ホッパースケールとタンクロードセル - 高精度の計量 ¦ メトラー・トレド

タンク、サイロ、ホッパー、容器の計量

タンクの形状、温度、材質を問わない正確な在庫管理

 

ホッパースケールとタンクロードセル

ホッパースケールは継続的に流れる製品を計量するため、食品加工工場などの過酷な環境で重要な役割を果たします。 そのような製品はバッチ単位で流れていき、パッケージされます。 どのような環境で使用する場合にも、ホッパースケールは堅牢性と引き替えに計量精度を犠牲にすることはありません。

ホッパースケールは継続的に流れる製品を計量するため、食品加工工場などの過酷な環境で重要な役割を果たします。 そのような製品はバッチ単位で流れていき、パッケージされます。 どのような環境で使用する場合にも、ホッパースケールは堅牢性と引き替えに計量精度を犠牲にすることはありません。

ホッパースケールは一種の計量センサです。これを使用することで、ほとんどどのような構造もスケールに変えることができます。 構造の元の設計の一部にすることも、既存の構造に追加することもできます。 たとえば、ホッパースケールには上部が開いているホッパー容器が含まれ、通常は粉体や顆粒形状の固体材料の処理に使用されます。 ホッパースケールの最も一般的な用途は、材料を分注したり、後で加工に使用する原材料を集めたりすることです。 傾向としてホッパースケールはサイズが小さく、多くの場合、上部構造から吊り下げられています。

一方、タンクロードセルは、ホッパースケールよりもサイズが大きくなります。 通常、タンクロードセルは、液体、気体または自由流動固体の保管と処理に使用される密閉容器としてのタンクです。 タンクには、住宅用のプロパンまたは灯油を保管する小さいタンクから、数トンの原材料を保管する巨大なタンクまであります。 タンクロードセルには水平型または垂直型のものに加えて、対称型のものや非対称型のものがあります。

また、タンクロードセルは、通常は圧縮型計量センサにより支えられています。 タンクロードセルとホッパースケールを含む計量センサは、多くの業界で材料の処理に使用されています。 このいずれかの容器に計量センサシステムを取り付けると、その内容物を高い精度と信頼性で計量することができます。 その他の計量センサとして、さらに複雑なサイロや容器もあります。 たとえば、容器では加熱、冷却、混合、その他の処理が可能です。 多くの場合、化学反応は容器内で発生するため、添加する材料の高精度の計量が非常に重要です。

 

 

 


 
ホッパースケールとタンクロードセル
ホッパースケールとタンクロードセル
ホッパースケールとタンクロードセル
ホッパースケールとタンクロードセル
POWERCELL®テクノロジーを搭載した計量センサ
ホッパースケールとタンクロードセル

関連文書

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー: タンクとサイロの在庫管理 (英語版)
このホワイトペーパーは、タンクやサイロの内容量の正確な在庫管理に関するニーズをお持ちの製造、メンテナンス、プロジェクトマネジメントにおける意志決定者の方々に向けて作成されました。本書は、機器のライフサイクルのすべてのフェーズをカバーし、最適な技術を選択する上で事実に基づいた意思決定ができるようサポー...
デジタル計量モジュールが提供する高性能とプロセス管理
計量モジュールは、タンク、ホッパー、容器、反応容器、コンベアなどを要する特殊なスケールに使用されます。

パンフレット

機器やマシン組み込みの計量コンポーネント無料カタログ(日本語版)
このカタログでは、計量コンポーネント製品を広範囲に紹介しています。これらの計量コンポーネントは、精密機器、機械、プロセスプラント、システムコンベア、タンク、船舶、ホッパーなどの機器やマシンに簡単に組み込めるように設計されています。OIML、NTEP、ATEX、FM等の法定計量に対応しています。

ガイド

計量モジュールシステムハンドブック(日本語版)
計量モジュールとロードセルを使用するエンジニア、オペレーター、設計管理者向けのタンク計量システムとカスタマイズされたスケール設計に関する包括的なガイドブックです。

ウェビナー

オンデマンドウェビナー:タンク/ホッパー/容器の計量システムを構築するための情報(対象:エンジニアリング、サービス)
タンク、サイロ、容器の計量システムの計画と設置は、プロセスに要求される精度を達成する上で極めて重要なフェーズです。本ウェビナーは、これらの計量システムを構築するための基本事項を扱い、技術者、設計者、サービス担当者を対象とした内容となっています。
オンデマンドウェビナー:タンク計量モジュールの安全設計
タンクシステムの損傷につながる潜在的な危険要素や、事故の防止に役立つ計量モジュールの設計的特長についてご覧ください。

マガジン

OEM and System Integration News 21
さまざまな要素を組み合わせて総合設備効率(OEE)を改善することにより、次の 2つ の関係者がメリットを得ることができます。まず、素早い設置機能により機械メーカー の製造コストが削減されます。次に、迅速な計量により機械のエンドユーザーに高い スループットが保証されます。
OEM and System Integration News 20
製造ラインの自動化のためのセンサ統合には、通信の柔軟性が不可欠です。メト ラー・トレドのライン組み込み型計量センサが生産のスループット拡大をサポート し、顧客企業からの高い要望にも応える成果へと導きます。
OEM & System Integration News 19(日本語版)
ただ機械を販売するだけでは、収益性のある成長は期待できません。修理サービスを超えた、従来とは異なるサービスは収益性に寄与する可能性がありますが、その開発は簡単ではありま せん。既存のメトラー・トレドのサービスに独自の価値を付加することで、迅速にウィンウィン のソリューションを作成できます。このニュ...
OEM & System Integration News 18(日本語版)
予測保全が一般的な計量アプリケーションに与えるメリットについてご存知ですか。
OEM & System Integration Newsletter 13(日本語版)
欠陥のあるモジュール、部品、キットが下流ラインに流れるのを避けるには、製造時の完全性管理が重要です。計量は偏差のある半完成品を選別するための信頼性と効率の高い方法です。

関連製品

サービス

TankApplication_Service_1

TankApplication_Service_3
TankApplication_Service_4
TankApplication_Service_5
TankApplication_Service_6
TankApplication_Service_7
TankApplication_Service_8
イベント
Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.