように、この技術をサイクル化学発電プラントでの水質測定に応用することを最初に研究したのはアメリカのコロラド州立大学です。

ネアーマン川発電所では、MCEテクノロジーを採用した3000CS分析装置を設置して、アミン添加物の分解で生じる酢酸塩によりカチオン導電率の測定値が増加し、流れの中の塩素と硫酸塩の実際の含有量をマスクしていると結論づけました。

発電所では、カチオン導電率系から塩素と硫酸塩の高濃度汚染リスクがあるという警告を受けていましたが、MCEベースのシステムによって、実際にはそうではなく推奨制限値内で運転していることを確認することができました。 これにより、アラームの検証と対応に要する時間と作業を節約できました。

MCEテクノロジーを採用したことで、腐食性イオンのレベルの明確なモニタリング、タービンの保証要件内での発電設備の運転など、結果的に大きなメリットをもたらしました。 MCEテクノロジー採用した分析装置は、多くの発電所の水循環管理システムにおいて需要な役割を果たすことができます。

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.