発酵とバイオプロセス - メトラー・トレド
 
メニュー

発酵とバイオプロセス

生産性を最大化するためにリアルタイムで行うバイオプロセスの特性評価と最適化

バイオ製品市場は成長を続けており、収率を最大化し、コストを削減するためにバイオプロセスの改善がより重要視されています。 プロセス分析技術(PAT)を利用して重要なプロセスパラメータのIn situ リアルタイムモニタリングは、バイオプロセスの監視や特性評価、最適化、制御のために不可欠です。

In situ技術には、オフライン技術にはない利点があります。例えば、サンプリングや面倒なサンプル調製が必要ないこと、そして発酵槽/バイオリアクター内のリアルタイム情報を提供できることなどが挙げられます。 さらに、In situ 技術によって提供されるリアルタイム情報から、プロセスのばらつきを即時に検出でき、プロセスの制御が可能となります。

発酵とバイオプロセス
発酵とバイオプロセス

メトラー・トレドの技術は、バイオプロセスのモニタリングのためにリアルタイムのデータを獲得するだけではなく、目標の生成物質への基質の酵素変換をモニタリングするためにも使用されます。 上流の発酵と細胞培養のアプリケーションには、細胞培養/発酵全体の主要な培地成分、代謝産物や生成物質のモニタリングが含まれ、細胞/微生物の濃度の変化やモルホロジーのモニタリングが可能です。(細胞または微生物の凝集や集積を含む)また、下流工程におけるアプリケーションとしては、細胞残屑の凝集、タンパク質の結晶化と溶解があげられます。

関連文書

Thank you for visiting www.mt.com. We have tried to optimize your experience while on the site, but we noticed that you are using an older version of a web browser. We would like to let you know that some features on the site may not be available or may not work as nicely as they would on a newer browser version. If you would like to take full advantage of the site, please update your web browser to help improve your experience while browsing www.mt.com.